キャリア

転職した方がいい人の特徴と解決法まとめ【裏付けアリ】

転職の考え方・方法キャリア

仕事は人生のなかで三分の一を占めます。あなたは仕事に満足できていますか?

満足していないからこそ、この記事を読んでいるのだと思います。

この記事では、以下のような悩みや不安を持っている人に対して、転職した方がいい人や転職した方がいい会社の特徴、転職の仕方を紹介します。

  • 今の会社を辞めるのが不安…。今よりもいい会社があるかわからない。
  • 人間関係がつらい。あの人たちと働くのはつらい…。
  • 仕事内容が合わないと思う。仕事が全く楽しくない…。

私が5回の転職経験で感じたことや調べたことや科学的な研究データをもとに、転職において知っておいた方がいい知識と考え方を解説します。

転職した方がいい人と必要ない人

私が転職を何回もしてきたからといって、この記事では必ずしも転職を勧めるわけではありません

転職は、した方がいい人にとってはメリットも大きいですが、そうでない人にとってはデメリットが大きいものです。

転職によって満足度があがる人もいれば、転職して後悔してしまうという人もいるのです。私も転職で後悔したことがありますが、これはすごく難しい問題ですね。

だからこそ、「こんな人は転職した方がいい」「こんな場合には転職せずにこういう方法で解決できるのではないか」という提案をするとともに、転職ではどんなことに気をつけるべきか、転職を行う時の考え方、不安のなくし方を解説します

早めに転職した方がいい人

鬱の女性

  • 朝起きれないし、毎日体がだるい・疲れやすい
  • 毎日悲しい、憂うつな気分、沈んだ気分
  • 仕事で疲れているのに全然眠れない
  • 自分は価値がないと感じる

参考:厚生労働省「うつ病を知る」

まず、上のような症状がある人は、精神的に疲れている可能性があります。

会社に原因がある場合には、無理せずに退職をして少し休んで転職をした方がいいでしょう。会社に原因がないとしても、休職をして少し休んでから復職をするという考え方もよいと思います。

うつは回復するまでに時間がかかりますし、休まなくては大変な事態を招いてしまう可能性もありますので、早めに転職した方がいいです。

もしかしたら、転職があまりよくないことだと思っている人もいるかもしれません。

そんな人は以下の記事をまず読んでください。転職する前に持つべきマインドを解説しています。

即座に転職した方がいい仕事の特徴8選

転職すべき会社 HELP
まず転職をした方がいい仕事の特徴を、以下で紹介します。この特徴に該当する仕事をしている人は、なるべく早くその仕事を辞めて転職した方がいいです。

このような特徴は、南カリフォルニア大学やスタンフォード大学の研究によって、心身に深刻な影響を与え寿命を縮めるということが明かされています。

  1. 制限が多い
  2. ネガティブなコミュニケーション
  3. 作業負荷が高い
  4. コントロール感がない
  5. 長時間労働
  6. 業績が不安定
  7. 階層構造が多い
  8. 成長できない

制限が多い

仕事を行うなかで、もっとこうすればいいということがわかっていたとしてもできないとか、やりたいことができないという、制限が多い仕事というのは危険です。

予算がない、人員が足りない、上司に提案ができない、ワンマン会社で指示されたことしかできないというような環境で、すべきだと思っていることができないのは、心身に大きなストレスを与えます。

これはかなり大きな要素なので、思い当たる人は要注意です。見て見ぬふりをしているうちに、心身は悪い方に向かっていますので早く転職した方がいいです。

ネガティブなコミュニケーション

ネガティブな人
嫌味を言われたり、陰口や愚痴がはびこっているようなネガティブなコミュニケーションが多い会社のことです。

嫌味を言われたり、社内のコミュニケーションがネガティブだとストレスや不安が大きくなりますし、メンタルへの悪影響が大きいです。

このようなストレスというのは、家庭での配偶者や子供とのコミュニケーションにまで影響を及ぼしてしまうので危険です。

作業負荷が高い

ひとりが短時間に行う作業量が多すぎるのも、短期でのストレスが大きくなります。

やることが多く、時間が足りないという感覚は、疲労感に重大な影響を与え、心身に悪影響を及ぼします。

こういった会社は、管理者によるマネジメントができていないということですね。

コントロール感がない

意外に見逃していることが多いのが、この「コントロール感」です。要は裁量権のことですね。

やるべきことや仕事の進め方、スケジュールなどを自分で決められるかどうか、というのがとても大事です。

ただ言われたことをやる、決められた時間に決められたことをやらなければいけない、というのは仕事のやりがいを大きく損ないますし、ストレスも大きいです。人間の幸福度を上げるにはコントロール感が重要です。

上司や社長が裁量権を渡さない会社は転職した方がいいです。

長時間労働

長時間労働
長時間労働は心身の健康に重大な影響を及ぼします。労働安全衛生総合研究所の『長時間労働者の健康ガイド』によると、週労働時間が61時間を超えると、40時間の人と比べると心筋梗塞リスクが1.9倍となります。

また、メンタルヘルスにも大きな影響を与えることは周知の事実です。もちろんお金は必要ですが、健康を害してまで働くというのは本末転倒でしょう。

長時間労働を強いる会社というのは、社員の健康などは全く考えていないといえるでしょう。そもそも、長時間働かなくても利益を出す仕組みを作るのがトップの仕事です。それができていないのは、経営者の力不足です。そんな会社は早めに転職した方がいいです。

ただし、自分が楽しくて長時間仕事をする分には、むしろ健康に良いというデータがあります。長時間労働をするのであれば、自分がやりがいを感じられたり、業務が楽しく感じられる仕事を選びましょう。

業績が不安定

業績が不安定
業績が不安定な会社で働くというのは、大きな不安を日々感じることになります。自分では感じていないように感じるかもしれませんが、大きなダメージを与えています。

業績を上げる仕組みやビジネスを作るのは経営者の仕事です。よくあるのが「今は厳しい状況なので耐えてくれ」というようなことをいう会社です。この発言は、自分の無能をさらしているだけです。

業績を上げられないのは自分の責任なのにも関わらず、厳しい条件を社員に強いるような経営者の会社は、早めに転職した方がいいです。

ちなみにダメ社長の特徴などは、以下の記事にまとめていますので、入社してからこのような傾向がみられたら注意です。尊敬できない社長の下で働くのは、不安やストレスが多いので避けましょう。

階層構造が多い

階層構造が多い
役職がたくさんあり、階層構造が多く、上の役職の人の言うことが絶対というような会社は早く辞めて転職した方がいいです。

このような会社では、現場や下の人間の意見や提案が通りませんし、階層構造が多いことで意思決定に時間がかかってしまいます。稟議に時間がかかったり、多くの人の許可を得なくてはならないのです。

このような、本来の業務とは関係ない事務作業を効率化していないと、社員のストレスは大きくなります。また、変化のスピードが早い現代において、意思決定に時間がかかるというのは致命的で、将来業績が落ちる可能性が高いです。

成長できない

自分の知識やスキルの成長がない環境だった場合も要注意です。会社に成長の余地がない場合や、成長を推奨する仕組みのない会社がこれに該当します。

もっとこんなことを試したい、こんなスキルを身につけたい、こんなキャリアを歩きたいと考えているけど、それを実現できないというのは、とても窮屈でストレスが大きいです。成長できない環境で働くと達成感や充実感を感じられず、ストレスが心身に悪影響を及ぼします。

そんな時には、会社で働きながらも知識やノウハウを得られる仕組みを作れないか、試してみるのがいいでしょう。また、セミナーに参加して情報を得る、展示会にいく、社内にその分野の勉強会を作るなどもよいでしょう。

ここまで、転職した方がいい仕事の特徴を見てきました。もしあなたがこのような会社で働いていた時には、なるべく転職をした方がいいです。

次に、転職を行う前にどのような手順でどんな考え方、準備をすればいいか、解説していきます。

転職前の準備=自分を知る

自己分析
仕事を辞めたいということはもちろん、「今の仕事が嫌」「人間関係に疲れた」「異なる環境で成長したい」という理由から、辞めたくなっているのだと思います。

転職前に「その理由がなぜ生まれているのか」という原因を知らなければ、次に転職した会社でも同じことが起こるでしょう。

原因を知るためには、まず自分を分析しましょう。自分を分析することで、今の環境と自分がなぜマッチしていないのかがわかります。

内向型か外向型かを知る

まず、自分を知る有効な方法は、「内向型」「外向型」の判別をするということです。

内向型・外向型の特徴

人間は内向型と外向型の2つに分けられます。心理学者のカール・ユングは、内向型と外向型を以下のように分けました。

  • 内向型:自分の内側からパワーを得る
  • 外向型:自分の外側からパワーを得る

それぞれの特徴は以下です。

  • 内向型:社交性があまりない。外部からの刺激に高反応。自分の内側からエネルギーを得る。1人が好き。話すより考えることが得意。問題をよく考える。感受性が鋭い。思索や芸術の分野でリーダーシップを取る。
  • 外向型:社交性がある。外部からの刺激に低反応。人と話したり、刺激的なことからエネルギーを得る。大人数が好き。話すことが好き。問題に飛び込む。鈍感力が高い。社会でのリーダーシップを取る。

この内向型と外向型は、どちらが優れているということはなく、それぞれ得意不得意があるというだけです。

あなたの周りの人たちも、この2つに分けられませんか?この分け方は、大きく性格に関わるので、仕事が合わないという原因になりやすいです。

組織での仕事か

会社組織
外向型は組織になじみやすいですが、内向型は組織に溶け込むのが苦手です。大人数の組織に苦手意識がある人は、内向型の可能性が高いです。

外向型はひとりで黙々と作業をするのが苦手ですが、内向型の人は一人で作業をした方が力を発揮します。集団での共同作業は、内向型の強みである創造性を殺してしまうという研究もあるのです。

外向型は集団での仕事を、内向型は一人作業が多い仕事を探すのがよいかもしれません。

ただし、内向型というのは自分が重要視する仕事や愛情を感じている人や、高く評価している事物のためなら、外向的にふるまえるということもわかっています。

自分の本当にやりたい仕事や意義を感じている仕事であれば、内向型でも集団での仕事でも力を発揮することができるでしょう。

ここまで、内向型・外向型に分類することで辞めたい原因を検証してみました。外向性が良しとされる現代において、内向型の人はストレスを感じることが多いかもしれません。

もし内向型が原因で辞めたいと思っている場合には、以下の本を読んでみてください。ただ内向型が原因で悩んでいるだけ、ということがわかるはずです。

性格特性を知る

自分の性格特性も知っておいた方がいいです。自分がどんなことが得意なのか、苦手なのかなどを知ることで、今の仕事のどの部分が合っていないのかを知ることができます。

ビッグファイブテストとは

性格診断テスト
性格分析には、「ビッグファイブテスト」を利用するのがよいです。このテストは、現状で心理学者たちが最も支持している性格分析で、古くからいろんな実験でその正確性が実証されています。

ビッグファイブテストでは、以下の指標で分析をされることになります。

  • 開放性:新しいものに対する興味を持つか、受け入れるか。
  • 誠実性:物事を真面目に続けるか。
  • 外向性:初対面の人と社交的に接することができるか。
  • 協調性:周りに合わせるか。
  • 神経症的傾向:不安や緊張をどれくらいしやすいか。

これらの要素の数値が高いということは、以下のような特性と性格を表します。

  • 開放性:好奇心、創造性。好奇心が強く、新しいことに挑戦する、創造力を発揮でき、応用力も高い。
  • 誠実性:計画性、責任感、勤勉性。コツコツと計画的に努力をする。
  • 外向性:積極性、社交性、陽気さ。しゃべるのが好きで、陽気で活動的。
  • 協調性:思いやり、優しさ。優しくて心が広く、他人に対しても親切で協力的。
  • 神経症的傾向:不安、イライラ、感情の安定性。不安になりやすく心配性、悲観的になりやすくプレッシャーに弱い。

ビッグファイブテストを受ける

こちらのサイトで、簡易版ではありますがビッグファイブテストを受けることができます。

ビッグファイブテストの結果は以下のように表示されます。これは私がやってみた結果なのですが、外向性と協調性が低いという傾向があります。当たってます…。

これはあくまで傾向を表すものなので、どの数値が高いからいい、ということはありません。数値が高くても低くても、長所・短所があります。

ビッグファイブテスト結果

ビッグファイブテストを受けたら、それを今の仕事で活かせているか、数値の低い分野を使う分野で働いていないかを確認しましょう。

もし自分の長所を活かせていないのであれば転職した方がいい、という考え方ができます。

自己分析ノートをつける

転職活動をする場合には、「自己分析ノート」をつけてみましょう。

自己分析ノートとは?

「自己分析ノート」とは、過去の自分の人生を振り返り、自分がどのような価値観を持っていて、自分がどんな傾向を持っているかを深堀りするものです。

例えば、「好きな色は?」「好きな食べ物は?」「辛かった経験は?」など、自分に対して質問を投げかけ、それを徹底的に考えて自分を研究することで、自分を深く知ることができます。

これによって、自分の好き嫌い、自分が働きたい職場、したい仕事、将来の目標などの人生の指針が明確になります。

転職面接対策にも

さらに、転職の面接でも有利になります。例えば、面接官が「好きな色はなんですか?」と尋ねたとします。

それに対して、「色についてはよく考えていて、私の好きな色は3色です。白と黒と青です。なぜなら、~だからです。」などと答えられたらどうでしょう?

就職での面接において面接官はふいをついた質問や想定外の質問に対して、どう対応するのかを見ています。自分のことをどれだけ研究しているか、どれだけ自分の人生に対して真摯に向き合っているかを知りたいと思っているのです。

自己分析ノートによって徹底的に自分を深堀りできるので、転職の面接においても有利になるのです。

転職先選びの考え方

あなたが内向型か外向型か、どんな性格で何が得意か、どうやってアピールすべきか、という風に自分のことがわかってきました。自分がわかったところで、次はあなたが何をしたいのか、ということを考えないといけません。

あなたがどんな仕事をしたいのか、仕事によって何を成し遂げたいのかを知ることで、本当に仕事で満足を得られるでしょう。

ですが、もしかしたらあなたはどんな仕事がしたいかがわからなかったり、やりたいことがないかもしれません。ここでは、やりたい仕事の見つけ方と仕事を選ぶ時の考え方を紹介します。

好きなことではなく得意なことを

得意なこと
自分の好きなことを仕事にしたい、と考える人は多いです。しかし、これは必ずしも仕事への満足度を上げてくれるとは限りません。

ペンシルベニア大学の調査によると、人が自分の仕事を天職のように感じて満足感や幸福感を得ることができるかどうかは、好きなことを仕事にしていることとは関係がなかったからです。

そして、好きなことよりも自分が得意なことを仕事にした方が、満足感を得られることがわかっています。他の人よりうまくできると思うことや負担なく続けることができる、というものを仕事にするのが重要なのです。

達成感が得られる会社を選ぶ

また、仕事の満足度を上げるには達成感が重要であり、日々達成感を得られる仕事を選ぶのがよいこともわかっています。

少し難しい課題をクリアする、施策での売上が目に見える、スキルを身についたことが実感できるという仕事がよいです。

このような会社の特徴としては、成長が見えるような評価指標を導入していたり、スキルや知識を得ることを推奨している会社がよいでしょう。

子供の頃に興味のあったものを思い出す

子供時代
もしやりたいことがわからない場合には、子供の頃にどのようなことに興味・関心を持っていたか、子供の頃にどんなことが得意だったかを考えるのもよいです。

自分がやりたいことというのは、子供の頃にやりたかったことや得意だったことと共通項があることが多いです。

そして、なぜそれをやりたかったのかという理由を深堀りしていくことで、自分が何にモチベーションを感じるのかがわかります

モチベーションを得られる仕事を選ぶようにしましょう。

無理だと諦めず挑戦する

挑戦
自分のやりたいことが見つかったとしても、多くの人はそんなことは無理だと思って諦めます。

でも限界というのは、自分で作っているだけかもしれません。挑戦してみないと、本当に無理なのかどうかというのはわかりません。

転職するということは、自分の知らない世界に挑戦するということですので、やってみなくてはわかりません。まずは、無理だと思う気持ちをなくして飛び込むのが大事です。

TEDトークの以下の動画をみてください。無理だと決めつけずに、転職に挑戦する気になれるかもしれません。

オープンオフィスか知ろう

オープンオフィス
上で外向・内向の説明をしたように、外向型の人は多くの人と接することがエネルギーになりますが、内向型はひとりの時間によってエネルギーを得ます。

外向型はオープンオフィスなど、たくさんの人がいる環境でも伸び伸び働けますが、内向型は疲れてしまい本来の能力を発揮できません。

内向型の人は転職先を選ぶときには、オープンオフィスの会社は避けた方がいいかもしれません。もちろんオープンオフィスでも仕切りがある、一人になれる空間があるという場合には問題ないです。

ちなみに、オープンオフィスは生産性を阻害し、スタッフの離職率を高め、敵対的にし、ストレスレベルを上昇させるというデータもあるので、オープンオフィスの会社に応募する際には注意しましょう。

転職したい人におすすめのサービス

転職したいと思っている人が企業を探すには、「求人情報サイト」や「転職エージェント」があります。

それぞれメリットとデメリットがありますが、本気で転職を成功させるようと思ったら、両方使う方が良いです。

求人情報サイト編

転職サイトを探す人
転職したいと思ったら、まずは求人情報サイトに登録しましょう

すぐに転職するつもりがなくても、もしかしたら自分のやりたい仕事の求人が出るかもしれませんし、スカウトが来ることもあるので、登録してたまにチェックしておくのがおすすめです。

求人情報サイトのメリット

  • 求人情報の幅が広い
  • 気軽に応募ができる
  • ブラック企業を避けることができる

転職サイトには、エージェントが持っていない案件なども掲載されるので、定期的にチェックしておいた方がいいです。

また、エージェントよりも色んな求人に簡単に応募できるので、とりあえず応募してみるというのに向いています。

求人情報をチェックしていると、常に求人を掲載している会社などもわかるようになってきます。

このような会社は、常に退職者が出ているようなブラック企業の可能性が高いので注意が必要です。また転職するハメになってしまいますよ。

業界最大手、求人数も豊富な求人サイト「リクナビNEXT」

リクナビネクスト
リクナビNEXTは、リクルートが運営している中途人材向けの転職サイトです。リクナビNEXTは、知名度が高いこともあって、2020年2月現在で41735件の求人があります。

これだけの案件がありながらも、約85%がリクナビ限定求人ということなので、転職するならとりあえずリクナビNEXTには登録しておいた方がいいです。他にないおいしい求人が見つかるかもしれません。

全国のあらゆる業種の求人が掲載されており、規模も大企業から中小企業まで幅広い企業があります。

「リクナビNEXT」に登録する

サポートが充実で使いやすい「マイナビ転職」

マイナビ転職
「マイナビ転職」は、株式会社マイナビが運営するサイトです。このサイトも知名度が高く、転職サイトのなかでもトップクラスの求人数があり、2020年2月で13122件の求人が掲載されています。

マイナビにしか掲載されていない企業もたくさんあります。個人的には、マイナビの画面デザインはすっきりとしていて使いやすいのでよく使います。

転職MYコーチなどの転職サポートがあるのも大きな魅力です。通常エージェントを利用しないと添削などはしてもらえませんが、マイナビ転職では行ってもらえます。

マイナビ転職も、転職するときにはとりあえず登録しておいた方がいいサイトです。

「マイナビ転職」に登録する

スタートアップやIT系企業におすすめ。新しい形の求人サイト「Wantedly」

Wantedlly
「Wantedly」は、やりがいや環境、創業者の想いを掲載しているビジネスSNSという、新しい形の求人情報サイトです。2012年のサービス開始から順調に成長し、2019年にはユーザー数が400万人を超えています。

スタートアップやWEB系の企業が多く掲載されており、ベンチャー企業に転職したい方におすすめのサイトです。

創業者やスタッフの想いなども見やすいですし、気軽に企業とコンタクトを取れるのが特徴です。

ただし、給与や待遇は掲載されませんので、他の求人サイトや公式サイトを確認しないと、待遇のよくない企業で働くことになってしまうので注意が必要です。

「Wantedly」に登録する

アクセス数No1!AIがマッチングしてくれる「転職サイトtype」

転職サイトtype
「転職サイトtype」とは、株式会社キャリアデザインセンターが運営するサイトで25年以上の歴史があります。元々は「@type」だったサイトが、サイト名を変更して今の名前になりました。

転職サイトtypeは、アクセス者数が1位であり、多くのユーザーに利用されています。求人件数は2407件(2020年2月)と少な目ではありますが、元々エンジニア系に特化していたので、SEやエンジニアの求人情報が多めです。そして、営業やサービス系の仕事も増えてきています。

転職サイトtypeの大きな特徴としては、業界で初めてAIを使った求人提案機能を導入したことです。これまでの経歴や重視するポイントなどを入力していくことで、AIが求人情報を提案してくれます。

結果に対してフィードバックを返すことで、AIが学習してさらに良い提案をしてくれます。もしかしたらAIがあなたにぴったりの求人を紹介してくれるかもしれないので、興味がある人は登録してみましょう。

「転職サイトtype」に登録する

女性のお仕事盛りだくさんの「女の転職type」

女の転職
「女の転職type」は、女性に特化することでユーザーと掲載企業をうまく集めているサイトです。「転職サイトtype」は、女性の求人だけで1725件があり(2020年2月現在)、女性で志望の職種が決まっているような人におすすめのサイトです。

女性を採用したいという企業がたくさん掲載されており、事務職や販売職、営業・企画など、女性が多いお仕事が豊富です。

私の前職の女性社員はみなこのサイトから応募して入社したということでした。このような仕事に転職したいという女性は、まずはこちらに登録してみるのも手です。

「女の転職type」に登録する

地方で自分にあった仕事を探すのによい「はたらいく」

はたらいく
「はたらいく」は、リクルートが運営する転職情報サイトです。同じくリクルートが運営するリクナビNEXTとは住み分けをしています。

はたらいくは「自分らしく働く」をコンセプトにしており、中小企業が多く、アルバイトなどの情報も掲載されています。

地方の求人の数がとても多く、東海地方で1334件、九州・沖縄地方で1222件があります。地方の方は、特に登録しておいた方がいいサイトです。

また、はたらいくにしか載っていない求人の割合は93%と、多くの求人がはたらいくでしか見ることができません。

「はたらいく」を見る

登録しておいた方がいい転職情報サイト

転職エージェント編

転職エージェントとは、求職者に求人中の会社を紹介してくれる企業です。

転職エージェントのメリット

  • サポートが手厚い
  • 書類審査を通過しやすい
  • 非公開求人を見ることができる

内定が決まることで利益を得るので、転職エージェントでは面接対策や履歴書添削やアフターフォローなど、手厚いサポートを受けることができます。

転職エージェントの場合には、エージェントが厳選してくれた求人から応募をすることになるので、書類審査を通過しやすく面接までがスムーズです。

転職情報サイトでは見られない非公開求人は、エージェントを介してしか見ることができませんので、優良な求人情報を見つけられるかもしれません。

転職エージェントは利用すべき?

転職情報サイトだけでなく、転職エージェントも利用すべきでしょうか?その答えは「YES」です。

転職エージェントというのは、人材紹介のプロです。これまでに多くの求職者と話していますし、たくさんの会社を見ています。だからこそ、転職に関する情報を誰よりも持っています。

キャリアプランの相談や会社の社風や仕事内容、どんな人材が求められているか、などなど、転職で知っておいた方がいい情報を教えてもらえます。

また、長年キャリアを積んできて、思っているよりも実力がついているのにも関わらず、本人が自覚していないことがあります。そんな時には、市場での自分の価値を教えてくれることもあります。

今の会社で評価されていないとしても、他の会社では高く評価されるということがあるので、転職エージェントに相談してみるのは大事です。

転職エージェントはいくつ登録すべき?

転職したい人は、転職エージェントに複数登録してもよいのでしょうか?

これは、複数登録可能ですし、複数登録した方がメリットがあります

転職エージェントによって、サポート具合が違いますし、扱っている求人情報も異なってきます。アドバイスもキャリアコンサルタントごとに異なるので、色んな人に意見を聞けば思わぬ発見があるかもしれません。

また、複数登録していることによって、コンサルタント間に競争が生まれるので、より手厚いサポートを受けられる可能性があります。私は大体3~4社は登録しました。

ただ、複数に登録すると案件がかぶることがあるので注意しましょう。

IT系が多かったですが、私はこれまでに色んな転職エージェントを利用しました。ここでは、そのなかで、よかった転職エージェントを、体験談も交えて紹介します。

業界最大手で安心の「リクルートエージェント」

リクルートエージェント
リクルートエージェントは人材紹介業界の最大手であり、26万件以上の求人件数があります。転職を考えるなら、まず登録をしておいた方がいいサービスです。

担当者との距離が近いのが特徴で、連絡が密です。面接の傾向を事前に教えてくれ、その対応方法も教えてくれるのはとてもよいです。

ただ、リクルートという会社の社風もあってか、担当者の方はガンガン転職を勧めてくる傾向にありましたね。でも提案される会社は、他の会社で提案されない会社もたくさんあったのはよかったです。

とりあえず登録しておいて、提案してくれる会社のなかから興味のある会社、自分に合っていると思う会社に応募してみるのがよいと思います。

「リクルートエージェント」に登録する

豊富な案件があり、マイペースに転職活動できる「マイナビエージェント」

マイナビエージェント
マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職支援会社です。人材紹介業界では大手の会社であり、そのネームバリューもあって求人案件数も多いです。特に第二新卒向けの案件が多いということです。

北海道、名古屋、大阪にも支店があるので、全国広い範囲の仕事を取り扱っています。中小企業の求人のバリエーションが多いです。

大手ということもあり、キャリアコンサルタントの方はしっかりと教育されている印象でした。こちらの考えていることを、上手く汲み取ってくれましたね。

面談後は、強く転職活動をプッシュしてくる感じはなく、適度なスピードで会社を紹介してくれるので、そんなに焦らずに求人を吟味することができました。マイペースで転職活動をしたい人にはいいと思います。
「マイナビエージェント」に登録する

手厚いサポートと豊富な実績「ワークポート」

ワークポートのサイト
ワークポートは元々、ITやゲーム業界に特化していた転職エージェントなのですが、現在では営業・バックオフィス・メーカー・販売・マーケティングなど、幅広い業種を扱っています。

IT系の案件数は特に多く、15000件以上とトップクラスです。創業から16年と長いこともあってか、「求人決定数」は業界No1です。仙台や名古屋・神戸・京都・大阪・岡山・広島・福岡などにもオフィスがあるので、全国の広いエリアで転職の相談ができます。

この転職エージェントを利用したときの感想としては、とにかく動きが早いということです。面談したその日には、おすすめの求人が送られてきました。結構押しが強い印象でしたね。

また、キャリアコンサルタント自身の転職体験談や今後のビジョンなども聞けて、とても親近感を持ちました。親身にサポートしてくれるので、その点は安心かと思います。

「ワークポート」に登録する

長年の経験からIT系に強い「type転職エージェント」

type転職エージェント
「type転職エージェント」は1993年創業の株式会社キャリアデザインセンターが運営している転職サービスです。「転職サイトtype」や「女の転職」なども運営しています。

type転職エージェントは元々はIT系に特化していたエージェントで、転職決定者のなかの25%がIT・通信業界です。

ただし最近では、商社や金融、メーカーや建築、店舗などの求人数も増えてきています。今では日本全国の多くの会社を取り扱っており、9,324件(2020年2月)の非公開求人が掲載されています。

私が利用した感想としては、キャリアコンサルタントのレベルが高いという印象でした。30代後半の女性だったのですが、ヒアリングがとてもうまくどんどんと自分のキャリアを話してしまいましたね。紹介いただいた会社も、かなり自分に合っていた印象です。

「type転職エージェント」を見る

エンジニアだったら登録マストの「レバテックキャリア」

レバテックキャリア
レバテックキャリアは、IT・エンジニア・WEBデザイナー特化の転職支援企業です。株式会社レバテックが運営していますが、親会社は創業14年間成長を続ける株式会社レバレジーズです。

WEB系というよりはエンジニアよりの求人を多く扱っており、5000件以上があるようです。現在対象地域は、関東・関西・九州エリアです。

オフィスが渋谷のヒカリエのなかという環境ということもあり、キャリアコンサルタントは意識の高いデキる人材が多い印象です。

何人かにお会いしましたが、全員がITやプログラムの知識が豊富で、若く優秀な方でしたね。

紹介していただける会社は、エンジニアリングスキルが必要な職種で、中・大規模な会社でした

「レバテックキャリア」に登録する

女性ならではの悩みを相談できる「WomanWill」

womanwill
「WomanWill」は、マイナビエージェントの株式会社マイナビが運営する女性向けの転職サービスです。

女性キャリアアドバイザーが、女性にしかわからないキャリアや転職の悩みに答えてくれます。仕事・待遇・人間関係など、気になる情報も教えてくれるようです。

私は男性なので利用したことはないですが、大手人材会社が運営しているということもあって安心感があります。女性向けの転職エージェントはいくつかありますが、その規模からもこのWomanWillが最もよさそうです。

「ウーマンウィル」に登録する

登録しておいた方がいい転職エージェント

転職面接時にすべき考え方・方法

転職面接前には対象の企業のことを調べて、しっかりと準備をしておくと不安を減らすことができますが、以下のような考え方やテクニックを知っておくのもおすすめです。

マーケティング的な考え方をしよう

転職を成功させるために利用できるのが、「マーケティング」です。「マーケティングって商品を販売する時に考えるものでしょ?」と考えるかもしれません。でも、マーケティングは転職に対しても有効なのです。

マーケティングはモノを売るための戦略ですが、自分をモノととらえれば、その売り込み方がわかるからです。

マーケティングの考え方の基本としては、こちらの記事で解説しているので参考にしてください。

簡単にマーケティング戦略を作る時におすすめなのは、「戦場・競合」「ターゲット」「資産」「強み」「売り文句」を考えること。以下のように考えてみてください。

戦場・競合

あなたが次に転職しようと考えているのは、どのような業界ですか?業界規模や業界の景気は?売り手市場で採用に前向きですか?

同じように転職しようとしているライバルは多いですか?どんなスキルや知識を持った人ですか?

応募をする業界の景気が悪く採用を渋っていたり、ライバルが多い市場では採用される可能性は減ってしまいます。

業界の動向やライバルのことを知ることで、どんな人材が採用されやすいのかがわかります。

ターゲット

応募したい、つまり自分を売り込みたい会社はどんな会社ですか?どのような規模で、どんなサービスを提供していて、どんな売上実績ですか?

その会社は、どんな業務を行っていて、どんなスキルや知識、経験を持った人を求めていますか?その会社はどんな社風でどんな性格の人が好まれますか?

このようにターゲット企業のことを徹底的に知ることで、自分の何をアピールすればいいのかがわかります

資産

あなたには、ターゲット企業の業種でどんな経験や実績、資格などがありますか?

これまでの会社で培った実績や学んだことは何でしょうか?

それらがあることで、あなたという商品の強みが生み出されます。

強み

上の資産によって、あなたにはターゲット企業に貢献できるどんな強みがありますか?何ができますか?どんなスキルや知識がありますか?

強みがない人は、他の人との違いがわかりませんので、企業に採用されづらいことになります。「これが得意」というような強みがあるからこそ、ライバルと差別化することができます

これは商品でも同じで、ターゲットの欲求を実現できる強みがある商品が売れますよね。

アピール方法

ここまでの4つの要素をまとめると、あなたをどうやってアピールすべきかがわかります。マーケティング的な視点で考えると、以下のような売り文句をすればターゲットから採用されやすくなります。

これまで■■■の業界で▲▲年働き、●●な経験、実績を出してきました。だからこそ、他の人があまり持っていない○○のスキルや知識を身につけ、御社が必要としている~~を実現することができます。

このように、ターゲット企業の求めている人材像に対して、ライバルが持っていない、裏付けのある強みを自分が持っているということをアピールした方がいいのです。

逆に言うと、これまでのキャリアや今の会社でこのような強みを作ることができていないのであれば、まだ転職をしない方がいいかもしれません。

未来や可能性を語ろう

スタンフォード大学とハーバードビジネススクールの共同研究によって分かったことなのですが、経験や能力がある人よりも、経験はないが潜在能力があると思われる人の方が採用されやすいことがわかっています。

これは潜在可能性バイアスと呼ばれ、人間はすでに決定しているものよりも、これからの可能性に対して興味を惹かれるということがわかっています。

面接においても、実績よりも将来性を見せることによって採用される確率は高まりますので、積極的にアピールしましょう。

パワーポーズを取ろう

ポーズ
ハーバード大学社会心理学者のエイミー・カディ教授は、人間のボディランゲージが思想や感情に微妙な影響を与えるということを述べています。以下の動画を見てみてください。

「ハイ・パワー・ポーズ」と呼ばれる力強いポーズをすることで、無意識に自信が湧いてきて積極的になることが分かったのです。このポーズをすることで、面接の合格率も変わるというデータもあります。

ロッキーのパワーポーズ

転職の面接前には、トイレの個室などでこのハイ・パワー・ポーズをしてみてください。面接での印象や受け答えが大きく変わるはずですよ。

姿勢をよくする

これも身体と精神のつながりに関する研究なのですが、南カリフォルニア大学の研究によると、胸を張って姿勢を良くすると、ストレスに強くなるということがわかっています。

さらに、胸を張ることで能力のある人に見えますので、面接官からの印象も変わります。面接中は必ず姿勢を良くし、胸を張るようにしましょう。

面接に落ちても人格否定ではない

面接を受けると、採用されないこともあります。そんな時に多くの人は、落ち込むと思います。チャンスを逃したことで落ち込むのはいいのですが、人格を否定されたと考えて落ち込む人がいます。これは本当にもったいないのでやめた方がいいです。

面接では、人格の良い悪いを見ているわけではありません。会社が求める人材像に合っているかをチェックしているだけです。

面接で落ちるというのは、単にやり方が悪かったか、会社に合わないと思われたか、経歴や能力が合わなかったかだけです。

違うやり方に修正すれば次の会社では受かる可能性もありますし、相性のいい会社もあります。面接官は人格を見ているわけではありませんので、自分が否定されたと考えるのはやめましょう。

そもそも、面接官は自分と似た人を採用するというデータもあります。つまり、人格などは全く関係ないですし、あなたの能力も面接官はわかっていない可能性もあるのです。

まとめ

ここまで、転職すべき仕事や転職する時にどういう考え方をすればいいか、面接でのテクニックなどを紹介してきました。転職での不安や迷いが、少し減ったのではないかと思います。

転職は人生における大きな決断です。転職して後悔するのはとてもつらいですが、なるべく事前に知識を得ておくことで、後悔する可能性を小さくすることができます。

あとはあなたが挑戦してみるだけです。ここで紹介した方法や考え方を使って、理想の仕事に転職をしてみてください!

人生一度きりです。同じ時間は訪れませんし、不満を持って働いている時間というのはとてももったいないです。悩むくらいなら転職した方が絶対にいいですよね。

最後に、登録しておいた方がいい転職サービスを紹介しておきます。

登録しておいた方がいい転職情報サイト

登録しておくべき転職エージェント

Yutaro Okiをフォローする
ひと集めアカデミー|SEO・マーケティング・ネット集客を教えるメディア
タイトルとURLをコピーしました