ブログ

ブログで集客できない時に直すべき考え方とポイント11選

ブログで集客できないブログ

ブログを運営している人のなかには、以下のような悩みを抱えている人も多いと思います。

  • ブログをずっとやっているけど全然アクセスが増えない…
  • ブログで成果が出ない理由を知りたい…
  • ブログの集客方法を教えてほしい

こんな悩みを持っている時には、どうやれば集客ができるのかわからなくて焦りますよね。

ここでは、ブログの集客で悩んでいる人が引っ掛かりがちな認識を解説するとともに、集客での正解をまとめました。

ブログで集客できないのは明らかな原因がある

明確な理由
私は過去に全く同じような悩みを抱えていたので、ブログで集客できない時の気持ちがすごくよくわかります。

おそらく、下記のようなループになっているのではないですか?

  1. ブログを書いても書いても集客できない…
  2. 原因がわからないから、色んな記事を見てみる
  3. どこのサイトも同じようなことを書いてる…
  4. 同じ方法で書きまくる→1に戻る

私は以前にブログ記事を書いていましたが、集客があまり増えませんでした。1年くらいかけて150記事を書いたのですが、月間2万PVくらいでした。

ネットではよく「100記事書いたら一気に増える」って言ってたのに…。なにが悪かったんだろ、と思っていました。

その後、仕事でSEOを学ぶようになって、その原因がはっきりとわかりました。当時のやり方をしていたら、そりゃ成果なんて出るわけないんです。

私が気づいた、多くの人がブログで集客をしようとしてもできない原因を、ここではマルっと解説します。

ブログの集客で伸び悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。

おそらく、これまでのやり方が間違っていたことに気づいて、明日からやる作業がかわりますので。

ブログで集客できない時に見直すべき考え方

ブログで見直すべき考え方

集客の仕組みを知ろう

ブログはどこから集客する?

ブログで集客するには、集客の仕組みを知らなくてはいけません。

ブログで集客をする場合に、ユーザーはどこから来るとあなたは思っていますか?

…自然検索結果ですよね。これは誰でもわかると思います。

自然検索はどこから集客する?

では、その自然検索での集客はどこから集められますか?これに答えられない人が多かったりします。わかっている人は読み飛ばしてくださいね。

この答えは、「検索結果の1ページ目」です。

検索結果の1ページ目に表示しなくては、全く集客することができないのです。検索結果の2ページ目なんて、ほとんどの人が見ません。

1ページ目、そのなかでも上位に入らなければ誰にも見てもらえないのです。

1ページ目以降は見られない

ひたすら記事を書いたとしても、どの記事も検索結果の1ページ目に入っていなくては集客はできないのです。

絶対的に1位を目指さなくてはならないのです。まずは、この仕組みを知ってください。

キーワード選定が大事

キーワードを選ぶ
キーワード選定をちゃんとしてますか?

書く記事のテーマを、なんとなくおもしろそう、なんとなく書けそう、なんとなく書いてみよう、という理由で選んでいませんか?

もちろん、自分の興味の持てるテーマでなくては記事を書きづらいかもしれませんが、「なんとなく」では成果が出なのでやめましょう。

何のキーワードで検索したときに検索結果の1ページ目に入れて集客するかを、まずは決定しなくてはいけないのです。

これがなくては記事のテーマも定まりませんし、集客なんて全くできません。記事を書く時には、何という検索で上位表示する記事を書くかを明確にしましょう。

楽な記事を書いていないか

楽な体制の人
記事を書くときに大事なのが、「楽な記事に逃げていないか」ということです。

上位表示しないといけない

上位表示するとは、すでに上位表示しているページよりも、上位に表示するということです。

そのためには、上位表示されている記事よりも、Googleから評価されなければいけません。

Googleから評価されるためには、上位表示している記事よりもユーザーの役に立つ記事でなくてはなりませんし、他にはない独自性が必要です。

でなければ、Googleはあなたの記事を上位表示するメリットがありませんよね?

だからこそ、上位のサイトよりもより詳しく、独自性のある記事を書かなくてはいけないのです。

上位表示サイトに勝てるか

選んだキーワードで検索した時に上位表示されている記事が、すごく詳しく解説していた場合、そのキーワードで勝つためにはより詳しく書きながらも、独自性を出さないといけません。

それくらいの意気込みで書くのはいいのですが、とりあえず記事を作ればいい、と書いてしまうと時間の無駄になってしまいます。

このように楽な方に逃げると何もいいことはありません。記事を書く前に下記のチェックをしてみてください。

  • 記事を書く前にちゃんと調べていますか?
  • 他の記事と似たような内容を書いていませんか?
  • 文字数が必要な検索キーワードから逃げていませんか?

もしある検索キーワードで独自性を出せない、情報量を担保できないと思う時には、別のテーマで下記ましょう。

チェックの仕方

ここまでが、ブログで集客できない人が陥りがちな考え方と、その修正方法です。

私は成果が出ない時にもろこれにハマってました。検索キーワードも適当でしたし、記事の内容も楽なものばかりで中身がなかったです。

自分がこうなっていないか、をチェックするにはGoogleアナリティクスの「直帰率」を見てみるといいですよ。

コンテンツが検索意図とずれていたり、記事が適当だった場合、直帰率がとても高くなります。

私の以前のブログは95%(!)でしたが、現在のこのブログは80%くらいです。

ユーザーの検索にきちんと答えられているか、を重視しましょう。

ブログで集客できない時にチェックすべきポイント11選

上のような考え方をクリアしている場合にブログで集客できていないのは、ブログやコンテンツに問題があります。

そのような具体的なチェックすべきポイントをまとめましたので、自分のブログが当てはまっていないかを確認しましょう。

ペナルティを受けていないか

ペナルティ
きちんとコンテンツを作っているのに、ブログから集客がない場合、Googleからペナルティを受けている可能性があります。ペナルティを受けると検索順位が上がらなくなったり、下手したら検索結果にさえ出なくなります。

