自社比較サイト制作

自社比較サイト

ここでは、「比較サイト」という集客方法をご紹介します。

ネット集客には、様々な方法があります。SEO・リスティング広告・アフィリエイト広告・DNP広告・SNS・MEO・オウンドメディア集客・Youtubeなどなど多くの方法があり、さらに現在でも新しい手法が生まれています。私はそのような集客方法を色々試してみましたが、集客が10倍や20倍になったものもあります。

ですがこのような手法は一般的になったことで、多くの競合会社もそういった集客手法を使っています。ですので、他社に先んじて集客をするには、他社が行っていない方法を利用していかなくてはならないのです。

そして、あまり知られていないけれども集客効果がある方法として「比較サイト」があります。私もこの比較サイトという形式のウェブサイトをこれまでにいくつも作ってきましたが、業種によってはその効果は多大ものがありました。今回は、この比較サイトのメリットと比較サイトの作り方、比較サイトが効果的な会社を解説しようと思います。

比較サイトとは?

チャレンジ
まず、私が作成している比較サイトとはどのようなものかを紹介します。

通常、比較サイトというと「価格ドットコム」のように、商品の価格を比較するランキングサイトのことをイメージすると思います。しかし、ここでいう比較サイトは少し意味が異なります。

ここでの「比較サイト」とは、ある企業や商品を自社と比較するサイトのことをいいます。自社のサービスや商品と競合のものを比較して、その違いやメリット・デメリットなどを紹介するサイトのことです。

競合と比較して自社を評価することから、便宜上ここでは「自社比較サイト」と呼びます。実際に実例をみてもらうとイメージがしやすいと思いますので例をあげます。

https://www.hoiku-consign.com/
http://www.hare-furisodemem.com/

このようなWEBサイトをみたことがありませんか?上のようなサイトのことを、自社比較サイトと呼んでいます。

この自社比較サイトを使って、自分のサービスや商品を競合と比較すれば、自社の強みをより強調して打ち出すことができるのです。さらに、どの会社に依頼するかを迷っているユーザーに対して、自社を訴求し集客を増やすことができるようになるのです。

自社比較サイトのメリット

自社比較サイトがどのようなものかを説明しましたが、自社比較サイトのメリットとは何なのでしょうか?自社比較サイトでは、SEOやリスティング広告、SNSなど他の集客方法にできないことができます。以下でそれを解説していきます。

客観的な見せ方ができる

第三者からの評価
自社比較サイトは、第三者である個人が調査をして比較したWEBサイトです。あくまでWEBサイトを作れる個人が紹介しているという形式なので、その企業が作っているわけではありません。

企業が自社サイトに掲載する内容は、「私達はこんなに優れてます」「こんなに良い設備を使ってます」「お客様からこんな声をいただいています」とアピールをします。しかし、これはあくまで自分たちで言っていることで、本当かどうかは定かではありません。公式サイトでどれだけ体の良いことを言っていても、要はセールス文句になってしまうのです。

一方比較サイトというのは、自社が作るわけではなく、第三者が勝手に調べて比較をしているサイトです。だからこそ、第三者が比較して最もおすすめしている会社というのは、ユーザーから評価を得やすいのです。このような広告手法は、アフィリエイトが一番近いかと思います。

検索結果で上位表示しやすい

自社比較サイトでは、比較をするために競合の会社を紹介するページをたくさん作ります。ユーザーに知識を提供して、より詳しく知ってもらうため、業者の選び方やその業界の常識、ノウハウや事例などを掲載します。このようにあらゆる情報がひとつのサイトにまとまっているのが比較サイトなのです。

比較サイトがなければ、ユーザーは自分で色んな会社のWEBサイトやメディアサイトをチェックして、会社の情報やノウハウ、事例を調べなくてはなりません。比較サイトでは、すべての情報がまとまっているので、いちいち調べる手間をなくすことができるのです。

Googleはユーザーのためになるサイトを評価し、上位に表示します。このように多くの情報が入っており、ユーザーの手間をなくす比較サイトをGoogleは評価するので、検索結果において上位に表示しやすいのです。

競合の見込み客を奪える

競合のお客
自社比較サイトでは、競合の会社を紹介するページを作成します。そのページでは、競合会社のサービスや強み、会社概要、住所などの情報を詳しく掲載します。

それによって、競合の名前で検索した時や「競合名 サービス名」で検索したときに、自社比較サイトのページが検索結果に表示されることになります。ユーザーは競合会社のことを調べていて、比較サイトに訪れることになるのです。

比較サイトでは、競合と自社を比較しています。ですので、その比較結果で自社の方がよいということになると、競合に依頼するかを迷っている人は、競合に依頼するのではなくあなたの会社に依頼する可能性があるのではないでしょうか?このように、比較サイトでは競合のお客様を奪うことができるのです。

競合と比較して自社に誘導したいけど、競合と比較をすると角が立ったり業界内での評判も気になる、という方でも競合の見込み客を奪うことができるのです。

成約率が高い

成約
比較サイトでは、「地名 工務店」や「地名 インプラント」のように、依頼先を選ぶ段階のユーザーを集められます。つまり、すでに購入することは決定していて、あとは業者を選ぶ段階のユーザーが訪れるということです。

そのようなユーザーは、会社の魅力を根拠をもって説明してあげることで購入に至る可能性が高いです。つまり、その会社がおすすめという根拠が説明された比較サイトは成約率が高くなるのです。

チラシやテレビCMなどの広告は、多くの購入意欲が低い人に見られます。だからこそ成約率は低く、大量の人に見せてはじめて成約が得られます。

一方、比較サイトというのは、購入意欲の高い人を集めるので、多くの人に見せる必要がなく、少数の人に見せるだけで成約が得られるのです。

信頼性が高い

自社で他社と比較したサイトを作ると、顰蹙をかいますし、業界内での評判が下がるでしょう。

自社比較サイトでは、自社と競合の会社を指標をもって比較します。たとえば、創立年数や対応サービス数、価格など根拠のある指標に基づいて比較をするのです。

このような比較軸において他社と比較することで、理由なく企業をおすすめしているサイトとは異なり、その企業がおすすめされる証拠がちゃんと提示されることになります。

例のサイトでは、費用やサービスで比較したり、どのようなタイプの振袖がほしいかによってそれぞれの店舗を紹介しています。このように、自社比較サイトはやらせという要素がなく、信頼性が高いので集客として成功しやすいのです。

自社比較サイトに向いている会社とは?

様々な広告
ここまでは、自社比較サイトのメリットを紹介してきました。自社比較サイトは、他の集客方法にないメリットがあるということがわかっていただけたかと思います。

ただし、比較サイトはどのような会社でも効果を発揮するかというと、そうではありません。比較サイトで成功する会社に多い条件というのを紹介します。

単価が高い会社

まず、比較サイトを作るには、多くのページがあり、情報量があるサイトを作らなくてはなりません。そうしなければユーザーのニーズに答えられませんし、Googleも評価をしてくれません。このようなサイトというのは、制作するのに多くの工数と労力が必要になります。その分、制作するためのコストは大きくなる傾向にあるのです。

ですので、比較サイトの料金も高くなりますし、比較サイトから得られる利益が比較サイトを作るコストを上回る会社でなくてはペイしません。比較サイトからの利益が大きな会社となると、一件の受注金額が大きな会社となります。つまり単価の大きな会社なのです。

単価が大きな業界といえば、例えば注文住宅やマンション、車、投資、インプラントや矯正、美容外科、ブランド品などが挙げられます。このように、一件の単価が大きな会社というのは比較サイトを作って利益を上げられる可能性が高いでしょう。

広告をやり尽くした会社

単価が高いだけでなく、あらゆる広告手法で自社のアピールを行ったという会社にも、比較サイトはおすすめです。

通常の広告というのは、自社で自社のことをアピールする広告になります。そのような広告では、ユーザーから成約を得られる率に限界があります。

その点、自社比較サイトは第三者が比較した結果として自社をアピールすることができます。それによって、これまでの広告手法では得られなかったお客様からの成約を得ることができるのです。自社比較サイトでは、これまでとは異なるターゲット層を狙える可能性があるのです。

強みを打ち出している会社

自社比較サイトでは、競合と比較をして自社をアピールする方法になります。

ですので、競合よりも優れているというポイントを打ち出せている会社でなくては、比較で上位にすることができません。強みであるポイントを比較サイトでも比較することで、競合よりも優れているということが証明でき、集客を増やすことができるのです。

もちろん、SEOや自社サイトの作り込みなどをしっかりと行った会社様の方が成果が出しやすいです。

比較サイトの成果例

このような比較サイトは、私が勤めていた会社で作っていたものですので、成功事例を出すことができません。しかし、ざっくりどれくらいの成約を得られたかというのはボカして紹介できます。

「地名 注文住宅」で対策したサイト

月間pv:1500pv
公式サイトへの遷移数:50

これは地方の工務店を比較したサイトなのですが、ZEHや価格、間取りなどに強みがあったので、比較ではあらゆるポイントでその工務店をアピールすることができました。大手のハウスメーカーを調べている人を、工務店に転換することに成功しました。

また、その県の地価や人気エリア、学区などを紹介することで潜在ユーザーの検索からもセッションを集めることができました。

「地名 注文住宅」のキーワードでの検索結果で一位を獲得しています。

「●● 委託」で対策したサイト

月間pv:3000pv
公式サイトへの遷移:50

医療系の施設の運営委託会社を競合と比較したサイトです。ここでは、価格や対応力、サポート内容で他社と比較しました。各社の価格、対応力、サポート内容を表にすることで、自社の強みがひと目でわかるように見せました。

「●● 委託」のキーワードでの検索結果で三位を獲得しています。

自社比較サイトとアフィリエイトとの違い

自社比較サイトのメリットや向いている会社などを紹介してきました。しかし、自社比較サイトと同じようなサービスとして「アフィリエイト」があります。

アフィリエイトとは、アフィリエイターと呼ばれる人がサイトなどで商品を紹介し、商品を販売してくれるというものです。商品を紹介してその商品が売れると、その売上の何%かがアフィリエイターにバックされます。

アフィリエイターは実際に商品を使用してその感想や使い心地を元に、競合と比較してランキングを作ったり、商品の口コミを集めたりして比較することがあるので、たしかに比較サイトと似ています。

しかし、比較サイトでは成分や価格、サポート内容など、基準のある要素で比較をします。そこがアフィリエイトと異なるポイントでしょう。自社比較サイトでは、きちんとした基準でランキングを作るのでアフィリエイトよりも信頼性が高いといえるのです。

自社比較サイトの料金

プラン名ページ数制作料金運用料
ミニマムプラン20ページ400,000円20,000円/月
スタンダードプラン30ページ500,000円30,000円/月
プライムプラン40ページ600,000円40,000円/月

まとめ

今回はWEB集客の1つとして、自社比較サイトという方法を紹介しました。

自社で広告をうったり、情報を発信してアピールするのには限界があります。だからこそ、第三者が比較することで自社のサービスを紹介してもらえるというのは、大きな意味があります。

あらゆる広告を使った方やさらに集客を増やしたいという方は、ぜひ自社比較サイトを作りましょう。私は比較サイト制作の会社で、そのノウハウを学んできました。もし自分の会社で比較サイトを作りたいという方がいましたらぜひご相談ください。検索でも上位表示し、さらに成約率も高いサイトを制作いたします。

タイトルとURLをコピーしました