SEO ライティング

SEOに強い文章の書き方まとめ。ユーザーとGoogleに最適化しよう

SEOの文章の書き方SEO

SEO(検索エンジン最適化)に強い文章を書くためには、「ユーザーファーストな文章」であることと、「検索エンジン(Google)ファーストな文章」であることが必要です。

基本的に、ユーザーの検索意図に回答するコンテンツをGoogleは検索結果の上位に表示します。Googleは、ユーザーの検索に対して最適な答えを提供することを使命としているからです。ユーザーの役に立たないページは評価されません。

また、Googleの検索エンジンによって評価される文章というのもあります。こう書くのがよい、とGoogleが推奨している文章のルールがあるのです。

この記事では、この「ユーザーファーストな文章の書き方」と「Googleファーストな文章の書き方」という視点で、SEOに強い文章の書き方を解説します。

SEOに強い書き方を教えられる理由

まず、これを書いている私が、なぜSEOに強い文章の書き方を教えられるのかを説明しますね。

私はWEB制作会社やSEOコンサル会社で働いてきました。業務のなかでコンテンツをたくさん書くなかで、上位表示にしたキーワードは数知れずあります。SEO関係の本は10冊くらい読みましたし、SEOライティングの方法をお客様に教えたりもしています。

前職の事例は出せないですが、建築系のメディアや弁護士系のサイトでも上位表示をしてきました。プライベートでは「三軒茶屋 ボイトレ」「狛江 注文住宅」などで上位表示しています。

これまでの経験と学習から、私が身につけたSEOに強い文章の書き方を解説していきます。

ユーザーファーストな文章の書き方

SEOでは、ユーザーの検索ニーズに答えることが重要です。Googleの使命から考えたら当然ですよね。そのためには、ユーザーが信頼できるベストな答えを提供しないといけません。

ユーザーにベストな答えを提供するためには、ユーザーファーストな書き方をしなくてはならないのです。この文章の書き方を解説していきます。

検索意図を知る

検索意図を知る
ユーザーに最適な回答を提供するためには、ユーザーの検索ニーズ、つまり検索意図を知らなくてはなりません

どのような思いで検索をしているのか、何を知りたいかを理解しなくては、答えを提供することもできませんよね。

検索意図というのは、検索キーワードに表れます。例えば、検索キーワードが「SEOとは」であれば、SEOの言葉の意味を知りたいということですし、「SEO 書き方」であればSEOに効果のある文章の書き方を知りたいのだとわかります。

つまり、検索キーワードに表れるユーザーの検索意図を理解する必要があるのです。

ユーザーを知る

SEOユーザー

検索意図を理解すれば、ユーザーのこともわかってきます。検索ユーザーはどれくらいの知識があるのか、どんな目的があるのか、どんな書き方をすれば最も理解できるのか、ということがわかってくるのです。

例えば、「SEOとは」という検索をしている人は、知識のない初心者である可能性が高いです。このような人に「Googleのアルゴリズムに対して~」などの用語を使っても余計にわからなくなりますよね。

こういう人に説明するには「検索順位を決定している検索エンジンというものがあって、その検索エンジンの仕組みに最適化することなんですよ」みたいにかみ砕いて説明した方がいいですよね。

そして、「SEOとは」という検索をしているということは、最近WEBサイトを担当することになったか自分のブログを作ったかで、WEBサイトの順位を上げたいという目的があるのだとわかります。

つまりユーザーを知ることで、検索ユーザーがどのような知識レベルなのか、どんな目的があるのかを知ることができるのです。

実際の検索結果をチェック

検索結果画面
ここまでで、SEOでは検索意図とユーザー理解が大事なことがわかったと思います。でも、自分で予想した検索意図とユーザーなので、本当にこれが正しいのかはわかりません。そこで、実際の検索結果をチェックします

検索結果に上位表示されているサイトというのは、現在Googleに評価されているページです。上位表示サイトにはユーザーが求める答えがあるからこそ、Googleが上位に表示しているのです。

上位サイトを実際に見ることで、自分の予想していた検索意図とユーザー像が合っているかを確かめます。

見出しや文章を見れば、ユーザーに対してどのような回答をしているか、ユーザーの検索意図に答えられてないポイントがあることにも気づくでしょう。それを自分のページに追加していきます。

裏付けを書く

ユーザーの検索に対して回答をするには、信頼できる「裏付け」が必要です。裏付けとは、誰がこの文章を書いているのか、何が根拠なのか、ということです。

例えば、病気の予防方法を医師が書くのとブロガーが書くのでは、その信頼性が全く違いますよね。信頼性のないページをGoogleは評価しません。

著者がその分野に関してキャリアや実績があることや、信頼性の高いサイトや文献から根拠を引用していることを明示すべきなのです。

具体例を書く

例
ユーザーファーストな文章を書き方としては、具体例を入れるのがよいです。「例えば~」や「例としては~」などのように具体例を書くということです。

検索するということは、ユーザーは知識が劣る状態です。だからこそ、説明が難しかったり意味がわからない箇所があると、すぐに読むのをやめてしまいます。あなたも文章の途中でページを読むのをやめた経験がありませんか?

そして、みんなが途中で読むのをやめるようなページは、SEOでは評価されません。これを防ぐのが、「具体例を書く」ことです。

具体例を書くことで、わかりにくい概念もユーザーは理解できるようになります。

具体例によって理解すれば、ページを最後まで読んでくれますし、シェアしてくれるかもしれません。SEO的にはそういったページの方が評価されます。

視覚的な要素を見直す

画像や動画
画像や動画など、視覚的な要素を入れるというのも大事です。文章の説明だけではわかりずらい内容も、画像や動画などの視覚的な要素によってわかりやすくなります

このようなユーザーの理解を助ける視覚的な要素は、ユーザーの離脱率を下げ、滞在率を上げますので、SEO的にも行った方がいいです。

文章のなかで重要なところにマーカーを引いたり、赤字や太字にするというのも、ユーザビリティを向上させるので行った方がいいです。

箇条書き・表を利用する

手順の説明やポイントを紹介する時には、箇条書きや表を利用することで、ページの内容を簡単に一覧にできます。箇条書きや表とは、以下のようなものです。

  • ポイント1
  • ポイント2
  • ポイント3
表の見出し内容内容
表の見出し内容内容
表の見出し内容内容

このような箇条書きや表によって、ホームページの内容の全体像をつかむことができるので、ユーザーの理解を助けてくれます。

結論を先に述べることにもなるので、SEO的にもよい書き方にもなります。

文章の校正をする

校正をしている手
文章の校正も重要です。文章におかしなところがあると、それはユーザーのストレスになり、読まれる確率が下がります。下記を最後にもう一度確認しましょう。

  • 誤字脱字はないか
  • 同じ言葉が続かないか
  • 接頭語が多すぎないか
  • 語頭と語尾がつながっているか
  • 意味不明な箇所がないか
  • 検索意図のワードは使えているか
  • 検索意図に回答できているか

また、ユーザーの気持ちになって読み直すことで、検索意図から漏れているポイントを見つけられることもあります。

文章の校正によって、ユーザーの滞在時間も伸び、離脱率が下がりますし、SEOの評価も上がると考えられます。必ず1度2度は見直しをしましょう。

検索エンジンファーストな書き方

SEOに強い文章を書くためには、ユーザーファーストな書き方だけでなく、Googleの検索エンジンファーストな書き方をしなくてはなりません。

ここでは、検索エンジンから評価されるSEO的な文章の書き方を解説していきます。

英文ライティングを取り入れる

英語の本
SEOに強い書き方のなかでかなり重要なのが、この英文ライティングです。

検索エンジンは、コンテンツの中で重要なことが書いている箇所を、統計から大体把握しています。それは以下です。

  • タイトル
  • 見出し
  • 段落の先頭部分
  • 段落の終わり
  • 第一段落
  • 最終段落

これらの箇所に重要なことを書くというのは、英語圏の文章の書き方です。Googleの検索エンジンは英語圏で開発されました。だからこそ、上の箇所に書いている内容を、重要度の高いポイントとして評価しているのです。

この書き方はユーザーによってもメリットがあります。その部分だけを流し読みすればいいので読みやすいですよね。つまり、英文ライティングはユーザーファーストな書き方でもあるのです。

SEOを行う時には、タイトルや見出し、段落の先頭などに重要なことを書いたり、キーワードを入れるという英文ライティングを、必ず行うようにしましょう

最適な文字数で書く

SEOに強い文章の書き方でよく言われるものに、「文字数は多いほどよい」というものがあります。これは大きな間違いなので、直ちに認識を改めてください。

SEO的に文字数で大事なことは、「最適な文字数」にするということ。というのも、検索意図によってたくさんの文字数が必要な場合と、少しの文字数でいい場合があるからです。

例えば、「紙飛行機の折り方」であれば1000字もかからずに説明できると思います。これに10000字もかけて説明しているページがあるとどうですか?その文章は読みにくいし、検索意図から外れたことを書くことになりますよね。

GoogleのSEOスターターガイドのなかで、「テーマに応じた適切な量のコンテンツを提供する」と書いています。

このように、検索意図に対する最適な文字数があるのです。その文字数で書くように意識しましょう。このSEOと文字数の関係、最適な文字数の見つけ方は以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

実際に、必要ないのに大量の文字数を書いた記事は、検索順位がつかなかったりしますのでご注意ください。

共起語を使う

SEOに強い文章の書き方においては「共起語」も重要です。共起語とは、あるキーワードについて解説する時に同時に利用される単語のことです。

Googleはページ内の文章を読んで検索結果の順位付けをしているのではなく、ページの中のあらゆるキーワードの比率とビッグデータによって検索順位を作成しています。

ですので、この共起語がうまく文章のなかで使われるような書き方をすると、SEOで評価される可能性が高まります。共起語の使い方やツールは、以下の記事で解説しているので参考にしてください。

「こそあど」言葉を避ける

こそあど言葉
検索エンジンは「これ」「それ」「あれ」「この」「その」「あの」などが何を表すかが理解できません。文脈を読み取って理解するのが難しいのです。

ですので、「こそあど」言葉はなるべく使わずに、使いそうになった場合は何を表すかの単語を書くようにしましょう。

例えば、「これは~」→「私が食べたリンゴは~」などのように具体的に何のことを指すかを明示するということです。

リンクテキストにキーワードを入れる

検索エンジンはリンクを重視します。リンクはWEBサイトならではの機能なのですが、リンクされるページというのは、多くのサイトから引用されているということであり、信頼性が高いとみなされます

検索エンジンは、リンクテキストによって遷移先のページに何が書いているのかをチェックしています。だからこそ、ページから他のページにリンクを張る時のリンクテキストには、遷移先のページで上位表示したいテキストを入れるようにしましょう

特に内部リンクを張る時には、「詳細はこちら」ではなく、次のページに何が書いているかわかるような文章でリンクを張りましょう

拡散されるような書き方をする

SNS
多くの人から拡散されたり引用されているような記事というのは、人気が高いと考えられSEOの効果があります

基本的にSNSというのは被リンク効果はないですが、ネット上に関連するキーワードが増えるのでサイテーション(引用)効果が出るのと、SNSのAPIによってリンクを得ることができます。それによって、一定の評価が与えられている可能性があります。

ユーザーファーストな書き方をすれば自然と拡散されますが、あえて興味を引くタイトルや煽るようなタイトルを利用するというのもひとつの手です。

また、はてなブックマークは被リンクにnofollowがついていないので、SEO効果があります。はてなブックマークで拡散されるように狙っていくのもよいですね。

独自性を盛り込む

Googleは、ガイドで「ユーザーに付加価値をほとんどもたらさない、既存のコンテンツの焼き直し」は避けるべきと書いています。そして「新鮮な独自のコンテンツを作成す」べきとしています。
参考:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

だからこそ、他のサイトにない解釈や主張、自分の体験などを盛り込んでいくことが重要になります。あなたのサイトだからこその情報を書いていくことで、SEOを強化することができます。

専門性を高める

ドクター
ページの文章を書いている人やページの内容に専門性と権威性を持たせることで、SEOに対して有利に働きます。

専門性と権威性がサイトの質を向上させます。サイト内のコンテンツは、そのトピックの専門家が作成または編集するようにしましょう。

参考:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

資格や実績があるような場合には、ページ内に記載するようにしましょう。読んでいる人も、そのような専門性が高い人が書いている文章の方を信頼します。構造化データで誰が書いているかを明示するのもよいでしょう。

資格などがない場合でも、信頼性の高いサイトの文章を引用したり、リンクをもらうような工夫をすることで、専門性を高めることができます

まとめ

今回は、SEOに効果的な文章の書き方を、ユーザーファースト・検索エンジンファーストの両面から解説しました。

ユーザーが本当に求めているコンテンツを提供することと、Googleの検索エンジンの評価システムに合わせた文章の書き方が重要だとわかっていただけたかと思います。

文献やネットを調べたり、仕事でSEOライティングを行うなかで、これらを両立させたコンテンツというのが、Googleから評価される文章の書き方だと私は思っています。

SEOライティングを身につけるための方法や、SEOライティングのノウハウは以下にまとめているので、よかったらこちらも読んでみてください。

また、私はSEOライティングも行っています。記事のライティングが必要な方はお声がけください。

タイトルとURLをコピーしました