マーケティング

オウンドメディアのメリット・デメリット解説!集客ノウハウも

オウンドメディアで集客マーケティング

あなたは、オウンドメディアで集客をしたという会社の情報を、どこかで見たことがありませんか?そんな方は、以下のような疑問を持っているのではないでしょうか?

  • オウンドメディアで集客ってできるの?
  • オウンドメディアで集客する方法が知りたい
  • オウンドメディア集客のメリットデメリットは?
  • オウンドメディア集客ってどれくらいのお金がかかるの?

私は、仕事でSEOやオウンドメディアの運営を行っていますが、オウンドメディアはWEB集客にとても有利な方法です。

仕事でのオウンドメディアで集客する方法と、集客するときのコツを学んできました。ここでは、オウンドメディア集客の全てを解説しようと思います。

オウンドメディアとは?

オウンドメディア
まず、「オウンドメディア」の定義について解説しておきます。

オウンドメディアとは、自社で保有するメディアサイトの総称のことです。

本来であれば、パンフレットやチラシなどもオウンドメディアと言いますが、WEBマーケで使われる場合には、ブログやメディアサイトなどのような情報発信をするメディアサイトのことを指します。

オウンドメディアは、「ペイドメディア(他社媒体に出稿する広告)」「アーンドメディア(ソーシャルメディアなど信頼を獲得するためのメディア)」と同じ文脈で利用されます。

オウンドメディアで集客する方法

オウンドメディアで集客する方法
オウンドメディアで集客する方法を紹介していきます。

私は仕事においてこのノウハウを使って、オウンドメディアでの集客を成功させてきました。

SEOに対応したサイトを作る

まず必須なのが、SEOに対応したサイトを作るということです。SEOに最適化したサイトでなくては、ページをいくら作っても成果を出すことは難しいです。

これは家における基礎のようなものです。基礎がしっかりとしていないと、ちょっとした地震で倒壊してしまいます。

オウンドメディアを作る時には、必ずSEOに対応したサイトを作るようにしましょう。

SEOが出来ているかチェックすべきポイントは、以下の記事で解説しているので参考にしてください。

ターゲットユーザーを分析する

ユーザー分析
オウンドメディアを読むユーザーがどのような人なのかという、ペルソナをしっかりと設定しましょう。

ターゲットによって、記事での言葉遣いや記事で書くべきことが変わってくるからです。

このターゲットがずれていると、読んでいる人は違和感を感じてオウンドメディアの効果が半減してしまいます。

競合のサイトやYahoo知恵袋をチェックしたり、新聞社やリサーチ会社が提供しているデータを参考にして、ターゲットを分析・設定しましょう。

キーワード選定をする

各ページに、どのような検索キーワードで集客するかという「キーワード選定」はとても大事です。

オウンドメディアには検索結果から集客することになるので、この検索キーワードの選定を間違うと集客ができないことになります。記事を書く対象の検索キーワードをしっかりと選定しましょう。

キーワードを選定するには、キーワードプランナーを利用したり、競合サイトが集客している検索キーワードを調査します。

オウンドメディアで集客する検索キーワードの候補はたくさん出しておいて、それぞれをカテゴリ分けしておきましょう。

キーワード調査については、以下の記事で解説しています。

記事をライティングする

ライティング
集客する検索キーワードが決まったら、その検索キーワードで上位表示するように記事を書いていきます。

このライティングによって、集客の成否が決まってきます。ユーザーの検索ニーズを満たすライティングを行いましょう。

SEOライティングの方法は以下で解説しています。

また、オウンドメディアの記事のライティングでは、ユーザーにファンになってもらえるよう、親近感を抱いてもらえるライティングをするのもポイントです。

会話をするように記事を書くなど、読者の気持ちをつかむようにしましょう。

記事の質を高めて上位表示する

上位表示
ライティングをした後には、その記事の検索順位の推移をチェックしなくてはなりません。

オウンドメディアの各記事は、よい順位を取るものもあれば、順位が悪いページもあります。

検索結果で順位が悪いページは修正して、検索順位を上げなくてはならないのです。多くのページを上位表示していくことで、集客を増やしていくことが可能なのです。

オウンドメディアのリライト方法は、以下の記事で説明しています。

トラフィックを作る

オウンドメディアのページに集客したら、そのユーザーには関連する記事を読んでもらいましょう。

関連するページに遷移させることで、ユーザーはオウンドメディアでたくさんの記事を読み、長く滞在することになります。

ユーザーがたくさんページを読んで、長く過ごすサイトは良いサイトですよね。

このように、ユーザーに関連コンテンツを読んでもらえるようなメディア、トラフィックを作れるメディアにすることで良いサイトであると評価されるのです。

基本的に、ここまでの方法を行えば、オウンドメディアで集客を成功させることができます。

オウンドメディアのメリット

では、情報発信を行うオウンドメディアはなぜ行うのでしょうか?オウンドメディアのメリットを解説します。

集客できる

もっとも大きなオウンドメディアのメリットは、ずばり「集客ができる」ということです。

オウンドメディアを運営する時には、記事を作成していくことになります。その記事それぞれが検索結果に表示され、オウンドメディアにアクセスを集めていくことになります。

オウンドメディアは、テーマさえずれていなければあらゆる検索ニーズに対してページを作っていけるので、アクセスを大きく増やすことができます。

オウンドメディアを訪れたユーザーというのは、あなたの会社のテーマに興味のある人なので、集客につながるのです。

例えば、「肩こり 整体」「インプラント 費用」などと調べた人はお店に集客できる可能性がありますよね。

見込み客を教育できる

教育
オウンドメディアでは、まだ商品を購入しないけれども、興味はあるという見込み客を教育することができます。

見込み客は、商品を購入するまでに色んな情報収集を行います。商品についての情報を集めて、商品を選ぶ時の参考にしたり、どんな効果があるのかや使い方などを調べます。

これは、商品のジャンルやテーマについて深く知ることで、より良い商品を購入する、よりよい使い方をするなどの目的があります。

オウンドメディアでノウハウの記事や成分、使い方など、あらゆる記事で解説していくことで、ユーザーを教育することができます。

例えばですが、記事で「歯の根管治療はアメリカで学んだ医師が最もよい。なぜなら~」と説明をした場合、根管治療をしたいと思っている人はアメリカで学んだ歯科医師を探すでしょう。

このように見込み客を教育して、あなたのサービスを選びやすくすることができるのです。

業界での自社の知名度を上げられる

業界内での地位
あなたがサービスを提供しているジャンルについて情報を提供していくことで、オウンドメディアは色んな人に読まれることになります。

それによって、ユーザーからは「●●のジャンルならこのメディアが詳しいよね」「メディアの運営会社は業界だと有名だ」と認識されるのです。

例えば「北欧、暮らしの道具店」は北欧雑貨を紹介しているオウンドメディアですが、北欧雑貨ならこのメディアというまでに成長しています。

オウンドメディアによって、業界のなかでも確固としたポジションを築くことができるのです。

検索結果で上位表示しやすい

オウンドメディアでは、検索結果で上位表示がしやすくなります。上位表示は集客に直結するので、とても重要な要素です。

オウンドメディアでは、メディア全体のテーマを絞って情報を発信していきます。上の例だと、「北欧雑貨」のようにテーマを絞ることになるのです。

Googleはあるテーマについて、情報がまとまっているサイトを評価します。そのサイトを読むことで、読者は色んなサイトを見る必要がないので、情報がまとまっているサイトを評価して上位に表示しやすいのです。

また、Googleがページを評価する時に重要視する「E-A-T」という要素のなかには、Expertise(専門性)という要素があります。

あなたの会社の提供するサービスに関係するテーマを設定し、検索結果で上位表示して集客しましょう。

自社のファンを作ることができる

自社のファン
オウンドメディアでは、多くのノウハウや商品の情報、ニュース、企業の想いなどを発信していくことになります。

こういった情報を発信していくことで、そのメディアを定期的にチェックするユーザーが現れます。

そして、そういったユーザーはメディアを通じて、運営している会社に対しても好感を持つようになります。

つまり、あなたの会社のファンを作ることができるのです。こういったファンは情報を拡散してくれますし、商品を購入してもくれますので集客に大きく寄与してくれます。

見込み客の分析ができる

オウンドメディアを運営することによって、見込み客のデータを蓄積し、分析をすることができます。

どんなキーワードで検索しているのか、どんな情報に反応がいいのか・悪いのか、どこの地域のユーザーが多いのか、どんな悩みを持っているのか、という情報がたまっていきます。

GoogleアナリティクスやSearch Consoleといったツールを利用することで、見込み客の傾向を知ることができます。

このように見込み客を分析できれば、求めているものを自社が提案すればいいだけなのです。

まさに、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」です。

他の広告に展開できる

オウンドメディアで発信する情報というのは、蓄積していきますし、その情報を他のメディア媒体や広告媒体に使いまわすことができます。

例えばオウンドメディアで発信した情報を、SNSでも掲載するだけでなく、公式サイトのなかにも利用することができます。YouTubeで動画にして発信することができます。

オウンドメディアで使用したコンテンツは、あらゆる媒体に展開できるので、コストパフォーマンスがよいのです。

オウンドメディアのデメリットは?

オウンドメディアのデメリット
ここまで、オウンドメディアのメリットを紹介してきました。オウンドメディアにはメリットがたくさんですが、もちろんデメリットもあります。

オウンドメディア制作費がかかる

オウンドメディアは、ちゃんとしたデザインで、色んな機能がついたWEBサイトを作らなくてはなりません。

サイト内検索機能や関連記事の表示、ニュース機能がついてなくてはなりませんし、SEOにも対応している必要があります。

WordPressの色んな機能を利用できるのでコストは抑えられますが、ある程度は制作費が必要になります。

私が仕事でオウンドメディアの制作を受けるときには、大体60~80万円程はいただいています(コンテンツの作成費も込みですが)。

ページのライティングが必要

オウンドメディアというのは、メディアサイトなので多くの記事がなくてはなりません。読者としても記事がたくさんないと、他のページを見てみようとは思いませんよね。

そして、記事がたくさんないと基本的に集客は難しいです。各記事からアクセスを取っていくので、記事があればあるほど流入も大きくなるからです。

だからこそ、オウンドメディアでは記事をライティングしなければならないのです。

ですので、記事を作成するための時間とコストが必要になります。オウンドメディアにおいて、このコストが最もデメリットといえるでしょう。

自社の社員が書くこともできますが、その分の工数というデメリットがあります。

成果が出るまでに時間がかかる

上で説明したように、オウンドメディアでは、ライティングが必要になります。

1記事1記事、きちんとした品質の内容でなければ、検索で上位表示することはできないので時間がかかります。Googleの仕様としても、ある程度時間の経ったメディアを信用して順位を上げます。

成果が出るまでには、最低でも100記事は必要と考えておいた方がいいでしょう。そして、これだけの記事の作成が必要なので、時間的にも1年は最低でもかかると考えておいた方がいいと思います。

短期間で成果が欲しいという場合には、リスティング広告など、別の集客方法を利用することをおすすめします。

管理・運用をしなくてはいけない

オウンドメディアというのは、ページをアップしたら終わりというものではありません。

掲載している情報が古くなったり、ページで紹介した先のページがなくなっていたりすることがあります。そのような時には、ページを修正しなくてはなりません。

また、各記事の順位を定期的にチェックして、悪くなっているページがあったら修正していかなくてはなりません。

このように、オウンドメディアには管理・運用する手間というのがかかってくるのです。その人員や費用がかかるというのはデメリットといえます。

まとめ

オウンドメディアのメリットやデメリット、オウンドメディアで集客する方法を解説してきました。

オウンドメディアは、正しい方法で継続的に運用することで、とても大きな集客効果があります。

私はこれまで、お客様のオウンドメディアを制作し、記事を書いて運用していくことで集客をしてきましたので、これを実感しています。

みなさんも、オウンドメディアを作ることでぜひ集客をしてみてください!

ちなみに、このブログ自体オウンドメディアと言えますが、ここからSEOなどのご相談をいただいています。だからこそ、オウンドメディア集客には自信があります。

もしあなたがオウンドメディアを作りたいという場合には、コンサルでノウハウを教えることができますので、よかったらご相談くださいね!

ご相談はこちら

Yutaro Okiをフォローする
ひと集めアカデミー|SEO・マーケティング・ネット集客を教えるメディア
タイトルとURLをコピーしました