SEO

飲食店がSEO対策よりもMEO対策を優先すべき理由10選

飲食店 SEO MEO

飲食店のネット集客には、SEO対策よりもMEO対策をまずやるのがおすすめです。

でも「SEO対策が大事って聞くけど…」「MEO対策ってなに?やり方がわからない」「SEO対策とMEO対策ってどちらをやればいいの?」という方も多いと思います。

ここでは、SEO対策やMEO対策を行う会社で働いていた私が、SEO対策・MEO対策とは何か、なぜ飲食店はSEO対策よりもMEO対策を優先して行うべきか、という理由を解説します。


SEO対策とは?

次に、MEOとも関連付けられることの多い、SEOについても解説しておきます。

SEOとは、Search Engine Optimizationの略語で、「検索エンジン最適化」のことをいいます。

検索エンジンに評価されるように施策を行い、Google検索やYahoo検索で検索をしたときに検索結果の上位に表示するための対策のことをいいます。

つまりSEO対策とは、自分の飲食店のホームページや食べログなどのページが、検索結果で上位に表示されるように行う施策のことなのです。

SEO対策では、サイトの構造やタグを最適化したり、リンクを増やしたり、コンテンツの内容を最適化したりといった施策を行います。

MEO対策とは?

MEO対策の検索結果画像
次にMEO対策とは何か、ということを解説しておきます。

MEO対策とは、多くの飲食店が導入することで一般的になってきましたが、Map Engine Optimizationの頭文字をとった単語で、「地図エンジン最適化」のことです。

簡単にいうと、GoogleマップでGoogleマイビジネスのページを上位表示する対策のこと、をいいます。

つまり、「渋谷 ランチ」などの地名を含む検索をしたときに検索結果の上部に表示される地図部分で、飲食店のGoogleマイビジネスのページを上位に表示するための方法のことなのです。

例えば「渋谷 ランチ」という検索は、月間に74,000回も検索されており、この検索結果で表示されると多くの人に見てもらえ、飲食店の集客に有効です。

SEOは検索結果の一覧ページでの上位化でしたが、MEOは検索結果の地図部分での上位化の方法です。

SEOとMEOは似ていますが、検索結果のどの部分に表示するのか、によって異なるのです。

飲食店がSEOよりもMEOを優先すべき理由10選

SEOよりもMEO
MEOが検索結果のマップ部分で上位表示するための方法で、SEOとは表示される場所が違うということはわかっていただけたかと思います。

次に、なぜ飲食店にMEO対策がおすすめなのか、飲食店はSEO対策よりもMEO対策を優先すべきなのか、ということを解説していきます。

SEO対策は飲食店に向いていない

そもそもSEOは、飲食店に向いていません。というのも、SEOは商圏が狭く、検討期間が短いビジネスには向かないことが多いからです。

例えば、近所で買えるトイレットペーパーやスーパーで買える肉を、いちいちネットで検索してから買いにいくでしょうか?Google検索は、じっくりと検討したり、広い地域の複数店舗を検討する時に利用されることが多いです。

逆に、MEOは商圏が狭く、検討期間が短いビジネスに向いています。地域のお店を探す時にMEOが重要になるのです。「歯医者 地名」「居酒屋 地名」「ラーメン 地名」のように、周辺のお店を探すときにはMEOが便利です。

MEOはSEOよりも上に表示

MEOは検索結果において、SEOよりも上に表示されます。以下のようなGoogleの検索結果画面をみたことがないでしょうか?

MEO検索結果

MEOを行って表示される箇所は、SEO対策部分よりも上なのです。

あなたも飲食店を探すときに「地名+居酒屋」などの検索で調べたことはありませんか?そして、MEO部分に表示される店舗を調べたことがないですか?私は何度もありました。

そして、このMEO部分はとても目立ちますので、閲覧される可能性が高いです。業種によってはSEO対策の5倍のクリック率を得られたこともあります。

つまり、SEO対策よりもMEO対策を行うほうが検索結果で上位に表示され、見込み客に見てもらいやすくなるのです。

MEO部分に表示できるのは、店舗を持っているお店だけです。だからこそ、飲食店はMEO対策に向いているのです。


MEOはSEOよりも安い

SEO対策を業者に依頼すると、大きな費用がかかります。安くても20万円くらいはかかるのではないでしょうか。

飲食店でSEO対策にそこまで費用をかけるとしたら、チェーン店などの規模の大きなお店だけだと思います。

その点、MEO対策は費用が一切かかりません。というのも、MEO対策はGoogleマイビジネスという無料のツールを使いますし、MEO対策の作業はとても簡単であり、自分で全部できるからです。

MEO業者というのもあり、低価格でできると宣伝しているようですが、業者に頼まなくても自分の飲食店でできるので業者に頼むのはやめましょう。

MEOはSEOよりも手間がかからない

SEO対策を行うには、飲食店のホームページ内部の修正やブログ記事の作成など、とても多くのことを行わなくてはなりません。

ところが、MEO対策であれば手間がほとんどかかりません。入力しなくてはいけない項目はとても少なく、1時間もあればすべての作業を終えることができるからです。

飲食店名や説明、営業時間、メニュー、写真、住所などを入れるだけで、ネット上に飲食店の情報を掲載することができます。MEOはSEOよりも圧倒的に手間がかからないので、飲食店の方は自分で登録するのがおすすめです。

有名飲食店でなくても集客できる

飲食店
検索結果では、食べログなどのポータルサイトが上位に表示される傾向にあります。これでは、食べログに支払う広告費がないお店は、SEO対策で集客することができません。

MEO対策では、有名な飲食店でなかったり食べログの評価が高くなくても、上位に表示することができます。MEO対策においては、距離やメニューのマッチングによって表示が決まりますので、有名な飲食店でなくても表示することができるのです。

例えば、スマホのGoogle検索で「焼き鳥+地名」と調べてみてください。有名なお店以外も表示されませんか?このように、MEO対策では有名な飲食店以外も表示することができるのです。

飲食店はSEO対策では集客できない

飲食店のホームページを作ったとして、そのホームページにSEO対策をして集客するのは難しいです。

というのも、飲食店を探す人というのは、「地名 ジャンル」の検索で探す人が多いからです。「地名 居酒屋」「地名 イタリアン デート」などのような検索で調べますよね。

ですが、このようなキーワードでの検索で上位表示するのは難しいです。実際に検索してみるとわかりますが、こういった検索に対しては、ぐるなびや食べログ、レッティなどのまとめサイト、比較サイトが上位に表示されます。

ですので、いくらホームページでSEOをしても、これらよりも上位に表示して集客することは難しいのです。

MEOはSEOよりコストパフォーマンスがよい

ここまでの傾向をまとめると、飲食店ではSEOよりもMEOの方がコストパフォーマンスがよいということがわかります。

SEOはけっこうな費用がかかりますし、食べログなどのポータルサイトがあるので、上位に表示することが難しくなっており集客が困難。

しかしMEOであれば、費用がかからず、設定も簡単なのにもかかわらず、集客効果は大きなものがあります。

つまり、飲食店においては、MEOがSEOよりもコストパフォーマンスが圧倒的によいといえるのです。

口コミを集められる

口コミ
飲食店の集客に、口コミは重要です。あなたが飲食店を選ぶときにも、食べログなどで口コミをチェックすると思います。

MEO対策では、口コミを集めることができます。というのも、MEOで利用するGoogleマイビジネスには口コミ機能がついており、ユーザーはGoogleアカウントを持っていれば5段階の評価と口コミを書くことができるのです。

MEOで検索結果のマップ部分に表示し、多くの人に見てもらえばその分飲食店を訪れる人が増え、その人達に口コミを書いてもらうことができるのです。

MEOによって、飲食店の集客にとても大事な口コミを集めることができます

MEOの競合が増えている

Googleは現在、Googleマイビジネスをたくさん宣伝しています。下記のようなCMを見たことがないでしょうか?

Googleは動画のなかで、「オリンピックで訪問する外国人向けにGoogleマイビジネスを活用しよう」と述べています。

多くのGoogleの広告において、インタビューされているのは飲食店のオーナーです。つまりGoogleは、飲食店にGoogleマイビジネスを利用してほしいのです。

Googleがこれだけ広告をしているということは、競合の飲食店もMEOに注目します。競合に負けないためにも、早めにMEOを行うべきです。

MEOは店舗だけが表示される

MEO対策を行って表示されるのは、検索結果のマップ部分です。このマップ部分には、店舗しか表示されません。

SEO対策では、検索結果に食べログやぐるなびなどの大手ポータルサイト、比較サイト、個人のブログなどが表示されるので競争が激しいです。MEOでは、このような大手サイトが表示されることはありません。店舗だけが表示されるのです。

食べログやぐるなびなどに高い費用払って、SEOで集客をしている人は特にMEOをすべきなのです。

飲食店のMEOの方法とは?

ここまで、飲食店がSEOよりMEOを行うべき理由を解説してきましたが、飲食店はMEOをどのように行えばいいのでしょうか?

MEOはすごく簡単にできる施策ですので、必ず自分で行ってください。MEO対策の業者というものがありますが、こういった業者は詐欺のような業者ですので、気をつけてくださいね。

以下で、飲食店がMEOを行う方法を解説します。

Googleアカウント作成

MEO対策を行うには、Googleマイビジネスのアカウントが必要です。Googleアカウントを持っていない場合には、まずはこちらからGoogleのアカウントを用意してください。

自分ですでにGoogleアカウントを持っている方は、そのアカウントでGoogleにログインしてください。お店でスタッフの方と共用する場合などには、お店用のGoogleアカウントを作成してもよいと思います。

Googleマイビジネスのオーナーになる

次にマップ上に情報を掲載するために、自分の店舗や会社のGoogleマイビジネスのオーナーになります。

Googleマイビジネスのオーナーになるには、上で作成したGoogleアカウントでログインした状態で、こちらのGoogleマイビジネスのページにアクセスしてください。

「今すぐ開始」のボタンをクリックすると、「自社のビジネス情報の確認と管理」のページに進みます。「ビジネスの名前を入力してください」の欄に店名を入れてください。

店名を入れた時に候補が下に出ますが、自分のお店の名前がすでに登録されていないかを確認しておいてください。

「店舗やオフィスなど、ユーザーが実際に訪れることができる場所を追加しますか?」「住所を入力してください」「ユーザーに表示する連絡先の詳細を入力してください」など回答していきます。すべての入力を完了してください。自分でやってもほんの1、2分でできるはずです。

オーナーの確認

MEO対策をするためには、Googleマイビジネスを自分で編集できるような権限を持たなくてはなりません。

これはオーナー確認といいますが、登録したお店のオーナーであることを証明しなくてはなりません。オーナー確認は、自分のお店以外の人がマイビジネスの情報を変更するのを防ぐためです。

オーナー確認の方法としては、Googleからハガキを郵送してもらい、そこに書かれたコードを入力する、というものです。ハガキは「到着までに最大で19日ほどかかる場合があります」と書かれていますが、大体1週間から2週間くらいで到着します。

ハガキが届いたら、マイビジネスにログインし、ハガキに書かれている5桁の番号を入力してオーナー確認を完了してください。

これでGoogleマイビジネスの登録は完了ですので、自分でMEO対策を行っていくことができるようになりました。

Googleマイビジネスの情報を充実させる

飲食店のオーナーの確認が完了すると、Googleマイビジネスの情報を編集できるようになります。

MEOの情報

Googleマイビジネスにログインし、画面左に表示される「情報」をクリックし、以下の項目をすべて入力してください。

ここでお店の詳しい情報を入力していきます。入力項目は以下です。

  • カテゴリ
  • 営業時間
  • 祝日などの特別営業日
  • 電話番号
  • 略称
  • ウェブサイトのURL
  • サービス
  • バリアフリー
  • ビジネス情報の説明文
  • 開業日

これらの情報を自分でしっかりと入力してください。特に住所や店名などは、いろんなサイトや広告で使用している自分のお店や会社のものと同じものを入力してください。

ここで入力した情報は、検索結果で表示されます。情報が入っていないと、Googleはその店舗が本当に営業していかというのを判断できません。Googleはしっかりと運用されている飲食店をMEO部分で表示するのです。なるべく詳細な情報を入力しましょう。

写真を追加

次に写真を追加してください。メニュー、飲食店内の内観・外観、スタッフ、サービスの様子など、あらゆる写真を入れるとよいです。

自分で撮った写真をアップできますので、店内の写真や料理の写真、スタッフの写真などもアップしてください。

さらに、お客様が写真や口コミを自分で投稿したくなるような、写真映えするメニューを作るのもよいですね。

ウェブサイト

左メニューの「ウェブサイト」で、Googleマイビジネスの情報を使って公式サイトを作ることができます。

公式サイトを持っていない人はこの機能で公式サイトを作るのもよいでしょう。編集は直観的に行えますので、知識のない人でも安心です。

投稿

すべての入力が終わったら、「投稿」を行いましょう。

これは、Facebookのタイムラインのようなもので、お店からのお知らせを投稿できるものです。お知らせを見たお客様を集めることができるかもしれません。

新商品やキャンペーン、クーポンなどの情報を積極的に投稿していきましょう。



口コミを増やす

MEOにおいて口コミは重要です。Googleマップ上でお店の掲載順位を決める時に、多くのユーザーから良い口コミが書かれているお店を評価します。

口コミが多い店舗はユーザーが選びやすいですし、口コミ評価が高いお店はユーザーに満足を与えるお店といえるので、Googleとしてもそういったお店を表示するのです。

以下は、海外のSEO会社であるMOZ社が調査した、MEOで上位表示するための要素の割合です。
口コミの重要性
参考:https://webtan.impress.co.jp/e/2019/02/18/31883

「レビュー」、つまり口コミが15%を占めています。口コミでどれだけの数評価されているか、どんな口コミが書かれているかが重要なのです。

口コミを増やすためには、お客様に口コミを書いてもらえるようにお願いしましょう。ただし、「偽の口コミ」や「金品やサービスと引き換えの口コミ」というのは禁止されていますので、行わないように注意しましょう。

また、口コミに対して返信してフィードバックを行うのも大事です。

サイテーションを得る

Googleは、インターネット上の色んな媒体に飲食店が掲載されることがMEO対策になると述べています。この引用(サイテーション)が大事なのです。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。
『Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する – Google マイビジネス ヘルプ』

多くの媒体で紹介されるようなお店というのは、人気があるということなので、紹介する価値があるとGoogleは考えるのです。

FacebookやTwitter、食べログやぐるなび、ホームページやブログなどに飲食店を露出するようにしましょう。そして、ブログなどでも紹介してもらえるように工夫をしましょう。

さらに、以下のような記載もあります。

ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEO の手法もローカル検索結果の最適化に適用できます。

つまり、SEOを行うことでMEOに活かせるということなのです。ホームページで上位に表示するようにすれば、それはマップでの順位にも影響するのです。ですので、飲食店はまずはMEOを行うとともにSEOを行うのがよいと思います。

飲食店のSEO対策は?

飲食店が自社公式サイトで、SEO対策を行って集客するのは正直なところ難しいです。というのも飲食業界には、「食べログ」「ぐるなび」などの大手ポータルサイトや「aumo」などのメディアサイトがあるからです。

これらのサイトは飲食店に特化していること、SEO対策ができていること、ページの数が多いという理由から、多くのキーワードで上位表示されています。ですので、自社サイトでちょっとSEOを行ったとしても、ポータルサイトよりも上位に表示するのは難しいです。

ただ、ボリュームの大きなキーワードでの上位表示は難しいですが、SEOでの集客が不可能というわけではありません。

以下で、飲食店のSEOによる集客方法を紹介します。

飲食店のSEO対策1.ホームページを作る

SEO対策をするには、ホームページが必要です。1ページだけのホームページではSEOは難しいので、オリジナルのホームページを作りましょう。

そのホームページのタグや構成を、SEOに対応したものにします。そのためには、SEOのノウハウのあるWEB制作会社に依頼しましょう。

以下の記事でSEOに対応した制作会社の選び方を紹介しています。

ホームページでは、「こだわり」や「メニュー」「スタッフ紹介」「お客様の声」など、なるべく詳細な情報を掲載してください。ホームページの情報量が少ないと、ユーザーが読む価値のあるものになりませんし、SEOでの効果も得ることができません。

飲食店のSEO対策2.自社サイトで情報発信をする

メディアで情報発信している姿
ホームページを制作するときには、ブログやメディアを設置しましょう。このブログやメディアの記事を更新していくことで、集客をすることができます。

自社サイトで記事を書いてSEO対策を行うことで、サイトの評価を高めるとともに集客を行うことができます。記事に集客する検索キーワードは、ニッチなワードで検索ボリュームが少ないものにします。これはロングテールキーワードといいます。

以下のサイトを見てもらうと、イメージしやすいと思います。
https://kurand.jp/blogs/magazine

このサイトでは、日本酒に関する記事をたくさん作ることで、日本酒関連の検索ユーザーをたくさん集めることに成功しています。このメディアを読んだ人が飲食店を訪れる、という仕組みです。

このような方法をコンテンツSEOといいます。このコンテンツSEOでの記事の書き方は、以下の記事で解説していますので、ぜひ読んでみてくださいね!



飲食店のSEO対策3.被リンクを集める

Googleは、色んなサイトで引用されていたり、サイトのURLが拡散されたりしているサイトを、人気のあるサイトと評価します。

人気があるサイトということは、それだけ需要があることなので、検索結果で順位が上がりやすくなります。

ですので、SNSなどで話題になったり、メディアで取り上げられるようなお店というのは、SEOにおいても評価が高まる可能性があります。

話題になるためには、多くの人が共有したくなるようなお店でなくてなりません。「インスタ映え」やシェアをしたくなるメニューを考える、内装にこだわる、イベントを行う、などがネット上で話題になる方法として考えられます。

まとめ

飲食店の集客にはSEOよりもMEOを優先すべき理由、MEOやSEOを飲食店が行う方法を解説してきました。

現在では、スマートフォンが普及したこともあり、よりマップでの検索というのが重視されています。

MEOを行うことによって、飲食店の周辺にいてスマートフォンで検索しているユーザーを集客することができるのです。

SEOよりも手軽に無料でできるMEO対策は、飲食店が今もっとも行わなくてはいけない集客手段といえます。ぜひ行ってみてください!

また、下記の記事では、SEOやMEO以外にも、飲食店が集客する方法をまとめましたので参考にしてください。

この記事が、少しでもあなたのお役に立ち、お楽しみいただけたのであれば、お友達との共有やフォローしてもらえると嬉しいです。

気が向いたらシェアしてください^^
Yutaro Okiをフォローする
ひと集めアカデミー|SEO・マーケティング・ネット集客を教えるメディア
タイトルとURLをコピーしました