SEO上位表示キーワードの選定方法をプロが解説します

SEOキーワード選定方法 SEO




検索キーワード選定とは?

SEOのキーワード選定をきちんと行っていますか?

キーワード選定とは、GoogleやYahooなどの検索結果において、上位表示したいキーワードを調査・選定することです。選定したキーワードに対して最適化したコンテンツを作り、そのキーワードで上位表示できるようにSEO対策を行なっていきます。

キーワード選定は、SEOにおいてとても重要であり、サイトのアクセスを左右するものです。だからこそ、正しい方法でキーワード選定を行わなくてはなりません。

検索キーワード選定が必要な理由

Googleキーワード選定
キーワードの選定がSEOにおいて重要といいましたが、なぜそこまでキーワードの選定が重要なのでしょうか?その理由を説明します。

上位表示が大事

まず、ブログやメディアにおいてアクセスを集めるには、記事を書く際に、何のキーワードで検索された時にそのページを上位表示するか、を考えなくてはなりません。

ほとんどのユーザーは、検索結果の1ページ目にあるサイトにアクセスします。ですので、検索結果においてはユーザーが検索した結果で上位表示しないとアクセスを集めることができないです。ただ書きたい内容を書くというのでは、アクセスを集めるのは難しいのです。

サイトのアクセスを増やすには、検索結果において上位表示する記事を作らなくてはなりませんし、そのためには上位表示できる検索キーワードを見つけないといけないのです。だからこそ、キーワード選定は大事なのです。

検索ボリュームが大事

検索ボリュームが重要
ただし、上位表示できたけれど、検索ボリュームがゼロのキーワードだったというのでは、アクセスは増えません。検索ボリュームが多いキーワードで上位表示をすれば、その分アクセスも大きく増やすことができます。コンテンツを作るときには、検索ボリュームが多いキーワードで上位表示をしなくてはいけないのです。

ただ、検索ボリュームが大きいということは、その検索キーワードで上位表示をしようという人も多くなります。競合が多くなり、競争が激しくなるのです。

だからこそ、検索ボリュームが多いキーワードというのは、それだけ上位表示が難しくなります。いくら検索ボリュームが多いからといっても、検索結果の上位に入らないと、結局そのページのアクセスはゼロとなってしまいます。

ですので重要なのは、検索ボリュームがありながらも、競合が少なく上位表示できる検索キーワードを調査して見つけだすということなのです。今回は、そのようなSEOに効果的な検索キーワードの調査・選定の方法を紹介します。

SEOの検索キーワード調査の方法

検索ユーザーのチェック
SEOの検索キーワード調査を行う時には3つの段階があります。その段階とは以下です。

  • ユーザーニーズ調査
  • 競合調査
  • 上位表示可能性調査

まず「ユーザーニーズ調査」で、書きたいテーマに関してユーザーがどのような検索をしているかを調べます。そのテーマについてよく調べられているキーワードや関連するような検索キーワードを調査します。どのような検索キーワードで多くのユーザーが検索しているか、というのを見ることで、上位表示すべきキーワードを俯瞰的に広く見ます。

次に「競合調査」にて、その関連キーワードなどで上位表示している競合サイトを調べます。競合サイトがどのようなキーワードで上位表示しているのか、どのようなキーワードであれば競合がいないのかを調査します。これによって、ユーザーが検索しているワードのなかから、競合がいないキーワードを見つけます。

最後に、ここまで調べてきた検索キーワードで、どのキーワードが上位表示しやすいかというのをチェックします。ボリュームがありながらも、競合がいないキーワードの中から上位表示できるものを見つけるのです。上位表示ができる可能性が高いキーワードを見つけ、そのキーワードでコンテンツを作ることでアクセスが増やせるのです。

ユーザーニーズ調査

検索ユーザー
まず、作るコンテンツの内容に合った検索キーワードを探さなくてはなりません。そのページを見つける時に、どんなキーワードをユーザーが使っているかを調査するのです。それには以下のような便利なツールがあります。

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

まず、ユーザーがどのような検索ワードで調べているのか調べられるのが、「グーグルサジェスト キーワード一括DLツール」です。

Googleサジェストから検索ワード候補を一括ダウンロード『グーグルサジェスト キーワード一括DLツール』
グーグルのサジェスト機能を使用して、検索ワード候補を一覧表で表示させて、簡単にcsvで一括ダウンロードできるツールが『グーグルサジェスト キーワード一括DLツール』です。最新のキーワード調査やホームページのコンテンツ作成などにお役立てください。

これは、Google検索の検索ボックスにキーワードを入れた時に、そのワードの後ろや下に自動で表示される「サジェストキーワード」をすべて取得してくれるツールです。

サジェストキーワード

このサジェストキーワードにGoogleは、ユーザーがよく検索しているワードを表示します。ですので、このサジェストワードを調査することで、検索需要のありそうなキーワードを探すことができるのです。

「グーグルサジェスト キーワード一括DLツール」の検索窓に、作成するコンテンツのテーマになりそうなキーワードを入れます。すると、このツールが自動でサジェストワードの一覧を表示してくれますので、これをCSVで一括ダウンロードしましょう。この一覧がユーザーが検索しているワードなのです。

また、複数のテーマがあるときは、その複数のワードで一覧を作成しましょう。

Googleキーワードプランナー

「グーグルサジェスト キーワード一括DLツール」を利用して、ユーザーが検索しているサジェストキーワードの一覧を出すことができました。ただこの状態では、取得した検索キーワードの検索ボリュームがどれくらいあるかがわかりません。

サジェストワードのなかには、検索ボリュームがとても少ないものも入っているので、ボリュームがあるものを判別しなくてはなりません。

そこで使うのが、「Googleキーワードプランナー」です。このツールを利用すると、Google検索においてどれだけの検索が行われているかの平均値を出してくれます。

Google AdWords
Google AdWords 広告を使って、検索結果の横にあるスポンサーリンク セクションに広告を掲載すると、ウェブサイトのトラフィックを増やし、販売を促進できます。

「Googleキーワードプランナー」を開き、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」の入力欄に、一括ダウンロードしたCSVからキーワードをコピーしたキーワードを貼り付けましょう。

キーワードプランナーの入力欄

そして「開始する」をクリックすれば、サジェストキーワードの検索ボリュームを一気に表示してくれます。ここで表示された検索キーワードのボリュームを確認し、ボリュームがあるもののみを抽出します。

このキーワードの一覧というのが、ユーザーが実際に検索しているワードであり、SEOでコンテンツを上位表示する価値があるキーワードなのです。

ただしこのツールは、GoogleAdwordsで広告を出していないと正確な検索ボリュームを知ることはできないので注意してください。

競合サイト調査

競合会社

上では、ユーザーの検索ニーズがあるキーワードを調査しました。

ですが、サジェストワードなどは誰でも見ることができるので、競合はチェックしています。ユーザーのニーズに沿った検索キーワードのなかでボリュームが多いものというのは、競合もチェックしている可能性が高いのです。

はじめに述べた通り、検索から集客するためには、競合が少なく上位表示できる検索キーワードを見つけることが重要です。そこで、競合が気づいていないようなキーワードを見つける必要があるのです。

その方法として良いのが、競合サイトの調査をすることです。先程抽出したキーワードの一覧のなかから、自分のコンテンツの内容に近いいくつかのキーワードでGoogle検索します。その検索結果の上位に表示される競合サイトを開きましょう。これが競合サイトです。

Googleキーワードプランナー

新しいキーワードをみつける
キーワードプランナーを開きます。画面右の「新しいキーワードを見つける」の「ウェブサイトから開始」に、先程開いた競合サイトのページURLを入力して、「このページのみ使用」で「結果を表示」を押してください。

これによって、競合サイトの内容からGoogleが自動で新しいキーワードを提案してくれます。ここで提案されるキーワードは競合サイトに含まれていないキーワードも表示されますし、競合サイトが検索結果に表示されていないキーワードも表示されます。つまり、競合がいないキーワードを探すことができるのです。

食器通販の検索結果

例えば、「食器棚 通販」で検索した時に1位に表示されるこちらのサイト(https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E9%A3%9F%E5%99%A8%E6%A3%9A/)のURLを入力して「結果を表示」します。
キーワードプランナーの検索
すると、「キッチン 収納 おしゃれ」「キッチン 収納 引き出し」「キッチン 棚 おしゃれ」などのキーワードが表示されます。

キーワードの発見

このようなキーワードというのは、普通にサジェストキーワードなどを調べていては表示されないようなキーワードです。そして、このキーワードで上位表示を狙っている競合はあまりいませんでした。

検索結果の競合

上位表示可能性調査

ここまで、狙うべきキーワードを調べてきました。ですが、これらのキーワードで本当に表示ができるかというのは、実際の検索結果を調べないとわかりません。

検索結果で上位表示されているサイトの傾向や上位表示サイトの強さを見なくては、本当に自分が書く記事を上位に表示できるか、というのはわかりません。

Moz Bar

検索結果を調べるのに便利なのが、「Moz Bar」です。「Moz Bar」とは、SEO会社のMOZ社が提供している無料のSEO調査ツールです。これは、Chromeブラウザの拡張機能として利用できるツールです。

MozBar
MozBar from Moz

MOZ BAR

機能としては、検索結果に表示されているサイトのDA(Domain Authority)、PA(Page Authority)を表示してくれます。これはドメインのパワーとページのパワーのようなものです。Googleにそれぞれがどれくらい評価されているかを表示してくれるのです。また、各ページの被リンクの数も見ることができます。

このツールを使うことで、SEOで上位表示しようとしている検索結果にいる競合サイトが、どれくらい強いのか、競合よりも上位に表示できるのかをざっくりと掴むことが出来ます。

DAやPAがとても大きく、被リンクもたくさんあるような競合であれば、自分が勝てるのぞみはかなり少なくなりますので、そのキーワードで上位表示を狙うのはやめましょう。逆に、上位表示しているサイトの評価が低いようであれば、そのサイトよりも上位を狙える可能性が高まります。

検索結果目視チェック

目視でのチェック
Moz Barでの上位表示可能性のチェック方法を説明しましたが、この数値は必ずしも正しいとは言えませんし、DAやPAが高いからといって必ずそのサイトよりも上位に表示できないわけでもありません。実際、私はSUUMOやHOME’sなど、自分のサイトよりも評価が高いサイトよりも上位表示した経験があります。

ですので、最終的にどのように上位表示の可能性を調べるかというと、それは「目視」です。目視の方法としては、まず検索結果の1ページ目に表示されている10サイトのタイトルをチェックしていきます。

まず目的のキーワードがすべてのタイトルに含まれているか、というのをチェックしてください。タイトルに検索キーワードが入ってないサイトが合った場合、そのサイトよりも上位に表示できる可能性が高いです。

次に、上位表示サイトがどの程度の規模のサイトかというのを見てください。何千ページもあるようなサイトであれば、同じキーワードでそのサイトよりも上位に表示するのは難しいと判断できます。

目視によって、サイトの規模をみることができ、何位くらいに表示できるかも想像ができます。

また、Wikipediaが上位表示している検索キーワードでは、ワードの意味を解説するような「とは」系のコンテンツが評価される傾向があります。ですので、そのような検索キーワードの場合には、タイトルに「とは」を入れるなど、語の説明のタイトルにするのがよいです。

まとめ

今回は、SEOにおける検索キーワードの検索方法で私が普段行っているやり方を紹介しました。

ユーザーニーズ調査、競合調査、上位表示可能性調査のそれぞれで、ツールをうまく使って短時間で調査をするのがポイントです。もちろんこれら全てを必ず行わなくてはならないわけでもありません。

初めに目視を行ない、競合を調査してよいキーワードを発見できる可能性もありますので、自分が効率よく検索キーワードを見つけられる方法にカスタマイズしていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました