集客

田舎での集客方法・考え方まとめ!田舎でも集客できる

地方での集客集客

田舎の方から、「集客できない」「集客が大変」という話を聞くことがあります。

確かに少子高齢化や人口減少の影響もあり、シャッター街などのように集客が厳しくなって廃業するというニュースも見ます。

ですが、私がこれまでにお手伝いした方の例を見ると、田舎の集客はそんなに難しくない、むしろ楽なのではないかと感じています。

ここでは、以下のように思っている人に田舎の集客を解説します。

  • 田舎って人口も少ないし集客できないんじゃ…
  • 田舎の業者はどうやって集客すればいいの?
  • 田舎ってどんな人をターゲットにすればいいの?

田舎で集客が難しくない理由

田舎でも集客できるというのは、私がこれまでに多くのお客様の集客をお手伝いしたからわかったことです。

実際にどれくらい集客できているかというと、徳島のクリニックのWEBサイトで集客したお客様は2019年は以下のようなアクセスを得ています。

徳島 クリニック

こういった経験からわかった、田舎の集客がそんなに難しくないと思う理由は以下です。

競合が弱い

競合店
田舎では競合の数が少ないですし、弱いことが多いです。

田舎では商品力が弱いのに開業している業者が多いですし、差別化できていない業者も多いです。

そして、集客施策をしっかりと行っている競合は少ないですので、競合のマーケットを奪うことができるのです。

選択肢が少ない

選択肢
田舎では、同じ業界の競合の数が少ないので、お客さんは限られた業者から選ぶしかありません。

つまり選ばれるチャンスは都会よりもあるのです。ちゃんと集客施策を行えば、お客さんに来てもらうことができます。

選択肢が少ないということは、価格競争にさらされにくいというメリットもあります。

商圏が広い

田舎の場合、都会よりも広い商圏で集客ができます。これは疑われるかもしれませんが、事実です。

例えば、歯医者さんで矯正をしようと考えた時、ネットで「地名+矯正」で検索すると思います。

田舎であれば、「市名+矯正」「県名+矯正」での検索に表示できることが多いですが、都会の場合には難しく、せいぜい「駅名+矯正」「区名+矯正」で表示するくらいです。

このように田舎であれば広い範囲から集客ができるのです。

田舎の集客に活かせるヒント

田舎には田舎独自の特徴があります。その特徴をヒントにして上手く利用すれば、集客を成功させることができます。

車の利用が多い

下記は、電車の年間利用回数とマイカー通勤・通学率のデータのグラフです。

田舎の車の利用

参考:ビッグデータレポート – ヤフー株式会社

都会以外の地方や田舎では、通勤や通学に車が圧倒的に利用されています。

車社会である地方のこのような特徴は、集客においても大きなヒントをくれます。以下をすぐに思いつきます。

  • 駐車場は必須
  • 車がよく通る場所に広告を出すべき
  • アクセス情報を掲載すべき
  • 主要駅の近くになくても集客ができる
  • 運動不足が増えている
  • 病気になった時など外に出れないことがある
  • 免許返納をした高齢者は不便

集客施策を行う時には、この特徴を踏まえれば、より効果的な方法を考えることができます。

例えば、看板を出すなら幹線道路沿いに立てるべきですし、WEBサイトにはアクセス情報を記載し、駐車場の有無は書くべきです。

少子高齢化

田舎では少子高齢化によって、子供の割合が減り、高齢者の割合が増えています。

以下のデータは平成22年のものですが、この時点でも割合としては増えていますが、首都圏も大きく増えています。
田舎の高齢化

ビジネスを行う場合には、ターゲットの人口の方が大事なので、確実に増えている中年~高齢者をターゲットにするのは、ひとつの手だと思われます。高齢者に配慮した商品や広告が重要です。

人件費や単価が安い

田舎は東京よりも人件費が安い傾向にあります。ですので、コストを抑えながら人を雇うことができます。

ブログやメディアサイトを作る場合に、記事を書くスタッフを雇ったり、チラシを外注せずにスタッフに作ってもらうこともできます。

また、物価や土地代が安いので、その分広告媒体の価格も抑えられます。

田舎の集客方法:アナログ編

田舎の特徴を活かして集客するための方法をまとめて解説します。

集客方法には、リアル環境で利用する「アナログの集客方法」とデジタル媒体による「デジタルの集客方法」があります。まずはアナログの集客方法を説明します。

看板

看板
車社会である田舎では、幹線道路沿いの看板によって一定の効果を見込めます。

土地に看板を建てるためのコストも安いので、店舗などは試す価値はあります。

ただし、看板を出す時には、道路から見えるように大きなものにしなくてはなりません。

チラシ

高齢者は、特に新聞の折り込みチラシを見ます。私の祖母などは、今でも新聞の折り込みチラシを毎日チェックしています。

都会なら少し移動すれば様々な店舗がありますが、お店の少ない田舎だからこそ地域の店舗の情報をチェックするのです。

ある程度年齢層の高いターゲットに向けての商材であれば、ポスティングや折り込みチラシなどは効果を発揮すると思われます。

新聞広告

折り込みチラシと近いものがありますが、新聞の紙面に掲載する新聞広告も効果が見込める可能性があります。

購買までのハードルが低い、低単価で検討期間が短い商品がよいでしょう。

ただし、全国紙と違って田舎紙は購読者が少ないので、費用対効果が合うようなら出稿する価値があるかもしれません。

田舎の情報誌

徳島の田舎紙
それぞれの田舎で、その県の情報を掲載している情報誌があります。

田舎の情報誌は、多くの県民が読んでいるので、集客が効果があると考えられます。特に飲食店などは、一定の集客が見込めるのでおすすめです。

発行部数や掲載料を確認して、問題なければ出稿してもよいでしょう。また、このような雑誌側から取材依頼がある場合もあります。

田舎の集客方法:デジタル編

人口の少ない田舎の業者こそ、デジタル媒体を利用すべきです。

通りかかりの客だけを集客するというのは難しく、ネットなどで購入意欲の高い見込み客を集客していかなければ、商売が成り立たなくなってきているからです。

WEBサイト

デジタル媒体を用いて集客をする場合には、まず公式サイトを作るのをおすすめします。

あらゆるデジタルでの集客において、公式サイトは核になるものです。田舎では競合と差別化するためにも、必ず制作するようにしましょう。

公式サイトを作るメリットはたくさんありすぎるので、以下にまとめています。読んでみてください。

公式サイトを作る時には、「エリアワード+目的語」のように集客する検索キーワードに対して、SEO対策を行いましょう。

オウンドメディア

公式サイトには、ブログのようなオウンドメディアを設置することをおすすめします。

記事を作成していくことで、様々なキーワードで検索ユーザーを集めることができるだけでなく、サイト全体を強くすることができます。

ただ、スタッフの紹介や休業日のお知らせ、何を食べたかなどを書くのではなく、ユーザーが知りたいことを書くのが重要です。

企業ブログの書き方は以下の記事で解説しています。

MEO

田舎のMEO
飲食店や美容室など、商圏が狭いビジネスの場合には、Googleマイビジネスを使ってMEOを行いましょう。

この施策はとても簡単にできますので、地図で検索されるようなお店はすぐにでもやった方がいいです。田舎であれば、対策をしている競合も少ないので、成果が出やすいといえるでしょう。

MEO(地図エンジン最適化)の方法は、以下の記事で解説していますので、ぜひやってみてください。

SNS

FacebookやTwitter、Instagramなど、ソーシャルメディアを利用して集客する方法です。これは、SNSのフォロワーがたくさんいるアカウントがあれば、集客をすることができます。

例えば、SNSでフォロワーが1万人いた場合に、商品の情報などを流した場合、0.5%が購入したと考えると、50人が買ってくれることになります。

よく田舎の方はSNSで簡単に集客ができると考えていますが、SNSで集客ができるようになるのには、フォロワーを作る時間と労力がかかると思っておいた方がいいです。

サービスのターゲットの年齢に合わせてSNSを選ぶのがよいでしょう。

リスティング広告

検索に連動して、検索結果の上部に表示される広告のことです。短期間で出稿することができる広告手法です。

リスティング広告では、クリックに応じて課金されます。費用の上限を決めて広告を出せるので、低予算で広告を出したい人にもおすすめです。

リスティング広告はオークション制なのですが、田舎ではこの広告を出している競合も少ないので、単価も低いですし、クリックもされやすいのでおすすめです。

メディアサイト

田舎のメディアサイト
大体どの県にも、その田舎の情報をまとめているメディアサイトというものがあります。このような記事を書いてもらうというのも、集客効果があります。

そういったメディアには、定期的にそのメディアで県内の情報をチェックしている人たちがいます。

年代は若めにはなりますが、メディアサイトに掲載することで、そういったファンを集客することができるのです。

テレビCM

地方のテレビ局でCMを流す広告手法です。テレビは多くの人に一気に認知させることができる媒体です。

例えば、県全体の人口が100万人だったとして、視聴率が1%でも1万人に情報を届けることができるのです。

ただ、このテレビCMはコストがかかってしまいます。田舎局だと全国ネットよりも安いですが、それでもうん十万以上かかります。

テレビを見ている高めの年齢層にアピールする場合には効果的ですので、高単価の商品を扱っている、商圏が広いという場合にのみテレビCMを打つのはよいでしょう。

スマホ決済対応

現在、国はスマホ決済の導入を促進しようと、還元事業をおこなっています。

それによって、田舎の店舗においても加盟店が大きく増えています。田舎のお客様にも、だんだんとスマホ決済が浸透してきています。

スマホ決済を利用することで、ポイントの還元もあり、ユーザーは積極的に利用しています。田舎のお店もスマホ決済に対応することで、集客を増やせる可能性があります。

スマホ決済については以下で詳しく解説していますので、参考にしてください。

まとめ

田舎の女子
集客する時に考えるべき田舎の特徴、田舎の企業やお店が集客するための方法をまとめてみました。

田舎は人口減少などもあって、商売が難しくなっているのは確かです。しかし、県の人口くらいをターゲットにできればいくらでもチャンスはあります。

競合と差別化してうまく宣伝を行うことで、集客をすることができます。ぜひ今回の方法を利用して、稼いでみてください。

WEB集客の全体像については、以下の記事でマルっと解説していますので、よければ読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました