マーケティング・集客

ネット集客代行のメリット・デメリットとは?業者の選び方も解説

ネット集客代行業者

ネット集客代行とは?

「ネット集客代行」とは、その名の通り、ネットからの集客を代行するサービスのことをいいます。

一般的には、ECサイトへのネットからの集客のことを言う場合が多いですが、企業へのネット集客の代行すべてを意味します。

ネット集客代行の方法としては、SEO・リスティング広告・アフィリエイト広告・メルマガ・SNS広告などがあります。こういった方法を組み合わせながら、集客を代行するのです。

WEBサイトの制作から記事のライティング、各種広告の運用、分析・修正などを幅広く行ってくれます。

ネット集客代行を利用することで、すべて丸投げすることができ、ネットの知識がなくてもWEBを使って集客を増やしていくことができます。

ネット集客代行のメリットとは?

企業がネット集客代行を使うメリットはいくつもありますが、ここでは代表的なものを紹介しておきます。

専門の知識を持った業者に依頼できる

ネット集客を実践するには、インターネットやWEBサイト、SEO、リスティング広告、マーケティングなど、幅広く深い知識が必要になります。

それらの知識のなかから、最適な方法を組み合わせて、最適なタイミングで利用することで、圧倒的な集客を実現することが可能になります。

ネット集客の専門の会社であれば、こういった知識とノウハウを蓄積しているので、成果を出しやすいです。もし自社でそのノウハウを作ろうと考えた場合、かなり長い時間がかかってしまいます。

ネット集客代行会社に依頼することで、そのノウハウを利用することができ、短期間で大きな利益を出すことができます。

これまでにない市場から集客できる

ネット集客代行会社に依頼すれば、これまでに営業活動をしていないターゲットや市場に向けてアプローチをすることができます。

インターネットを利用すれば、あらゆるターゲットにアプローチすることができます。ネットを利用できる世界中の老若男女を、ターゲットにすることができるのです。

これまで、対面営業ばかり行ってきたのであれば、ネット上には対面営業では得られない顧客が山ほどいます。

特定の業界や市場にはすべて営業をかけたという場合には、ネットを利用することで、これまでにないお客様を得ることができます。

効率よく集客できる

ネットの集客では、自分で検索して情報を調べている人を集客できます。そういった人に会社の情報を見せれば、集客につながりやすいです。

例えば、Google検索において「不動産会社 地名」などのキーワードで調べている人というのは、すでにその地域の不動産会社に相談することは決めていますよね。

つまり、ネット集客では、ニーズが顕在化している意欲の高い人を集めることができるのです。だからこそ、集客がしやすいといえます。

コスパがよい

このように、ネット集客というのは意欲の高いユーザーを集められるので、成約率が高くなります。

さらに、営業マンを雇うとその分の人件費がかかりますが、ネット集客ではかなりコストを抑えることができます。広告やWEBサイトは、一度作ったら運用をしていけばいいので、運用段階でかかるコストはかなり低いです。

また、リスティング広告やSNS広告は、1クリックあたりの単価も低めですので、CPA(1成約獲得にかかるコスト)を抑えられます。営業マンを雇うよりも効率が良い場合も多いのです。

このように、ネット集客はコスパが良い、ということが言えるでしょう。


効果が長く続く

ネット集客というのは、一度WEBサイトや広告を作れば、ある程度の期間は継続して利用できます。同じようなキーワードで検索する人というのは、変わらずいるからです。

ですので、一定のコストをかけてネット集客の体制を作ることで、あとは広告などで継続して集客していくことができます。

もちろん改善していくことは必要ですが、それによって広告効果は高まるので、長期間運用すればコストを抑えていくことができます。

スタッフを雇わなくてよい

ネット集客代行会社は、あらゆるネット集客の専門家を社内に揃えているので、ネット集客に関わるすべての作業を外注できます。

だからこそ、社内にネットのことがわかる人間を雇う必要がありませんし、その分のコストを抑えることができます。

さらに、社外の大勢のスタッフが対応することで、時間の短縮にもなります。自社内にスタッフを雇うよりも、外部の業者の方がルーティン化されているので短時間でできるでしょう。

ネット集客代行のデメリットとは?

ネット集客代行にはたくさんのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

以下のようなデメリットが考えられます。

コストがかかる

集客代行を外注する場合には、もちろんコストがかかります。

ネット集客代行会社の人間が動くので工数がかかりますし、専門的なノウハウを利用することに対して費用がかかるのです。

集客代行業者は、固定費の企業と成功報酬型の企業があるので、自分の会社にあった体系の会社を選ぶようにしましょう。

またネット集客をするには、WEBサイトの制作費・広告費用・運用費用などがかかってきます。

社内にノウハウが蓄積しない

ネット集客をすべて外部に委託すると、社内にネット集客のノウハウがたまりませんし、人も育たないことがデメリットになるでしょう。

ネット集客の施策を行うと、運用をしていくなかで失敗やうまくいくパターン、効果的なターゲットなど、色んな気づきが生まれます。外注していると、そういった気づきが得られないのです。

またネット集客は自社で行うと、様々な経験ができますし、スキルアップになります。自社のスタッフを育てられないというのもデメリットでしょう。

ネット集客代行を利用すべき会社

ネット集客代行業者を利用した方がいい会社があります。

下記の条件にあてはまるような会社は、ネット集客を代行するのがおすすめです。

商品力がある会社

商品力があるけれども、まだネットでの販促をしていないという会社は、ネット集客をすれば大きな利益が得られる可能性があります。

「商品力」とは、他社が真似できず、顧客からのニーズが高い商品のことです。例えば、特許を持っていたり、話題になっているような商品ですね。

商品だけでなく自社のサービスに関してもこれはいえます。自社のサービスが優れている場合、ネット集客をすれば成功します。

商品力がある商品はSNSなどでも拡散される可能性がありますので、積極的にネット集客をしましょう。

競合がネット集客している会社

競合がネット集客に力を入れているということは、ネットからの集客に成功しているということです。

そんな場合には、自社もネット集客をすれば成功する可能性が高いです。スピード感も大事になってくるので、ネット集客代行を利用しましょう。

競合がネット集客をしているかは、検索で競合名や関連するワードを調べて、リスティング広告やSNS広告を出稿しているか、WEBサイトでどのような施策をしているかをチェックしましょう。

ネット集客代行会社は、競合の施策や競合が成功しているかどうか、調べるツールを持っていることが多いです。

これからネット集客を始めたい会社

これからネット集客を始める、というような方は初めは代行会社に依頼するというのもおすすめです。

というのも、経験がない人がイチからネット集客の方法を模索しても、基礎的なところから勉強する必要があり、成功を掴むまでに相当時間がかかってしまうからです。

初めは、ネット集客の専門会社に依頼することで、土台を作ってもらい、運用などをしていくなかで業者のノウハウを学んでいくのが効率がよいです。

そして、WEBサイトやリスティング広告のセッティングをすべて行ってもらい、あとは細かな調整で良い状態で、引き渡してもらうのがよいでしょう。


ネット集客に懐疑的な会社

ネット集客に懐疑的な会社が多いですが、これは本当にもったいないです。ネット集客はうまく行えば、爆発的な集客ができるのにも関わらず、それを知らないので試してみようともしないのです。

上層部の年齢が高かったり、老舗と言われるような古い体質の会社に多い印象ですね。

ですが、そんな会社こそネット集客をすべきです。というのも、そういった会社では成果が出やすいからです。これまでネットをやっていなかったからこそ、ユーザーも初めて知ることになり、新規ユーザーを獲得できます。

ネット集客に疑いを持っている会社ほど、積極的にネット集客を始めてみましょう。

ネット集客代行会社の選び方

ネット集客代行会社を探す時には、選び方に注意しなくてはいけません。

成果を出せない会社も多いですし、施策に対して高い料金を請求する会社もあるからです。代行会社を選ぶ時には、以下のようなポイントで選ぶようにしましょう。

費用対効果の予測を提出できるか

綿密な費用対効果の予測を提出できるかどうかも、代行業者の選び方としては重要です。

予測を出させる時には、どのように計算してその数字を出しているかを確認しましょう。その計算に根拠があり、説得力があれば、その会社はきちんと数字に責任を持っているということがわかります。

通常の集客が月に1人なのにも関わらず、ざっくりと数百人は見込めるというように、かなり大きな効果を見積もるような会社はやめておきましょう。希望的観測ばかり言って現実に即していない可能性が高いです。

その人間が営業であれば、理解せずに言っている可能性もあります。

セールスライティングができるか

ネット集客において、セールスライティングはとても大事です。

ネットで見込み客に商品の良さを説明するのは、ほとんどが文字です。もちろん動画や画像も重要ですが、テキスト情報がもっとも影響が大きいでしょう。WEBサイトやリスティング広告でユーザーの注目を集めて、集客までするのはテキスト情報なのです。

だからこそ、セールスライティングができるかどうかで、大きく成果が変わります。

必ずセールスライティングができるかどうかを確認しましょう。確認の方法としては、これまでに作成した広告を見せてもらうことでわかります。

下記の「ザ・コピーライティング」というセールスライティングの本の内容をクリアしているかどうかでも判断できます。

あらゆる施策を組み合わせられるか

ネット集客では、ひとつの施策だけを行っていても、成果を最大化することはできません。あらゆる施策を組み合わせるからこそ、集客を大きくできるのです。

例えば、SEOで検索順位を上げるには時間がかかりますが、その間はリスティング広告やSNS広告で集客をしたり、MEOを行ったりと、タイミングで施策を使い分ける必要があります。適材適所ですね。

また、相乗効果で集客を大きくすることができます。例えば、SNS広告を打つことで、SNSのフォロワーを増やしていけますし、フォロワーを増やすことで、オウンドメディアのアクセスを増やすことができます。

このように、あらゆる施策に対応できることは重要なので、ひとつの施策しかできない会社ではなく、広くWEBマーケティングの知見がある会社に依頼しましょう。

実績や事例が出せるか

ネット集客代行会社はたくさんありますが、本当にそのノウハウと力があるかはわかりません。

私はWEBの世界に長くいますが、スキルや知識がない人、会社がたくさんありました。だからこそ、ノウハウを本当に持っている会社を探さなくてはなりません。

それを見分けるためには、これまでにどのような実績があるか、どんな業種の会社でどのような施策をして実績を出したか、を確認するようにしましょう。

この実績を細かいところまで聞いて、適材適所であらゆる施策を使いわけられているかどうかを確認するのがよいです。それを見せられる会社が、WEB集客のノウハウを持っている会社です。


リース業者かどうか

ネット集客代行会社のなかには、ホームページやツールのリース契約を薦めてくる会社があります。そういったリース契約を薦めてくる会社はやめておきましょう。

ホームページやツールをリース契約にしてしまうと、1年や2年の契約にして、固定の費用がずっとかかってしまいます

ネット集客の成果が出なかったとしても、ツールの支払いが続いてしまうのです。これは余計な経費が決まった年数かかってしまうので、絶対にやめましょう。

ホームページ作成で費用がかかるときには、制作費を一括で支払って作るか分割払いにしましょう。

まとめ:ネット集客代行はしっかりと見極めよう

ネット集客代行は、向いている会社が、きちんとした会社に依頼した場合にすごい成果を出すことができます。

私のお客様でも、一気に集客が5倍になった方もいらっしゃいます。ぜひネット集客に取り組んでみましょう。

ネット集客代行を頼んだ方がいい会社は以下です。

  • 商品力がある会社
  • 競合がネット集客している会社
  • これからネット集客を始めたい会社
  • ネット集客に懐疑的な会社

ネット集客代行会社をチェックする時には、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 費用対効果の予測を提出できるか
  • セールスライティングができるか
  • あらゆる施策を組み合わせられるか
  • 実績や事例が出せるか
  • リース業者ではないか

私はネット集客の代行を行っています。SEO、公式サイト、オウンドメディア、比較サイト、SNS、リスティング広告などを組み合わせることで集客することを得意としています。

もしお困りでしたらご相談ください。もちろん、依頼するかどうかはその後で決めていただければ結構です。

相談してみる

気が向いたらシェアしてください^^
Yutaro Okiをフォローする
ひと集めアカデミー|SEO・マーケティング・ネット集客を教えるメディア
タイトルとURLをコピーしました