SEO会社やリンクファームなどに、被リンクを依頼していたことがある場合、注意が必要です。悪質な被リンクが大量につけられていた場合、スパムサイトだという扱いを受けていることがあります。

健康・医療・美容系のブログの場合、信頼性が認められない場合に検索が上がらなくなることがあるので注意してください。

トラフィックのないページが大量にないか

トラフィック
Googleは価値のないページが大量にあるサイトの評価を落とします。そして、検索結果で上位表示できなくなり、集客ができなくなります。

文字数も少なく内容のないページで、ユーザーから全く読まれていないページの割合が大きいと、Googleはそのサイトを価値がないと判断します。

1000ページ中900ページが、ユーザーから読まれてないページであれば価値がないと思われますし、サイト全体が100ページしかなくても、ユーザーに読まれてないページが10ページしかなければ、それは評価されます。

読まれていないような内容の薄いページが大量にないかを確認しましょう。

検索ボリュームが小さすぎないか

上で集客する検索キーワードが重要と説明しました。

ですが、いくら上位表示できたといっても、検索ボリュームが小さすぎるキーワードで上位表示しても、集客は微々たるものです。

ブログ開設当初は小さなボリュームのキーワードから書いていきますが、その数が月に10くらいしかない記事ばかり書くのは成果が出にくいので確認しましょう。

検索ボリュームが大きすぎないか

反対に、検索ボリュームが大きすぎるキーワードを狙ってないですか?

万単位などの、検索ボリュームが大きいキーワードというのは、その分競合サイトも多いですし、昔から運営されていてページ数も大量にあるサイトだったりします。

そのようなサイトに記事数も運営歴も浅いサイトが上位に表示されるのは、ほぼあり得ません。

検索ボリュームが大きいキーワードばかり狙っていないかを確認しましょう。

内部リンクを設置しているか

Googleはユーザーが読んでいないページを評価しませんし、ユーザーがたくさん読んでいるサイトを評価します。

ですので、関連するページに対して内部リンクを設置するのが重要です。内部リンクを設置することで、ユーザーに他のページも読んでもらえます。

リンクはページへの評価を受け渡すことにもなるので、サイトの中で関連するページへ内部リンクを設置しましょう。

Googleのルールに従っているか

グーグルのルール
Googleは、推奨するWEBサイトの構造やコンテンツの作り方を定めています。

それはSEOスターターガイドで説明されていますが、これ以外にも検索エンジンに最適化する方法があります。

ブログがこのような仕様になっているかを確認しましょう。

チェックポイントは、以下の記事でまとめていますので参考にしてください。

最適なライティングができているか

ブログのコンテンツの書き方は、ユーザーのニーズに応える書き方、Googleの検索エンジンから評価される書き方になっていますか?

読者を満足させるだけでなく、Googleの検索エンジンに評価されるためのSEO的な文章の書き方というのがあります。

その書き方は、以下の記事でまとめているので参考にしてください。

SEOライティングを身につけるための方法は、以下で解説しています。

各記事の順位は計測しているか

GRC
ブログで集客するためには、順位を計測するのが大事です。

順位が悪く、集客できていない記事をリライトすることで、集客できるようにしていけるのです。

順位を計測していないようでしたら、GRCなどのツールを使って必ず計測しましょう。GRCの使い方は以下で解説しています。

計測した後のリライトの方法は、以下の記事で解説していますので参考にしてください。

ブログが新しすぎないか

Googleの仕様上、公開したばかりの新しいドメインのブログというのは、まだ信頼性が低く、順位付けにおいて運営が長いサイトよりも評価が低くなります。

Googleが新しいサイトの評価を下げるのは、公開したばかりのサイトに評価を与えてしまうと、短期間で成果を出そうとするスパムに有利になってしまうからです。

ある程度の期間、しっかりとした記事が追加され、品質の担保されたサイトに評価を与えるようになるのです。

せめて半年くらいはコンテンツを作ってみましょう。

直帰率が高くないか

直帰するユーザー
Googleは直帰率が高いブログというのは、ユーザーの答えに回答できていないブログだと判断します。

直帰率が90%以上のように高すぎると、ほとんどの人が1ページしか見ていないことになりますし、そのページもほとんど読まれていない可能性があります。

サイト全体の評価も下がりますので、ターゲットユーザーが満足するようなコンテンツを作るようにしましょう。

ブログテーマと合っているか

各記事の検索キーワードは、そのブログのテーマと合っているでしょうか?

私のこのブログは「集客」をテーマにしているので、読者は集客に興味のある人だと思います。

そんなブログで電化製品のおすすめ記事があったとしたら、ユーザーは興味を示すでしょうか?大半の人は読まないと思います。

このように、各記事がブログのテーマとずれていないかも確認しましょう。

ブログは集客できる

ここまで、ブログで集客できない原因として考えられるポイントをまとめてみました。

そのなかでもやはり大事なのは、テクニックよりも考え方の部分だと思ってます。この考え方の部分がずれていると、集客できるブログは100%作ることができません。

ブログで集客するには、楽な方法なんてありません。まずは考え方をしっかりと身に着けて、その後にテクニカルな施策を行えば、確実にブログは集客することができます。

楽な方向に逃げず、一度本気でやってみるとブログで集客するというのは、意外と簡単だと思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました