歯医者のSEO対策方法を解説!

歯医者のSEO SEO

歯科医院を経営しているなら、SEOはとても重要です。ここでは、歯医者さんが行うべきSEO対策の方法を解説しています。




歯科医院の集客はSEOで

現在、歯科医院はコンビニよりも多いといわれています。厚生労働省による平成30年2月の医療施設動態調査によると、日本全国に歯科診療所は68761施設もあります

このように競争の激しい歯科医院業界では、集患が非常に重要になってきます。現在もそうですが、今後はなおさら集患ができない歯科医院は廃業となってしまうでしょう。

では、歯医者さんはどのような方法で集客していけばよいのでしょうか。歯医者さんの集客方法として考えられるのは、ポスティング・看板・タウンページ・テレビ広告・ラジオ広告・WEBサイト・リスティング広告・SNS・ポータルサイトなどが考えられます。これらのなかでも、SEO対策を行ったWEBサイトは集客力が高く、歯医者さんが必ず抑えるべき集客手法です。

歯医者ではSEOが必須

歯医者さんのWEBサイトを作るだけでは、誰にも見てもらえません。検索結果で順位を上げないと、歯医者さんを探している患者様に見てもらえないのです。このように、検索順位を上げるための施策が「SEO(Search Engine Optimization)」です。

では実際にSEOを行った場合、歯医者さんに集客をするためには、どれくらいまで順位をあげなくてはいけないのでしょうか?この答えは、「10位以内」です。というのも、最低でも検索結果の1ページ目に入っていないとユーザーには見てもらえないからです。調査によると、検索結果での順位ごとのクリック率は以下のようになっています。

1位 19.35%
2位 15.09%
3位 11.45%
4位 8.86%
5位 7.21%
6位 5.85%
7位 4.63%
8位 3.93%
9位 3.35%
10位 2.82%

参考:検索順位別クリック率と年代別推移まとめ

このデータからも、検索結果で1ページ目の上位に表示していないと、歯医者さんのサイトもほとんどクリックしてもらえないことがわかると思います。

インターネットは地方でも都会でも同じように使われているので、歯医者さんはどこに開業していても、WEBサイトから集客をしなくてはなりません。そのためにも、GoogleやYagooの検索結果画面でWEBサイトを上位に表示する「SEO」を行わなくてはならないのです。

SEOを行って上位表示を行えば、地方の歯科医院であっても都会の歯科医院であっても、WEBサイトから集患することができるのです。以下で、歯医者さんがSEOを行うメリットやポイント、注意点を紹介します。

歯医者さんがSEOを行うメリット

歯医者のSEOのメリット

まず、歯医者さんがSEOを行うメリットを紹介します。歯科医院では特にSEOを行うメリットが大きいです。

歯医者のSEOは費用対効果が高い

まず第一に、SEOは費用対効果が高いということがいえます。WEBサイトを作るのには、ある程度の費用がかかります。業者にもよりますが、効果が出るものを作るには最低でも50万円以上はかかると思います。

ただ、他の媒体と比べると比較的費用は安いと思います。テレビ広告やラジオ広告、ポスティングなどは一度広告を流すのに高額な費用がかかります。そして、継続的に広告を流すにはそれだけ費用がかかってしまいます。

WEBサイトの場合は、一度作ればずっと使えますし、自分で更新ができる仕組みにすれば追加で費用もかかりません。そして、WEBサイトに対してSEOを行い、更新を続けていけばその効果はずっと続きます。手間に比べてSEOの集客効果はとても高く、他の広告手法よりも費用対効果が高いといえるのです。

歯医者さんの提供する治療はインプラントや矯正など、高単価のものが多いです。だからこそ、SEOでの集客は費用対効果が高くなるともいえます。

歯医者のSEOは成約率が高い

歯医者は成約率が高い
歯医者で正しくSEOを行うと、予約や集患が増えます。それは、検索ユーザーの成約率が高いからです。

というのも、患者様が歯科医院を探すときというのは、もうすでに歯に関して困っていることがある状態です。そのような場合には、「地名+虫歯」「地名+ホワイトニング」「地名+矯正」などの、自分が困っているキーワードで検索をします。このように歯医者で解決したいキーワードで調べたときに、上位にきちんと説明がされているWEBサイトがあればどうでしょう。

患者様は早く歯医者で治療をしたいと思っているので、そのまま歯科医院で予約をするでしょう。歯科医院に行くことは決まっている状態なので、SEOを行い検索結果の上位に表示すれば、来院していただける可能性がとても高いのです。

このように、歯医者の検索をされる方というのはとても意欲が高く、集患までの成約率がとても高いです。歯科医院ではSEOを行えば、問い合わせや予約などの成約を確実に増やすことができるのです。

歯医者のSEOは上位表示を狙いやすい

歯医者のSEOというのは、実は上位表示を狙いやすいです。

というのも、歯医者のSEOというのは周辺の地域のキーワードで上位表示を狙うことになります。「地名+歯科」「地名+歯医者」などのワードで上位表示を狙うことになりますが、このキーワードというのは検索ボリュームがそこまで多くなく、エリアも絞られるので競合が限られます。しっかりとSEOができたWEBサイトを作れば、競合を差し置いて上位表示できる可能性が高いのです。

さらには、歯医者では自分の医院で行っている施術の内容が詳しく書かれておらず、情報量の少ないWEBサイトが多いです。歯科医院では、症状の説明や料金を載せているところはありますが、情報としては薄いところが多いのです。ですのでSEOを行うことで、このような競合と差別化して上位表示しやすいのです。

SEOの基本的な手法と、SEO対策ができているかのチェック方法は以下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

歯医者がSEOを行うときのポイント

次に、歯医者さんがWEBサイトを作って、SEOを行うときのポイントを紹介します。

治療と医院の情報を詳しく書く

歯科

利便性を上げる

歯医者では、治療や症状について解説しているWEBサイトが少ないように思います。何が得意なのか、どういった方針で治療を行っているか、どのような設備があるか、矯正を受けるメリット、歯周病や歯槽膿漏の症状やリスクなどの情報があまり詳しく書かれていないのです。

もちろん、病気の症状や治療法などは研究によって明確にされているので、わざわざ自分が説明をしなくてもよいと考えるかもしれません。しかし、WEBサイトを見る方は素人ですし、そういった情報を知りたいと考えています。

詳しく書くことで利便性が上がり、それをGoogleは評価します。表示する検索キーワード増やせるという効果も得られます。

専門性を上げる

また、GoogleはWEBサイトの専門性も重視しています。歯科の分野の情報がしっかりと説明されているサイトというのは、歯科について専門性があると考え、そのようなサイトを上位に表示します。

この専門性を強めるには、どのような資格を持っているか、どのような論文を発表しているか、などを書くこともSEOに寄与します。ただし、Googleはオリジナル性を高く評価しておりますので、こういったことを書くときには必ず自分の言葉で書いてください。

地名キーワードを絞る

周辺の地名でSEO対策

歯医者とは、地域に根付いたビジネスです。歯医者さんには、歯科医院がある市や県の患者様が訪れ、他の県から患者様が訪れることはあまりないと思います。つまり、医院周辺の地域からいかに集客するかというのが重要なのです。

歯科医院の周辺の患者様は、クリニックや歯医者を探すときにどのように検索するのでしょう?例えば、虫歯で歯医者を探すときのことを考えてみてください。

そのような場合には、「地名+歯医者」「地名+歯科」「地名+病院」「地名+虫歯治療」などの検索ワードで検索するのではないでしょうか。このような、地名を含んだ検索で上位に表示するのが重要なのです。

どの地名にするかを厳選する

ですので、どの地名でSEO対策を行うかというのがとても大事になります。患者様が歯医者を探すときには、色んな地域名で検索をします。県や市、区の名前だけでなく、駅名、「南新宿」などの方角+駅名、「西尾張」などの方角+地域名、「センター街」などの通りの名前など、様々な地名で歯医者を検索します。

つまり、それに合わせて、どの地名キーワードで上位表示するか、SEOを行うか、を決めなくてはならないのです。まず、あらゆる地域名で上位表示するというのは難しいので、県名や地名を絞るようにしましょう。また、県名などの広いエリアで上位を狙うとなると、競合も多くなりますし、その分上位表示の難易度は上がります。

SEOを行うには、自分の歯科医院があるエリアを元に、なんの地名キーワードで集客するか決めるのも大事なポイントなのです。より集客できる検索キーワードの選定方法は、以下の記事で紹介しているので参考にしてください。

医療広告ガイドラインに従う

現在、Googleは「YMYL(Your Money Your Life)」という要素に関してSEOの審査を厳しくしています。投資や健康に関する要素です。そして、医療広告ガイドラインに違反したコンテンツというのは、SEOにおいて評価を下げられる可能性があります。

2018年6月には改正医療法が施行され、WEBサイトも広告とみなされるようになりました。それによって医療関係のことをWEBサイトに記載する場合には、医療広告ガイドラインに従わなくてはならなったのです。以下で、どのようなことを書いてはいけないかの例を記載します。

  • 治療の内容・効果に対しての患者様の声、口コミ、アンケート、体験談
  • 術前・術後の症例写真(ただし限定解除あり。治療内容や費用、リスク、副作用等を記載すればOK)
  • 「インプラント科」「審美歯科」などの科の記載

参考:厚生労働省『医療広告ガイドライン

上記のようにガイドライン違反とされていることは、現在でも掲載している歯科医院が多いように思います。今はまだGoogleからペナルティを受けていなくても今後受ける可能性がありますので、歯医者さんは注意が必要です。

患者様の声を掲載する

「患者様の声」は多くの歯科医院がやっていないのですが、意外と効果が大きいのでぜひおすすめしたい方法です。

というのも、人は第三者の声にとても影響を受けます。心理学では口コミやレビューなどの第三者から情報から間接的に情報を与えられることで、その情報を信じやすくなるという「ウィンザー効果」が証明されています。

歯科医院でもこの効果を利用すれば、患者様に歯科医院の良さを伝えることができ、来院を促進することができるのです。歯医者さんは患者様にアンケートや口コミの依頼をして、患者様の声に掲載できるようにしましょう。その際には患者様と一緒に写真を撮ったり、アンケートの写真を掲載するなど、その患者様の声が真実であることを証明しましょう

ユーザーのためになる情報ですし、ユーザーの滞在を促進することになるので、SEO的な効果も期待ができます

まとめ

歯医者の集客においてWEBサイトが効果的であり、さらにSEOがとても重要ということを説明してきました。歯科医院では、まだまだ正しいSEO対策ができているクリニックが少ないです。

だからこそ、今のうちにSEOを行うことで集患を大きく増やすことが可能です。ぜひSEO対策を行ないましょう。

でも、SEOってどうやったらいいかわからない、という方もいらっしゃると思います。そんな方に対して、「丸投げSEO」というサービスを作りました

通常のSEOではコンサルが調査やアドバイスを行い、修正作業は制作会社に投げる、という形を取ります。しかしこれでは費用が大変かかってしまいますし、やり取りの時間がすごくかかります。私達は、これを解消するために、自分たちでSEOの調査を行い、修正作業もすべて行うというサービスをはじめました。

それによってお客様はすべて丸投げながら、費用を抑えられるというメリットがあるのです。SEOの知識や面倒なやり取りなど一切不要で、SEOで順位を上げることが可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました