SEOの勉強ができる本を厳選!成長のための道筋も紹介

SEOの本SEO

私はWEBディレクターやSEOコンサルを10年以上行っていますが、SEOの知識をつけるのにSEO関連の本は十数冊ほど読みました。

ここでは、全くWEBの知識はないけどSEOを学びたいという人や、WEB関連の仕事やブログの運用でSEOの情報は軽く知っているけどもっと学びたいという人に、本当に成長するために読むべきSEOの本を厳選して紹介します。

初心者向けの基本的な本から、現場向けの高度な内容の本まで、幅広く紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

SEOの本の注意点

かごに入ったSEO関係の本
私は多くのSEOの本を読んできましたが、読んでわかったのは「大体どの本も同じことを書いている」ということです。

SEOというのは検索エンジンに最適化することですが、その順位付けのルール(アルゴリズム)はブラックボックスになっており、どのような評価方法で順位付けされているかは明かされていません。

ただし、WEBサイトは「こうするべき」というガイドラインは明かされていますし、Googleから発せられるメッセージからヒントを得ることができます。

SEOの本は、このような基本的なガイドラインの紹介が大部分を占めるので、内容が似通ってしまうのです(もちろん、上級者向けの本などは、検索エンジンの深い話なども解説されています)。

SEOの本の読み方

ですので、SEOの本を読むときにはたくさんの本を読む必要はなくて、ポイントを抑えた数冊を読めば問題ないと思います。

まず、SEO初級者向けの本でSEOにおいて重視されるポイントを把握し、SEOの現場向けの本で、タグやサーバー、リンクなどのより高度なSEOの概念を学ぶのがおすすめです。

いきなり現場向けの本に取り掛かってしまうと、内容が理解できずに読み切ることができませんので注意してください

そして、SEOとはGoogleの仕様変更によって、その時々で変化します。本を読んで概念や基本ルールを学んだ後は、Googleの発表や最新情報を取り入れていくことが大事です。ここでは、チェックすべき最新情報を知れるサイトも紹介します。

SEOの基礎が学べる本

まずはSEOの基礎の本から始めましょう。検索エンジンの成り立ちやSEOのポイントを知ることができます。

とりあえずSEO初心者は、以下の本2冊を読んでおけば問題ないです。

10年つかえるSEOの基本

SEOの基本を、イラストと対話形式でわかりやすく解説してくれている本です。

この本は、楽に成果を出す裏ワザ的なSEOはなく、まっとうなSEOが最も重要であるということが説明されています。

かみ砕いて書かれているので、初心者が一番初めに読むのにおすすめの一冊です。

「10年つかえるSEOの基本」を見る

検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書

「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」は、スパムを行うユーザーに対応して、Googleがどのように対応・進化してきたかという、検索エンジンの成り立ちを知ることができます。

GoogleがどのようにWEBサイトを評価しているかを、検索エンジンの開発者の視点や根拠を元にわかりやすく解説してくれます。例えば、検索エンジンは英文ライティングのルールを元に記事を評価しているので、結論を段落の初めに書いたほうがいい、などです。

被リンクやスパムについても詳しく解説されており、他の本にはないSEOの知識が詰まっています。仕事でSEO行う人は全員読んでおくべき本だといえます。

2008年に書かれた本ですが、Googleの考え方は当時と今で変わっていないので、大半の内容が今でも使えます。超絶おすすめです!

「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」を見る

現場レベルのSEOが学べる本

SEOの現場
現場でSEOを行う場合には、さらに高度な知識が必要になります。

実際にプロがSEOを行う時にどのような考え方をすればいいか、検索エンジンはどのような仕組みになっているか、タグやリンクをどう考えればいいか、Googleはどこに向かっているかなど、専門的な話を学べる本がよいでしょう。

SEOの現場レベルの本を読んで知識を身に着ければ、実際にサイトを運用してアクセスを増やしていくことができるようになります。あとは、自分でWEBサイトを作成し最新情報を取り入れながら、運用・改善していけばよいです。

効果がすぐ出るSEO事典

「効果がすぐ出るSEO事典」は、現場で知っておくべきことの全体像を解説してくれる本であり、中級者向けの本といえます。

検索キーワードの検索ボリュームの調べ方・サイト設計のポイント・サイト名の決め方・低品質ページの洗い出し方・検索流入数が急に減った場合の考え方など、SEOの現場で利用しているようなノウハウも紹介してくれています

バズマーケティングやはてなブックマークなどにも書かれているのが、他の本にない部分ですね。この本は丁寧に平易な言葉で書かれているので、初心者向けを卒業した人にもとてもわかりやすいと思います。

「効果がすぐ出るSEO事典」を見る

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル

「現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル」は、かなり専門的な内容の本ですので、初心者・中級者では難しいかもしれません。まずは上の3冊を読んでから、取り掛かるのをおすすめします。

この本では、細かなタグの設定方法や自動生成コンテンツの捉え方、質の低い被リンクの見つけ方、フィードの記述方法、構造化タグの記述方法などなど、専門的な内容が盛りだくさんです。

実際のタグの記述例をふんだんに盛り込みながら解説してくれますので、ボリュームはありますが、基礎知識があればスラスラと読める内容だと思います。

WEB制作会社やWEB担当者、SEO会社の人など、SEOが仕事に絡んでくる人は必ず読んでおいたほうがいいでしょう。

「現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル」を見る

内部SEO対策が学べる本

これからのSEOにおいては、WEBサイトの中身、つまりソースコードやテキストを最適化する重要性が高まっています

SEOでは、Googleが推奨する形にWEBサイトのソースや構造を修正するとともに、ロボットがWEBサイトをクロールしやすい仕組みにするのが重要なのです。

サイト内部の最適化は「内部SEO」といわれますが、内部SEOを行わなくては成果は出せません。以下の本で内部SEOを学ぶことができます。

これからのSEO内部対策 本格講座

「これからのSEO内部対策 本格講座」は上級者向けの本にはなりますが、内部SEOが重視される現在のSEOで成果を出せるノウハウが書かれています。

https化、キャッシュコントロール、キーワード出現率、titleタグ、altタグ、URLやドメイン、文字サイズ、近接度、共起語などなど、サイト内部を最適化するための方法が余すところなく解説されています。

この本は、Googleのアルゴリズムを正確にとらえており、2020年現在でかなり信ぴょう性の高い内容となっています。著者の方のサイトで成果を出しているというのも信頼のできる内容です。

内部SEOだけでなく、外部SEOと連携させるのが最も効果が高い方法だとして、外部対策に関しても解説されています。

「これからのSEO内部対策 本格講座」を見る

SEOは本だけではダメ

情報の探し方IPAD
ここまで紹介した本だけで、本から得られるSEOの知識は十分だと思います。ただし、SEOとは本だけを読めばいいものではありません。

Googleは年間数百回もアルゴリズムの変更を行っており、Googleの仕様の変更についていかなくては、あっという間に変化から取り残されてしまうのです。

ここからは、SEOの最新情報の探し方を紹介します。

SEOでは、検索エンジンの仕様がブラックボックスであるので、間違った情報や憶測がたくさん流されています。だからこそ、SEOの最新情報を得るには信頼できるソースを利用しなくてはなりません

ここでは、信頼性の高いSEOの情報の探し方と利用すべきサイトを紹介します。

Google公式サイト

SEOの最新情報を得る時に、最も信頼性が高いのはGoogleによる公式発表です。

Googleには、WEBマスターに向けて検索エンジンに関する情報を提供するGoogle ウェブマスター向け公式ブログ [JA]というサイトがあります。

このサイトでは、アルゴリズムのアップデートの情報やGoogle botの更新情報、Search Consoleの仕様変更などなど、WEBマスターが知っておくべき内容が発表されます。

検索エンジンを作っているGoogleが提供するサイトなので、最も信頼できます。この情報は必ずチェックするようにしましょう。

Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA]
Google Developers Japan

また、英語ですが「Google Search Liaison」というTwitterアカウントも信頼性が高く、情報の発信も早いです。

Google社員によるアナウンス

Google社員の人の発信する情報も信頼性が高いです。検索エンジンなどの大きな変更に関しては公式サイトで発表されますが、細かな変更やSEOの考え方、Google Search Consoleの変更などは社員の人の発信を見た方がつかめます。

この人たちは主にTwitterで情報を発信しているので、下記のようなGoogle社員のTwitterアカウントをフォローしておきましょう。

海外のSEOメディアサイト

最新の情報を知る他の方法として、海外のSEO情報を発信しているメディアを見る方法があります。

海外のGoogleの発表やSEO系のカンファレンスの情報をいち早く知ることができますし、独自の調査や特許を元にした仮説などの記事なども多く掲載されています。

SEOに関しては欧米が本場ですし、アメリカの検索エンジンの変更は日本よりも早く、その変更が後に日本に適用されることも多いです。まずアメリカの動向を知っておくことで、日本でのSEOの将来が予測できます。

以下のようなメディアサイトは信頼性が高いです。

日本のSEO業界の著名人

また、信頼性が高いのは、日本のSEO業界のトップランナーの人です。

日本のSEO業界では、鈴木謙一氏や辻正浩氏、渡辺隆広氏などが有名ですが、この方たちはブログやTwitterなどで情報発信を行っています。

アメリカで発表された情報を翻訳して解釈も交えながら紹介してくれるので、かなり正確性の高い情報を得られます。

Googleの取得した特許

本やネットを読みまくって、ここまでの方法以上にSEO情報を得たい場合には、上級者向けの内容ですが、Googleが取得した特許を読んでみるのもよいでしょう。

こちらのサイトでGoogleの特許を調べることができます。

まとめ

SEOの勉強するには、まず本で基本的な知識を得るとともに、本以外から最新情報をGoogleや海外のSEOメディア、SEOのプロから得る必要があるということを説明してきました。

SEOの本は、大体が内容が似ているので、それぞれのレベルに合わせて最適なものを厳選して読めばよいです。

それ以上に、自分でWEBサイトを作ったり、自分でキーワードを選んでコンテンツを書いてみることが大事だと思います。自分で記事を書いていくうちに、検索意図に答えられるコンテンツとは何なのか、ということがわかってくるでしょう。

WordPressブログの簡単な作り方を、以下の記事で解説しているのでよかったらどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました