WEB担当者の仕事内容とスキル、採用サイトは?経験者が解説

WEB担当者の仕事内容とスキルは?人材

WEB担当者という仕事をご存知ですか?

ここでは、WEB担当者に興味がある人に対して、その仕事内容と必要とされるスキル、WEB担当者の募集がある採用サイトを紹介します。

これまで多くの会社でWEB担当者として働いてきた私だからこそわかる、WEB担当者についての情報を解説します。

WEB担当者は不足している

通信環境が整い、スマートフォンが普及したことによって、あらゆる人がインターネットに触れられる時代になりました。今や、多くの企業がビジネスにホームページを活用しています。

しかし、ホームページやインターネットをうまく使って集客ができている会社は、まだまだ少ないように思います。

その原因として、ホームページを使った集客の仕方がわかっていないこと、自社内でWEB集客施策を行う人材、つまりWEB担当者がいないということがあると思います。

自社でWEB集客ができない理由は他にもありますが、下記のページでまとめていますので参考にしてください。

WEB集客を主導するWEB担当者とは、どのような仕事内容でどのようなスキルが必要なのでしょうか?

WEB担当者の仕事内容とスキルとは?

企業内にWEB担当者を採用した場合、そのWEB担当者とはどのような業務を行うのでしょうか?以下に、WEB担当者が行うべき仕事内容とスキルをまとめました。

もちろん企業の大小や業種によって業務内容は変わりますが、ここではざっくりと多くの企業で必要とされる業務内容を解説します。

ホームページの更新・修正

更新
自社内のWEB担当者が、日常的に行わなくてはならない仕事は、ホームページの修正業務です。企業やお店では、ニュースやお知らせが必要になったり、サービスが変更になったり、新サービスを始めたりと、お客様に知らせなくてはいけないことが日々出てきます。

そのような場合に、ホームページを修正してお客様に告知をしなくてはなりません。WEB担当者は、この更新や修正作業を行わなくてはなりません。

ホームページの更新では、WEBサイトを編集しなくてはなりませんので、HTMLやCSSの知識やWordpressの知識、サイト編集のスキルが必要です。知識なくホームページを修正すると、ホームページの表示がおかしくなってしまうので、しっかりとしたスキルを身につけましょう。

また、WEBデザインの変更や機能の追加も、WEB担当者の仕事となることが多いので、デザインやコーディングできるのが望ましいです。ホームページの修正方法は以下のページで解説しています。

新規WEBサイトの制作

WEBサイト制作

自社で新しいサービスを行なう場合や、別サービスのホームページを作る場合などには、新しくホームページを作らなければいけません。

ホームページをイチから作るには、企画書作成・構成作成・ドメイン、サーバー準備・ディレクション・サイトマップ作成など、様々なノウハウや作業が必要になります。

ホームページを作るには、たくさんのすべきことがありますし、ひいては自分で手を動かしてホームページの制作も行わなくてはなりません。WEB担当者は、ホームページの新規制作に必要なこれらの知識を持っておくべきです。

自社の資金に余裕がある場合には、実際のデザインやコーディングなどの制作の部分は外注でもよいかもしれません。構成を考えるなど、WEBサイト制作のディレクションや、集客戦略を考える部分の仕事はWEB担当者が行えなくてはなりません。

また、キャンペーンなどを行う場合などに、リスティング広告などで利用するランディングページの制作もWEB担当者の仕事となります。

ブログ・メディアの運用

メディア運用
WEBサイトの修正・更新とは別に、自社サイト内にブログや情報メディアがある場合には、この記事の作成というのもWEB担当者の仕事となります。

自社ホームページで集客をするには、公式サイトだけでなくブログやメディアからの集客というのがとても重要になってきます。

検索ボリュームが大きく、自社の仕事に直接関わるキーワードでは、検索上位化を目指していると思います。ただ、事業に関するキーワードにはメインの検索ワード以外にも、細かな検索ワードがたくさんあります。

たとえば歯医者さんであれば、「●●県 歯医者」というのがメインのワードですが、細かなワードとしては「●●県 インプラント」「インプラント 注意点」などがあります。ブログやメディアでは、このような細かなワード(ロングテールキーワード)で集客していくことで、集客を増やすことができるのです。

