WEBサイト制作のヒアリングシートに必要な60項目とテクニックまとめ

サイト制作のヒアリング項目 WEBサイト制作

WEBサイト制作を行う時のヒアリングには、ヒアリングシートを用意して臨むと思います。

ここでは、現役のWEBディレクターとして働く私が、ふだん業務で使用しているヒアリングシートの項目をまとめてみたいと思います。基本的にこのシートの項目をヒアリングしておけば問題ないかと思います。




WEBサイト制作でのヒアリングのメリット

まずヒアリングのメリットを解説します。

ヒアリングでトラブルを防げる

WEBサイト制作においては、WEBサイトを作った後でクライアントから「WEBサイトを制作したけれど何か違う」とクレームが発生し、トラブルになることがあります。このようなトラブルが一度起こってしまうと、交渉に無駄に時間がかかってしまい、赤字になってしまいます。

しかし、事前にしっかりとヒアリングを行っておけば、このようなトラブルを防げます。WEBサイト制作においては、しっかりとヒアリングするということが、トラブルを防ぐ上でもとても大事なのです。

集客できるサイトを作れる

またヒアリングは、トラブルを防ぐだけでなく集客できるWEBサイトを作るのにも必須の要素です。ヒアリングによって、クライアントの強みやアピールポイントを明確にできますし、WEBサイトで何をアピールすべきかが明確になるからです。

逆に、ヒアリングでこのようなポイントを明確できなくては、集客につなげられるようなWEBサイトを作ることはできないのです。多くのWEBサイトを作ってきましたが、これは断言できます。

ここでは、集客できるWEBサイトを制作する際にヒアリングすべき項目をヒアリングシートという形でまとめました。企業のWEB担当者の方やWEB制作会社の方は、これをテンプレートにぜひヒアリングしてみてください。

またこのページの最後に、ヒアリングにおいて注意すべきことやテクニックも書いていますので、参考にしてくださいね!

WEBサイト制作時のヒアリングシート60項目

WEBサイトを制作する時のヒアリング内容は、クライアントの強みや競合を明らかにする「マーケティングに関するヒアリング項目」と、WEBサイトの仕様やデザインなどを決定する「制作物に関するヒアリング項目」、サーバーやドメイン、スケジュールや担当者とのやり取りなどの「外部関係のヒアリング項目」に分けられます。

  • マーケティングに関するヒアリング項目
  • 制作物に関するヒアリング項目
  • 外部関係のヒアリング項目

それぞれのヒアリングシートの項目について解説をしていきます。

マーケティングに関するヒアリング項目

マーケティングのヒアリング
WEBサイトを制作する対象のクライアントのことを詳しく知らなくては、集客できるWEBサイトを作ることはできません。

なぜなら、集客できるWEBサイトというのは、誰に向けてクライアントのどのような強みをアピールするか、というのがはっきりとしており、ヒアリングによってこれが明らかになるからです。

ヒアリングでは、クライアントの理念やこだわり、利益構造や強み、ポジション、業界の動向、競合他社などを明らかにすることができます。そしてこれらを聞くことで、誰に向けて、どのような打ち出しでWEBサイトを作ればいいかが明確になるのです。

まずは、クライアントのWEBサイトでアピールすることを明らかにするためにも、下記のマーケティング項目をヒアリングしましょう。

  1. WEBサイト制作で実現したいゴールは?
  2. WEBサイト制作後のKPIは?
  3. ターゲットユーザーはどんな人?(年齢、職業、年収、生活パターン、家族構成など)
  4. そのユーザーはどんな要素を重視する?(料金、質、広さ、サービス内容、ブランドなど)
  5. ターゲットユーザーにどのような行動を期待するか?(電話、予約、問い合わせ、会員登録など)
  6. ターゲットユーザーがサイトを利用するシーンは?(仕事場、家、PC、スマホ、通勤途中など)
  7. 競合他社の有無とその会社名は?
  8. クライアントの創業年は?
  9. クライアントの企業理念は?
  10. 競合にないクライアント独自の強みは?
  11. 強みを持っている理由は?
  12. 逆にクライアントの弱みは?
  13. クライアント商品の原価は?
  14. クライアント商品の販売価格は?
  15. お客様が購入する決め手は?
  16. クライアントの利益を作っている商品はなに?
  17. 広告で使っている宣伝文句は?
  18. 社員、スタッフはどのような人がいる?
  19. 業界でのポジションは?
  20. 毎月の広告費は?
  21. 会社の将来のビジョンは?
  22. 現在のWEBサイトのデータはあるか?

制作物に関するヒアリング項目

WEBサイト制作のヒアリング項目
次にWEBサイト制作に関して、ヒアリングしておいたほうがいい項目を紹介します。

機能やデザイン、サイト構成、運用についてなどのWEBサイトに関するヒアリング項目です。ここをしっかりヒアリングしておくことで、お客様が求めるWEBサイトを制作することができますし、イメージと違うということでクレームになることを防ぐことができます。

  1. WEBサイト制作の予算は?
  2. WEBサイト制作の背景・目的は?
  3. リニューアルか新規制作か?
  4. 現在のWEBサイトで不便なところは?
  5. 現在のWEBサイトのデザインへの感想は?
  6. WEBサイトで残したい要素はあるか?
  7. WEBサイトのタイプは?(企業サイト、製品紹介サイト・ECサイト、採用サイトなど)
  8. WEBサイトでユーザーに与えたい印象は?
  9. 逆に与えたくない印象は?
  10. コーポレートカラーはあるか?
  11. 書体やフォントに対して要望があるか?
  12. ロゴデータは頂けるか
  13. デザインやカラー、ロゴデータなどへの社内規定があるか
  14. デザインテイストに対しての要望は?(カジュアル、モダン、ポップ、クールなど)
  15. 他社サイトのデザインでイメージに近いものはあるか?
  16. 写真やテキスト素材はいただけるか
  17. 社員や社長は顔を出せるか?
  18. 会員登録や問い合わせフォームなどの機能は必要か?
  19. OS、ブラウザのバージョンはどこまで対応させるか?(IEは?iOSは?)
  20. レスポンシブデザインが必要か?
  21. 外国語対応は必要か?
  22. ブログやニュース機能をつけるか?
  23. SNSとの連携は必要か?

外部関連のヒアリング項目

外部

  1. 業者の選定はコンペかどうか?
  2. NDAはクライアントで作るか?
  3. チェック体制とスケジュール感は?
  4. データのやり取りをするツールは?
  5. スケジュール確認をする方法は?
  6. サーバーはあるか?
  7. 借りるサーバーは決まっているか?
  8. ドメインは新しく取得するか?
  9. SSL対応が必要か?
  10. サイト公開後、どんな体制で運用するか
  11. Webサイト制作の最終決裁は、誰が行うのか?
  12. 公開予定日は?
  13. 解析ツールは何を使用するか?
  14. 支払いサイトは?
  15. 決裁者は誰か?許可を得ているか?

WEBサイト制作でのヒアリングテクニック

ヒアリング時には、聞く内容も大事ですが、クライアントから答えをうまく聞き出す工夫が必要です。

ただただヒアリングシートに書いた質問を聞いているだけでは、クライアントから本当のところは聞き出すことはできない可能性があります。クライアントから上手く聞き出すためのヒアリングテクニックも重要になるのです。

ここでは、WEBサイト制作のヒアリングにおいて利用できるテクニックを紹介します。

アイスブレイク

WEBサイト制作のヒアリングでは、まだ関係ができていない状態でヒアリングを行うことも多々あります。

クライアントとはじめて会う時にはクライアントも緊張しています。ですので、そのまま話を進めてしまうと緊張した空気で話すことになります。緊張したままだと、クライアントは本心や言いたいことをいいづらくなってしまうので、ヒアリングの時にはリラックスしてもらうよう心がけましょう。

そこで利用できるのが「アイスブレイク」です。アイスブレイクとは、いきなり商談に入るのではなく、初めてに雑談をして笑いと共感を作ることをいいます。

これはみなさんも知っていると思いますが、なかなか実践できていなかったりします。お客様の会社の周辺で見たものや、自分の失敗や自分の名前で笑いを取るなど、できるだけ気楽に話せる雰囲気を作りましょう

わかりやすい言葉を使う

多くのクライアントにとって、WEBサイト制作業界で当然のように使っている横文字の用語というのは馴染みのないものです。特にWEB業界の用語は横文字や略語なども多いですし、知らない方が多いです。

「SEO」や「CV」「CTR」「ベネフィット」などなど、色んな横文字やアルファベットがあります。しかし、このような用語をクライアントにそのまま聞くのはマイナスでしかありません。

このような単語は、まず他業種の人はわかりませんし、わからない単語を聞くとクライアントは一気に距離を取ります。自分の理解できない用語を言われると、お客様は負い目を感じますし、恥をかきたくないと身構えてしまいます。

ですので、ヒアリング時には専門用語や横文字は使わずに、必ず日本語に置き換えるようにしましょう。先程の例だと「検索エンジン最適化」「成約」「クリック率」「利益」などのように、日本語にしなくてはなりません。

WEBサイト制作のヒアリングの際には、難しい用語はなるべく使わないようにしましょう。

「なぜ?」を問う

WEBサイト制作でのヒアリングでは、お客様の話を真に受けて、わかった気になることがあります。しかし、わかった気になってお客様の意図が理解できていないと、後で電話をして聞かなくてはいけない、という羽目になってしまいます。

それを防ぐには、ヒアリング時に自分が理解できるまで、深く聞いておかなくてはなりません。その時に効果的に使えるのが、「なぜ?」という質問です。

この「なぜ?」という質問を繰り返すことで、本当の答えを見つけ出すことができます。例えば、お客様から「WEBサイトのデザインはシンプルにしたい」と言われたとします。その時に「承知しました」と、ただ聞き入れるだけでは、ヒアリングとはいえません。「なぜシンプルにしたいのか」、という理由の部分を聞かなくてはいけないのです。

お客様からの回答が、「シンプルな方がユーザー層にマッチするから」だったら、「なぜユーザーにはそのようなデザインがマッチするのでしょう?」などのようにさらにヒアリングをしていけば、「ユーザーはクリーンなイメージの企業を求めているはずだから」などのように表面には出ていない深い情報を得られるのです。

そして、このようなヒアリングを行うことで、実際のユーザーが違うイメージの企業を求めている場合などには、別のデザインを提案することもできるようになります。ヒアリングでは、なるべく詳しく「なぜ?」を問いましょう。

ただし、人は「なぜ?」を繰り返されると、自分の思考を深く掘り下げなくてはなりませんし、困ってしまうことが多いです。人によっては、何度も聞かれることを嫌う人もいます。そのような気配を感じたら、なぜを繰り返すのをやめて一旦別の質問をしましょう。

まとめ

今回は、WEBサイト制作時にヒアリングシートとして使える項目と、ヒアリングする時に顧客からうまく情報を聞き出すテクニックを紹介しました。

クライアントの魅力や強みをしっかりと打ち出せたWEBサイトは、集客や成約を実現することができます。ヒアリングがうまくいくか、ちゃんと深い所まで聞き出せるかによって、WEBサイトの成否が決まると言っても過言ではありません

WEBサイト制作のヒアリング時には、しっかりと事前準備をして、怯まず固くならず、きちんと深い所まで聞くように心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました