SEO ライティング

【初心者でもわかる】SEOライティングのプロのノウハウまとめ

SEOライティング方法SEO

ブログやWEBメディアなどを運営する時には、SEOライティングは重要です。ページの検索順位を上げないと、ユーザーを増やせないからです。

SEOライティングによって検索順位を上げられれば、集客を大きく増やせます

私は仕事で何百記事とSEOライティングを行うことで、集客を実現してきました。それによって、SEOライティングのノウハウがわかりました。

でも初心者の人は、SEOライティングについて以下のような疑問を持っていると思います。

  • SEOライティングにはどんな知識が必要なの?
  • SEOライティングって具体的に何をすればいいの?
  • SEOライティングを学ぶには何を読めばいいの?
  • 効果があるSEOライティングのテクニックは?

このような初心者の疑問に対して、SEOライティングの細かなテクニックよりも、SEOライティングの考え方やSEOライティング習得までの道筋を解説します。

SEOライティングを教えられる理由

まず、これを書いている私が、なぜSEOライティングを教えられるのかを説明しますね。

私はこれまでWEB制作会社でディレクター、WEBメディアの編集者、SEO会社でSEOコンサルとして働いてきました。

その業務のなかで色んなサイトのページを作成し、上位に表示してきた経験の中で、SEOライティングのノウハウを得ました。

前職での実績は出すことができませんが、プライベートなものだと「狛江 注文住宅」「徳島 頭痛外来」「世田谷 ボイトレ」「企業ブログ 書き方」「ダメ社長」などのキーワードで上位表示しています。

このように成果を出している私のSEOライティングノウハウを解説します。

SEOライティングの前に知っておくべき考え方

SEOライティングの考え方
SEOライティングの学習をする前に、知っておいた方がいい考え方があります。

これを知っておくことで、SEOライティングの成果が変わりますし、SEOライティングを学んでいく際の挫折を防ぐことができると思います。

SEOライティングの目的とは?

そもそも、SEOライティングの目的とは何でしょうか?

これを間違ってしまうと、初心者でもSEOライティングができるようになったとしても、本来の目的が達成できないということになってしまうので注意が必要です。

SEOライティングの目的とは、「検索順位を上げてビジネスの目的を達成すること」です。

これを捉え間違って、SEOライティングの目的を「検索順位を上げること」と考えてしまうと、ビジネスの本来の目的を達成できません。

あるキーワードでの順位ばかり気にして、サイト全体のアクセス、ビジネス全体の成果達成が無視されることになるのです。

例えば、対象のビジネスにおいて記事への集客よりも、別の広告手法の方が成果を出せるという場合には、SEOライティングを行わなくてもよいです。また、SEOライティングで順位を上げても、ほとんど検索需要のないキーワードではライティングしても意味がないです。

SEOライティングは、ビジネスの目的を達成するためのあくまで1つの手段であると考えましょう。

Googleが評価するコンテンツとは?

SEOライティングでは、Googleの検索エンジンに評価されるコンテンツを書かなくてはなりません。

Googleは検索サービスをユーザーに利用してもらうために、検索サービスの質を向上しています。

だからこそ、検索結果で評価されるページとは、ユーザーの検索に最も回答できているとGoogleが考える記事なのです。

SEOライティングでは、ユーザーの検索に対して最も適切に回答できるコンテンツを目指さなくてはなりません

継続が大事

SEOライティングでは、とにかく継続が大事です。コツコツと継続しなければ、身につけることができません。

だからこそ、SEOライティングは習得までに時間と労力がかかります。たくさんの時間と労力が必要になるので、途中で心が折れそうになることもあるかと思います。

私自身も、途中で何度も挫折しかかりました。ですが、どうにか諦めずに、多くの本を読み100記事以上書いてようやくできるようになりました。

このように、SEOライティングはすぐにできるものではなく、長い時間と労力がかかるということを理解しておきましょう。初めから時間がかかるとわかっていれば、焦ることもなく気長に続けることができます。

成長曲線と同じで、スケールするまで時間はかかりますが、一度できるようになると一気に成長は加速します。とにかく楽しみながら継続しましょう。

SEOライティングを成功させる方法

SEOライティングをマスター
初心者がSEOライティングをできるようになるまでに学ぶべきことを解説していきます。

SEOライティングをマスターするには、たくさんの知識とスキルが必要になります。

全部を身につけるには時間がかかりますが、焦らず少しずつクリアしていきましょう。

SEOを知る

初心者がSEOライティングをするには、SEOの概念を知らなくてはなりません。

Googleの検索エンジンがどのような仕組みで検索順位をつけているのか、どのようなコンテンツが評価されるのかを知ることができます。だからこそSEOを知ることで、どんなライティングをすればいいのかがわかってくるのです。

SEOを学ぶには、本で基礎を学び、最新情報をGoogleの公式発表やGoogle社員の発信する情報から学ぶのがよいです。

SEOを習得するための本と最新情報源は、以下のページで解説しています。

検索キーワード調査をする

SEOライティングをする時には、どのようなキーワードで検索された時に上位表示を狙うべきかを考えなくてはいけません。

上位表示するための検索キーワードを間違うと、全く成果が出せないということになってしまいます。

検索キーワード選定のノウハウを学べば、より上位表示率が高まります。キーワード選定のノウハウを知ってから、キーワードを考えましょう。

ライティングをする

SEOライティングで対策を行う検索キーワードが決定したら、実際にコンテンツを書いていくことになります。

SEOで評価されるためには、読者のニーズに応えるページでなくてはなりません。そのためには、伝わる文章が書けなくてはいけません。

まずはライティングの基礎的なルールやテクニックを学んで、そこからさらに読者に伝わるように工夫をしていきましょう。

とにかく書く

初心者がSEOライティングを習得するには、やはり経験が必要になります。

多くのコンテンツをライティングして数をこなすことで、ユーザーニーズの捉え方、SEOで評価される書き方、コンテンツの構造の作り方などがわかってきます。

ユーザーと検索エンジンの両方から評価されるライティングが大事なのですが、たくさん書くことでそのポイントを学ぶことができます。

下記のページでは、ユーザーと検索エンジン両方に評価される書き方を解説していますので参考にしてください。

継続的にコンテンツを書き続けるようにしましょう。数をこなすことで確実にSEOライティングのスキルは高まります

1か月に何記事と決めてブログを書いたり、副業としてライティングの仕事を受けるというのもおすすめです。

リライトする

コンテンツを書いた後には、各ページの検索順位を計測して、順位が悪いものの修正・リライトを行います。

SEOライティングにおいて、検索結果で上位表示するためにはリライトがとても効果的です。

ページのリライトによって、初めに書いた時のページをよりユーザーニーズに合わせることができますし、SEOでの評価を高めることができるのです。

リライトをしなければSEOで成果は絶対に出せない、というくらい重要なポイントなので、必ず学びましょう。

SEOライティングでよくある間違い

SEOライティングの間違い
SEOライティングでは、多くの人が様々な推論をしています。

「こう書くとSEO効果がある」というように自説を説明します。しかし、たいていはGoogleが否定しているもので、都市伝説的な迷信です。

こういった迷信を信じてしまうと、間違ったSEOライティングになってしまいます。ここでは、初心者の人が信じてしまいがちな間違いを紹介します。

毎日更新が大事

ブロガーの人は、毎日更新や2日に1回更新をすることでSEOの評価が上がると言ったりします。ですが、これは間違いです。

確かにGoogleは更新性によって評価を与えることもあります。しかし、それはあくまで継続的に更新をしているかであり、短い頻度で更新をしているからといって評価を上げるというものではありません

そして、多くの人は更新することが目的になってしまい、内容の薄いコンテンツを作成して満足する傾向にあります。

ユーザーニーズに答えられないページを作成するくらいなら、何日かかけてニーズに答えられる1ページを作った方がよいです。

文字数は多ければ多い程いい

多くの初心者の人が信じているのが、これです。文字数が多いほど検索結果が上がりやすい、というのは間違いですので気をつけてください。

文字数が多い程上がりやすいのであれば、上位表示しているページはすべて文字数がとても多いことになります。ですが、多くの1位のサイトは文字数が多いわけではありません。

文字数が多くて上位表示されているページというのは、ユーザーへの回答にその文字数が適正だったからこそ上位表示されているのです。

つまり、検索キーワードに対して適正な文字数で回答することが重要なのです。

キーワードを多く入れるべき

コンテンツ内に、自分が上位表示したい検索キーワードをたくさん入れるのがよい、という説もありますが、間違いです。

これも文字数と同じで、キーワードをたくさん入れたページが上位表示しているわけではないので、間違いとわかるでしょう。キーワードに関しても適正な割合があるのです。

ただし、世の中で「3%がいい」とか、「いやいや、5%が最適」と言われているように、決まった割合はありません。その検索キーワードごとに、最適な割合があるのです。

さらに検索ワードだけの割合を見ても、上位表示することはできません。関連するキーワードである、共起語に注目する必要があります。

キーワードをたくさん入れすぎると、評価を下げられることもあるので注意してください。

descriptionにキーワードを入れるべき

meta descriptionタグに、検索キーワードを複数入れた方がいいという説もありますが、これも間違いです。

検索エンジンはdescriptionタグの内容を、検索順位付けの評価には一切使っていませんので、いくら入れようが影響はありません

むしろたくさんキーワードを入れてしまうと、詰め込みキーワードと判断させる可能性があるのでやめましょう。

descriptionは、検索結果でのユーザーのクリック率には影響を与えるので、ひとつくらい検索キーワードは入れておいた方がいいでしょう。

動画や画像で説明する

動画や画像で説明しているので、テキストでそんなに説明しなくても、SEO的に評価されると考えている人がたまにいます。

Googleの検索エンジンは、動画や画像の内容を理解することができません。ですので、それらでいくらユーザーのためになることを説明していたとしても、テキストで書かなくては一切評価されません。

動画や画像の内容は、なるべくテキストで掲載するようにしましょう

SEOライティングによって得られるものとは?

SEOライティングで得られるメリット
初心者の方は、SEOライティングを習得するまでに多くの時間と労力がかかりますが、できるようになると大きなメリットがあります。

それはずばり「収益が得られる」こと。SEOライティングができるようになれば、法人でも個人でもお金を稼げるようになります。

企業であればSEOライティングを使って自社のWEBサイトに集客ができますし、ブロガーやアフィリエイトであればアクセスを集めて利益を得られます。

そして、SEOライティングのすごい所は、書いたページが資産として残っていくというところです。SEOライティングで集客できるページを作れば、それは資産としてサイトがある限り永遠に利益を生み出し続けます。

つまり、SEOライティングができるということは、金のなる木を作るということなのです。

まとめ

ここまで、初心者の方に向けてSEOライティングの考え方、SEOライティングを成功させるための方法、SEOライティングのよくある間違い、メリットを解説しました。

WEB集客において、SEOライティングは非常に重要な要素です。WEBサイトを作るなら、必ずテキストはSEOライティングで書いた方がいいです。

今回のSEOライティングノウハウを利用して、サイトに集客してくださいね!

ちなみに私はSEOライティングのご依頼も受けています。検索から集客できる記事が欲しいという方は、ぜひ音合わせください。

Yutaro Okiをフォローする
ひと集めアカデミー|SEO・マーケティング・ネット集客を教えるメディア
タイトルとURLをコピーしました