このロングテールキーワードで集客するのに向いているのが、ブログなどのメディアです。このようなメディアにおいてライティングをして、記事を追加するのもWEB担当者の仕事になります。

SEOに効果のあるライティングのスキルもWEB担当者には求められます。

SEO対策

SEO
ホームページで集客をするためには、SEO(検索エンジン最適化)の知識は必須。SEOによって検索結果で上位表示ができ、集客を増やすことができます。

集客するためには、検索結果でユーザーに見つけてもらい、クリックしてもらわないといけないのです。

企業は集客をするために、広告に多くの費用をかけていると思います。しかし、SEOを行って検索結果で上位化できれば、検索したお客様が自分から問い合わせをしてくれます。つまり、広告費をかけなくても集客ができるようになるのです。

SEOの必要性やメリットについては以下で解説していますので、参考にしてください。

WEB担当者は、自社ホームページや自社のメディアに対してSEO対策することで、検索順位を上げるスキルを持っていなくてはならないのです。

SEOのチェック方法は以下のページで解説しています。

リスティング広告の運用

SEM
リスティング広告とは、検索連動型広告と呼ばれ、ユーザーの検索したキーワードに連動して、検索結果上部に表示する広告です。

費用を支払えば広告を検索結果の上部に出せることから、短期間で集客できる手法です。顕在ユーザーを獲得できるので、成約率が高い広告手法です。

リスティング広告を出すには初期の設定が必要です。管理画面は複雑ですし、キーワードの選定や広告文の作成など、ノウハウが必要です。広告を見てもらうためのキャッチコピーの作り方や、品質スコアを上げるためのキーワードの使い方など、ができないとなりません。

リスティング広告を出した後には、日々の運用・改善が必要。成果が出ていないキーワードでの広告出稿をやめる、広告文を変更してテストを行う、などの作業が必要になるのです。

WEB担当者は、このようなリスティング広告の日々の運用や、広告作成のスキルと知識を持っていなくてはならないのです。

SNSの運用

sns
SNSが普及し、企業もSNSマーケティングを行なうところが増えました。SNSをうまく活用すれば、ブランドの認知を増やすだけでなく、集客を大きく増やすことができるのです。

ただし、SNSでの集客を成功させるには、フォロワーを増やすノウハウとスキルが必要になります。

WEB担当者には、そのようなノウハウを持っていることや、日々のSNSの運用というのも求められるスキルとなります。実際にプライベートでSNSを運用しているような人は有利かもしれません。

SNSでフォロワーを増やし、集客できる体制をつくるのもWEB担当者の業務となる場合がありますが、これは必須というわけではありません。

WEBビジネスの提案

WEBビジネスの提案
WEB担当者はインターネットビジネスに関して、社内でほかの部署の人間よりもの知識が豊富でなくてはなりません。

ホームページを使ってメインの事業に集客するだけでなく、インターネットを使った新しい事業を提案するスキルや知識も求められる場合があります。

企業が成長するには、既存のビジネスだけでなく新しい事業を立ち上げていかなくてはなりません。インターネットはそのために必須のツールとなります。

現代ではWEBをうまく利用することで、ビジネスを成功させられる可能性が高いです。デジタルを使って新しい事業を作る仕事というのもWEB担当者が行う場合があります。

説明・折衝

折衝
私が事業主の企業に入ってWEB担当者を行った時に感じたことなんですが、WEB業界ではない企業の場合、WEB担当者にとって多くの苦労や弊害があります。

というのも、WEB業界の人間としては常識であることが、他の事業を行っている人間や社長は理解していないことが多く、トラブルになることが多いのです。

例えば、ホームページは簡単に短納期で作れると考えているとか、コンテンツが少なくてもホームページを作るだけでお客がきて当然と考えているということなどです。

このような場合、後々思っていた結果と違うということで問題になる可能性があります。

ですので、WEB担当者は丁寧に説明をすることで、この認識のずれを早めに解消する必要があります。ヒアリングや説得などのコミュニケーションスキルも求められます。

進行管理、ベンダーコントロール

WEB担当者は、社内のWEBに関するあらゆる計画を同時に進めることになります。進捗を把握して滞りなく計画を進められるような進行管理能力が求められます。スケジュール作成やバッファのとり方や各部署への進捗確認ができないといけません。

また、WEB担当者は社内のデザイナーやプログラマー、外部の制作会社などのベンダーとコミュニケーションを取ってプランを進めなくてはなりません。このような制作陣とうまくコミュニケーションを取って、目指すものを作り上げるスキルも必要となります。


ここまで、WEB担当者の仕事内容と必要となるスキルを紹介してきました。もちろん、ここで紹介した以外のスキルも必要にはなってきますが、WEB担当者はこれらのスキルは最低限持っておきましょう。

全部一人ですべて行なうことは難しいと思いますが、知識を持っておくことが大事です。大きな会社では、SEO担当・マーケティング担当・制作担当など、WEB担当者のなかでも、各カテゴリに専門の担当者がいることも多くなってきました。

ですのでWEB担当者は、上記すべてではなく何点かを行えて、得意な分野を持った人材というのが望ましいと思います。そして複数のWEB担当者で自社の集客を行ない、それぞれに不足しているスキルを補っていくというのが現実的でしょう。

自社WEB担当者に必要なスキル

では、自社のWEB担当者に必要なスキルをまとめるとともに、そのスキルの細かな要素を紹介します。

上で説明した各仕事内容に対して、WEB担当者が持っておくべきスキルと知識は以下です。

ホームページの更新・修正に必要なスキル

  • HMTL・CSSの知識
  • WordPressの知識
  • Photoshopのスキル
  • Googleアナリティクス・サーチコンソールの知識

ブログ・メディアの運用に必要なスキル

  • SEOライティングのスキル
  • キーワード選定スキル
  • ブログ・メディア運用の経験
  • メディアのセッションを増やした経験

新規WEBサイトの制作に必要なスキル

  • HTML・CSS編集スキル
  • WordPress編集スキル
  • 企画作成スキル
  • サーバー・ドメインの知識
  • スケジュール管理
  • ディレクション能力

SEO対策に必要なスキル

  • SEOの知識
  • 検索順位を上げた経験
  • サイト編集スキル

リスティング広告運用に必要なスキル

  • リスティング広告運用の経験
  • ライティングスキル
  • キャッチコピースキル
  • 論理的な思考

SNSの運用に必要なスキル

  • SNSマーケティングの知識
  • SNSでフォロワーを集めた経験

WEBビジネスの提案に必要なスキル

  • マーケティングの知識
  • 情報収集力
  • 人脈

説明・折衝能力に必要なスキル

  • コミュニケーション力
  • プレゼンテーションスキル
  • 心理学の知見

このように多くの知識とスキルが、自社のWEB担当者には必要とされるのです。もしWEB担当者の仕事を目指すという方は、ひとつずつでいいので着実に身につけていきましょう。

また、企業もWEB担当者を採用する際には、上記のようなスキルや技術があるかどうかをチェックするようにしましょう。

私がこれまで色んな企業を見てきて思ったのは、WEB制作会社などで制作技術を学んだ人の方が、WEB担当者として成果を出しているように感じます。

WEB制作会社では、専門的な知識や技術、リスクヘッジの方法などを身につけることができます。その経験をしているか、していないかでは、WEB担当者になったときに大きな差が出ると思います。

WEB担当者が必要とされる時代?

ここまでの説明を読むと、自社のWEB担当者になるには必要な知識やスキルのハードルが高いと感じるかもしれません。

ですが、なにかひとつ得意なものがあれば、それをメインに業務を行い、足りない部分は後から身につければいいので問題ありません。

採用する企業としても、得意な分野をみて、自社のマーケティング活動にあっているかを判断するのが大事です。

WEB担当者が必要になる理由

これまではWEB制作会社やコンサル会社に外注をしてきた企業も、自社で情報を発信し、WEB戦略を内製化していく時代になりつつあります。

自社でWEB戦略のノウハウを蓄積していき、長期的な戦略を考えていくというのが重要だからです。

今後は、企業の数だけWEB担当者の需要が必要な時代になります。WEB担当者の仕事を目指す方はさらなるスキルアップを目指し、WEB担当者を雇いたいという企業はWEBに対する理解を持つとともに、良い担当者が採用できるような環境・条件を作ってくださいね!

WEB担当者の業務に便利なツール

WEB担当者で業務を行う人やWEB担当者を採用したい人は、WEB担当者が日常的に利用するツールを知っておきましょう。

GRC

WEB担当者は自社のサイトを毎日チェックをしなくてはなりません。そこで使うのがGRCです。

自社サイトがどんなキーワードで上位表示しているか、どのキーワードの集客を増やせそうか、アルゴリズムアップデートの影響を受けていないか、などのチェックができます。もし利用していないなら、早めに利用するようにしましょう。

GRCについては以下の記事で詳しく解説していますので、よかったら読んでみてください。

GRCを見る

Google Serch Console

サーチコンソールは、Google上でWEBサイトの管理を行うツールと考えてください。

サイトに異常があった場合や修正した場合にGoogleから連絡が来たり、Googleがどうサイトを把握しているか、というのを表示してくれます。

サイトマップやインデックスなども登録できますので、WEB担当者は必ず設定するようにしましょう。

Google Serch Consoleを見る

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、サイトのユーザーの行動を把握するのに利用するツールです。どこからサイトに流入して、どうサイト内を移動し、サイトから離脱したかがわかるのです。

WEB担当者はこのユーザーの行動を最適化するために、Googleアナリティクスをチェックします。

アナリティクスではコンバージョンの数なども確認できるので、サイトが目的を達成できているか、どこが問題なのかを探すこともできます。

Googleアナリティクスを見る

Googleキーワードプランナー

キーワードプランナーは、担当したWEBサイトにどのようなキーワードで集客をしていくかを探す時に利用します。

検索キーワードのボリュームを調べることができるので、サイトに集客するキーワードを決めるのに利用します。

またリスティング広告の単価や競合性も調べられるので、広告の出稿キーワードを選定するのにも利用できます。

Googleキーワードプランナーを見る

Ubersuggest

Ubersuggestは無料なのにとても便利です。競合サイトの流入を生んでいる検索キーワードを調べることができます。

競合に流入しているキーワードで自社も対策を行うことで、集客を増やせますし、競合のお客を奪うこともできます。メディアを運営しているような場合には特に活躍します。

Ubersuggestを見る

Ubersuggestよりも正確な競合サイトのキーワードを知りたい場合には、「ahrefs」を利用するのがよいです。

WEB担当者におすすめの求人サイト

では、どこでWEB担当者の募集があるの?どこに応募をすればいいの?というWEB担当者志望の人がいると思います。

世の中には多くの求人サイトがありますが、WEB担当者が応募しやすい、企業がWEB担当者の募集をしやすいサイトがあります。WEB人材に特化していたり、マーケティング職に特化しているような求人サイトです。

どの求人サイトに登録するかによって、合格できる可能性が変わります。ここでは、元WEB担当者担当者である私が、WEB担当者の職を探すならどのサイトを利用がおすすめか、私が登録したサイトなどを紹介します。

Wantedly

ウォンテッドリー
Wantedly(ウォンテッドリー)とは、Facebookのつながりを利用した求人サービスです。

IT系の人材が多く利用しており、掲載している企業もIT系のベンチャーやスタートアップが多いです。Wantedlyは登録ユーザー層を以下のように発表しています。

登録ユーザーの職種は、エンジニア27%、デザイナー13%、セールス19%、マーケティング16%、ディレクター13%、コーポレート11%と、多岐に渡っています。
当初は、ITリテラシーの高い(エンジニア/デザイナー/ディレクター/セールス等)ユーザーの登録が中心でした。
しかし最近では、出版、医療、金融業界で働くユーザーの登録も多く、より多様な層にアプローチができます。

引用:http://tinyurl.com/sdtxcqa

IT系のリテラシーが高い人材がよく利用しているサイトで、企業もこのサイトで探していることも多いです。応募者としては、WEB担当者を目指すなら登録しておいた方がいい媒体です。

「WEB担当者」の検索結果ページには、334件の求人情報があります。WantedlyはWEB担当者の求人情報も多く、もっともおすすめの採用サービスです。

Wantedlyを見る

マスメディアン

マスメディアン
マスメディアンは、宣伝会議グループが運営している求人サイトです。求人情報サイトだけでなく、エージェントサービスも行っています。

マスメディアンは、広告業界専門の出版・教育事業で、60年以上の歴史を持つ「宣伝会議」グループの人材サービス会社です。業界を網羅するネットワークと情報力、 そして人材ノウハウを最大限に駆使します。貴社の細かな採用要件を把握し、適切な人材を紹介し、バックアップしていきます。

引用:http://www.massmedian.net/about/

宣伝会議という媒体があることで、WEBや広告業界に幅広いネットワークを持っており、マスコミ・広告業界に特化しているので、広告業界で働いてきた経験者が集まりやすい媒体です。

専門のスタッフが要望を聞いてくれるので、ニーズにあった人材を紹介してもらえる可能性が高いです。

未経験OKの案件も多いので、まずはマスメディアンに登録するのがよいと思います。

マスメディアンには「Web担当・EC担当」というページが用意されており、現在では113件の求人情報が掲載されています。

マスメディアンを見る

doda

dodaは株式会社インテリジェンスが運営する転職サイトです。IT系の求人が多く、国内最大数の情報量を持っています。転職サイトと転職エージェント両方で転職活動を行うことができます。

dodaのみに求人を出しているという企業もありますし、非公開求人もたくさん持っているので、必ずチェックしたいサイトです。

検索項目が豊富なので、求人情報を見つけやすいですね。「WEBマーケティング」で検索したなかから、「サポート」「SE」という単語を除いた求人は382件ありました。

dodaも登録しておくのがおすすめのサイトですね。

dodaを見る

Find Job!

findjob
Find Job!は、株式会社ミクシィが運営する求人サイト。1997年から運営されており、IT・Web業界に特化した求人情報サイトです。「WEB担当」というキーワードのページがあり、WEB担当者の募集数は80件あります。

ITベンチャー企業などの掲載が多いですが、それ以外の業界の募集もあります。IT業界にくわしい専任の担当者がついてくれるので、求める仕事を紹介してもらいやすいですね。

クリエイター向けの求人情報も多く、WEBサイトの制作や編集ができるような人材を求めているWEB制作系の会社が見る傾向があります。制作系のスキルがあり、手を動かす仕事に応募したいときにおすすめの採用サイトです。

Find Job!を見る

求人ボックス

求人ボックス
「求人ボックス」は、「WEB担当者 求人」というキーワードで検索したときに、3位に表示される採用情報検索サイトです。カカクコムが運営しており、仕組みとしては上記のIndeedと同じような求人情報検索サイトです。

求人ボックスは利用者数が急増しており、現在では月間利用者数が300万人を突破したそうです。

Indeedと同じく、企業は無料で募集情報を掲載することができるので、案件数に期待ができます。「企業 Web担当」や「社内 Web担当者」のサイト内検索結果ページが、検索結果にインデックスされています。検索結果の上位に表示されているので、同じ業種の志望者が見ているサイトです。

とりあえず登録しておいたほうがいいでしょう。

求人ボックスを見る

Indeed

indeed
Indeedとは、マイナビやリクナビなどの求人サイトとは異なり、あらゆる求人情報を検索できる求人情報検索サイトです。求人情報をまとめており、簡単に検索できるというのが強みです。「WEB担当者 求人」と調べると1位に表示されます。

このサイトは無料で広告を出せることもあり、企業が採用によく使っているサイトです。思わぬ企業を見つけられるかもしれません。

ただ、ITやWEB専門ではないので、幅広い業種が掲載されており、WEB担当者の募集は少ないです。それを見つけるのも少し大変かもしれませんね。

検索結果の上部に採用情報を出ているものは有料のプランで費用を払っている会社なので、そのような企業ばかり見ると希望のものは出てこないかもしれません。

Indeedは、あらゆるサイトに掲載されている採用情報を見られるので、見ておいたほうがいい採用サイトです。

Indeedを見る

Spring転職エージェント

spring転職エージェント
Spring転職エージェントは、人材派遣分野で実績のあるアデコグループが行っている正社員向けの求人サービスです。専門職ごとにその分野に精通しているコンサルタントが担当してくれます。

「社内WEB担当者、自社サイト管理運営」というページがあり、対象の採用募集は128件あります。この求人の傾向として、自社のサービスの開発系、デザイン系の求人がたくさんある印象です。

運営元のアデコは元々スイス発祥の世界シェアNo.1の人材サービスです。世界60カ国でサービスを提供していることもあり、グローバルな案件が集まるようです。

IT以外では、マーケティングや医療、経理などにある程度絞っているので、WEB担当者を求める企業が集まりやすいと思われます。

Spring転職エージェントを見る

ウェブタント

WEBTANT
ウェブタントは、人材紹介会社のサポタントが運営するWEB・EC・IT業界専門の求人情報サイトです。

インターネット業界出身の専任のコーディネーターがサポートしてくれます。非公開求人を見ることも可能です。

セミナーや講座を行って人材育成等も行っており、未経験でもスキルアップができます。初心者向けの採用サイトですね。ECサイトの求人に応募したいときにもおすすめの採用サイトです。

ウェブタントを見る

転職をするときの考え方、不安のなくし方は以下の記事で解説しています。

WEB担当者を採用する時に利用すべき裏技

これは企業向けになりますが、WEB担当者を採用する時には、上のような求人サイトに募集を出すというのが正攻法のやり方です。多くのWEB担当者が、そのような媒体で企業を探していますので、採用するのにはもっとも効率のよい方法でしょう。

しかし、求人サイトに掲載する以外にも、WEB担当者を採用したい企業が利用できる方法というのがあります。

普通の企業では利用している会社が少ないのでここで紹介する方法を使うことで、優秀なWEB担当者を採用できる可能性が高まります。

逆に、WEB担当者に採用されたい人も見ておくといいです。

WEB担当者Forum

WEB担当者Forum
『WEB担当者Forum』というメディアサイトをご存知でしょうか?

このサイトは、WEB担当者向けの情報メディアであり、WEB担当者向けの情報を発信しています。

『WEB担当者Forum』が発表している月間PVは2,665,053PVであり、月間UUは803,063UUです(2019年6月現在)。このように多くのWEB担当者やIT関係の人材が見ているメディアなのです。

そして、WEB担当者Forumには広告枠があります。ここにWEB担当者を募集する広告を出すことで、多くのWEB担当者に見てもらえます。

現在、WEB担当者として働いているが別の業界にチャレンジしてみたい、もっと待遇のよい会社で働きたいという方は、必ず一定数います。このメディアに広告を出すことで、そういった人に採用情報を観てもらえる可能性があります。

広告を掲載するための料金は以下のページに掲載されていますが、求人サイトに求人広告を出すのと比べると大差がないのではないでしょうか?

Web担当者Forum | インプレス
Web担当者ForumのAD GUIDEです。広告出稿についてご案内いたします。

また、このメディアでは無料でPR情報を掲載できます。ここではセミナーや講座の告知を掲載したり、新商品の告知をすることができます。

この機能を利用すれば、WEB担当者向けのイベントなどを自社で行うことで、WEB担当者と接点を持つこともできます。もし、自社で企画を作れそうな場合には、この機能を利用してもよいかもしれません。

Googleしごと検索

次におすすめなのが、『Googleしごと検索』です。Googleしごと検索とは、2019年1月23日からGoogleが開始したサービスです。

Gooogle検索の求人に関する検索結果画面に、あらゆる企業の求人情報を掲載するというものです。下記のように、求人に関する検索をすると検索結果に表示されます。これは「東京 WEB担当者 求人」と調べた時に表示される画面です。

Googleしごと検索画面

ここに求人情報が掲載されると、無料で多くの人に自社の求人情報を見てもらえる可能性があります。

このGoogleしごと検索に表示するには、自社の求人情報をJSON-LDで構造化マークアップしたり、Googleしごと検索対応の求人サイトに掲載するという方法があります。無料でできることですので、まずは自社の採用ページを構造化マークアップしてみるのがおすすめです。


スキルのあるWEB担当者を社内にほしいという方向けに、「ひと集めアカデミー」ではスキルと知識のあるWEB担当者をレンタルできるサービスを提供しています。良い人材を採用したいけれども、なかなかスキルのある人材がいない、という方はぜひご利用ください!

最後に、私が読んで勉強になった、WEB担当者が読んでおいたほうがいい書籍を紹介しておきます。これからWEB担当者を目指すという方や、社内にWEB担当者を雇いたいという方は参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました