SEO ライティング

SEOライティングの外注の方法!これを知っておくと失敗なしです

SEOライティング コツSEO

メディアを運営していて、検索からのアクセスを獲得したい場合には、SEOライティングをできる人に外注するのがよいです。

SEOライティングができるように社内の人材を育てるのもいいですが、専門的な知識が必要ですし、習得するまでに時間がかかりすぎてしまいます。

SEOライティングができる人材に依頼することで、社内での育成コストなしに品質のよい記事を公開することができます。

SEOライティングを外注するメリット

外注のメリット
SEOライティングを自社で行うのは、ある程度のスキルや知識の蓄積が必要です。それがない時には、社員を育てるよりも外注した方がメリットがある場合もあります。

時間短縮

SEOライティングを外注することで、記事公開の時間を短縮することができます。

SEOライティングというのは、キーワード調査や競合サイト調査などが必要ですので、ひとつの記事を書くのにかなりの工数が必要です。

それを社内の人間でやるとなると、正直、割に合わなくなってしまいます。

単価の安いフリーのライターなどに外注することで、自社の時間を使わないで済むのが大きなメリットです。

品質担保

高い品質のSEOライティングを行うには、ライティングスキルだけでなく、SEOの専門的な知識が必要です。

SEOは検索エンジンに最適化することなので、検索エンジンに評価される書き方をしなくてはならないのです。知識がなければ、検索結果で上位表示する記事は書けません。

SEOライティングは、できる人とできない人の差が激しいです。

できる人に依頼した場合、高い品質の記事を納品してもらえるというのが、外注する大きなメリットです。

記事数を増やせる

SEOライティングを外注すれば、自分たちでやるよりも記事数を増やすことができます。

メディアやブログの記事を自分で書くというのは、とんでもなく大変です。私はこのブログの記事を自分で書いていますが、2日に1本の記事を書くだけでもヒーヒー言ってます。

企業のブログだったとして、それを自分たちで更新する場合には、業務時間内にやらなければいけないので、そんなに記事数を増やせないと思います。

外注することで、自分でやるよりも早いペースで記事数を増やすことができるのです。

ノウハウを得られる

SEOライティングを外注することで、SEOライターが使っているノウハウを得ることができます。

ライターごとに上手い書き方やSEO的な書き方など、テクニックが盛り込まれます。そういったテクニックを盗むことができるのです。

また、記事を公開した後に順位の推移をとっておけば、どのようなコンテンツが評価されるのかもわかるようになります。

ライターのノウハウを得られるのは、外注する大きなメリットなのです。

SEOライティングを外注するデメリット

デメリット
SEOライティングを外注すると、ライターに記事を書いてもらうための様々なコストが発生しますのがデメリットです。

費用

SEOライティングを外注すると、もちろんですが費用がかかります。

SEOライティングのライターはSEOの専門知識が必要なのと、SEOライティングには調査の時間がかかるので通常のライターよりも費用が高くなります。

上位表示したいキーワードによっては、〇万文字が必要になることもあり、1記事で5万円~10万円が必要になることもあります。

メディアには記事数が必要なので、すべての記事を外注した場合、大きな費用がかかってくるのです。

コミュニケーション

ライターにこちらの希望通りの記事を書いてもらうには、様々な準備とコミュニケーションが必要になります。

上位表示すべきキーワードの選定、記事構成の作成、ターゲット像、トンマナなど、細かな指示書を作成しなければこちらの意図する記事を書いてもらうことはできません。

また、記事が納品された後にはチェックをして、変更点がある場合には連絡をして修正してもらわなくてはなりません。

こういったライターとのコミュニケーションコストもばかになりません。

外れがある

SEOライティングを外注していると、どうしても外れを引くことが出てきます。

SEOライティングというのは、正しい文章を書く技術とSEOの知識、検索エンジンに最適化したライティングのスキルが必要です。

これら全てを習得しているライターの数は限られますので、スキルのないライターに外注してしまうことも出てきます。

そのような外れのライターに依頼した場合、日本語がおかしかったり、検索で表示されずらかったりと品質の低い記事が納品されることになるのです。

成果がすぐに見えない

SEOライティングでは、納品されてからサイトで公開します。公開してから、Googleにちゃんと評価されるまでには時間がかかります。

Googleは新しく公開されたコンテンツに対しては評価を下げて、時間が経ってから本来の評価をします。

SEOライティングの成果は、3~6か月くらい経たないとわからないというデメリットがあります。

SEOライティングの外注先の探し方

SEOライティングの外注先を探すのって、どこを見ればいいかわかりませんよね。そんなあなたにおすすめの方法をお教えします。

マッチングサイトを探す

スキルの高いライターを探すにはマッチングサイトで探すのがおすすめ。

ただし、よく紹介される「クラウドワークス」や「ランサーズ」はやめておいた方がいいです。

私は仕事でSEOライティングを、ランサーズの評価が高いライター外注したことがありますが、散々でした。SEOの知識どころか日本語も怪しい状態で、私の方で書きなおさなくてはなりませんでした。

ですので、マッチングサイトで探す場合には、プロの人材が集まるサイトを探さないといけないのです。

サグーワークス

SEO事業を行っているウィルゲートの記事作成サービスです。在宅ライター専門のサービスで10万人以上のライターが登録しています。

コンテンツマーケティングを10年以上行ってきたことで、SEOで成果を出せる記事を提供してくれます。

比較的低価格でSEOライティングを行ってくれますし、記事構成だけの依頼も可能なので、費用を抑えながらSEOライティングを外注できます。

CARRY ME

「CARRY ME」はプロ人材に業務委託で仕事を依頼できるマッチングサービスです。

活躍しているプロ人材が多く登録しているので、実績がある人に依頼でき安心です。

記事単位ではなく、月額制の契約になるので、若干費用はかかる傾向があります。

ブログを探す

本当にSEOライティングの実力がある人材に依頼したいのであれば、ネット上で上位表示記事を作成している人に依頼するのがおすすめ。

自分の業界の検索キーワードで検索してみて、上位にあるブログを探してみましょう。

そのブログを書いている人が他の記事でも上位表示をしているようであれば、SEOライティングの力があるのは間違いないでしょう。

ブログの問い合わせフォームやSNSからアプローチして、記事を書いてもらえないか問い合わせてみましょう。

ライターに確認すべきこと

確認すべきこと
SEOライティングを外注する際には、そのライターに本当に実力があるかを知りたいはず。そんな時には、ライターに質問をすることで、実力を測りましょう。

また、契約後のやり取りや納期などに関しても、あらかじめ聞いておくのがよいです。

過去の実績

SEOライティングの実力を知るには、過去に書いた記事がどのような検索キーワードで何位にあるのかを知るのが一番です。

実績を知ることで、日本語をきちんと使えているか、SEOライティングができているかを確認できます。

経歴

経歴を確認することで、ライターの得意とする分野がわかりますし、ライター歴が何年なのかもわかります。

これまでにどういった職業を経験してきたのか、どういった媒体で書いてきたのか、どういった想いでライターを志したのかを聞いておきましょう。

日常会話

日常会話などのコミュニケーションを行いましょう。それによって、契約後にちゃんとやり取りができるかどうかがわかります。

コミュニケーションが苦手なタイプだと、修正のやり取りや指示出しの部分でうまくくみ取ってもらえない可能性があります。

環境

家族や労働環境、稼働時間を聞いておくことで、ライターさんにどれくらいの記事を依頼できるか、納期をどれ位とればいいかなどがわかります。

ライターさんに連絡がつく時間帯や連絡の取れるツールなども確認しておけば、後々のやり取りが楽になります。

最新情報

SEOというのは、Googleのアップデートによりすべき施策が変わってきます。ライティングにおいても、書き方が変わってくる可能性があります。

最新のSEO情報を、ライターさんが得られているかを確認しておきましょう。

SEOライティングの外注で指示すべきこと

指示する道しるべ
SEOライティングを外注する時には、ライターさんに指示を出さなくてはいけません。

指示がもれていると、こちらの意図とは違う記事が納品されてしまう可能性があります。手間がかかっても指示書はしっかりと作成しましょう。

ゴール

何のキーワードで流入させたいか、というのはもちろん書きますが、そのユーザーに記事を読んでどうなってもらいたいか、というゴールも書いておきましょう。

その記事を読んで商品のことを購入したくなってもらうのか、さらに他のページを読んでもらいたいのか、問い合わせしてもらいたいのかなど、目的を明確にすることでSEOライティングで行うことも変わってきます。

ユーザーの望みをかなえられる記事がGoogleから評価されるのです。

ターゲット

その記事で読ませたいターゲットの人物像を伝えておいたほうがいいです。

性別・年齢・職業・家族構成・記事を読むシーンなどのペルソナ像を指示しておくことで、ターゲットが知りたいだろう情報がわかりますし、語調や文体が決まってきます。

SEOで成果を出すには、読者が求める情報を提供することが大事なので、ターゲット設定は特に重要です。

トンマナ

「です」「ます」などの接尾語や自分の呼び名、明るく元気なのか落ち着いた語り口なのかなど、文体をある程度指示した方がライターとしてもイメージしやすいです。

単語表記の統一もひらがな・カタカナ・英数字のどれにするのか、見出しの構成やルールなどを決めておくことで、SEOにも有効に働きます。

トンマナは他の記事とも統一性を保つことができるので、メディアを運営する場合には注意しましょう。

納期や本数、文字数などの条件

納期や依頼記事の本数、各記事の文字数、単価など、条件面はもちろん指示としてまとめておきましょう。

依頼時は、納期はある程度余裕を持たせ、文字数は「〇〇文字~〇〇文字×〇本」のように、幅を持たせて依頼をするのがおすすめです。

必ず何文字以下と言ってしまうすと、ライターさんが書くべきと思った情報を制限してしまう可能性があるからです。

イメージコンテンツURL

コンテンツの完成イメージがわかるページのURLを送ると、ライターさんとイメージを共有することができます。

ノウハウ提供型の記事なのか、意味を説明する記事なのか、評判をまとめる記事なのかなど、イメージがしやすくなります。

SEOライティングでGoogleが評価するコンテンツとは?

Googleの提供している「検索品質評価ガイドライン」によると、SEOにおいて高評価を得られるコンテンツの条件とは、以下だと書かれています。

  • 高度のE-A-T
  • 十分な量の、高品質なメインコンテンツ
  • 十分なWebサイトに関する情報。物の売買や金銭取引が主目的のWebサイトの場合、さらに「ショップの責任者情報」「カスタマーサービス」などがあることが望ましい
  • メインコンテンツの責任者であるWebサイトの良い評判の保持

SEOライティングを依頼するときには、専門性・権威性・信頼性を示せているか、十分な量があるか、品質はよいかなどをチェックするようにしましょう。

まとめ:SEOライティングの外注先はしっかり選ぼう

SEOライティングは、人の力に依存する部分が大きいです。そのライターさんに実力があればSEOで成果を得られますし、SEOで全く成果がでない場合もあります。

ぜひデキるライターさんを見つけて外注するようにしましょう。

また、SEOに関して自分が知識を持っていないと指示を出すこともできません。積極的にSEOの勉強をするようにしましょう。

私もSEOライティングを行っておりますので、よかったらご相談ください。

Yutaro Okiをフォローする
ひと集めアカデミー|SEO・マーケティング・ネット集客を教えるメディア
タイトルとURLをコピーしました